nikoshiba

暮らしのお役立ち情報・健康美容・旅・カラオケ・衣食住からSNS情報や、社会経済のことを発信しています。スマホの方は右上三本線をタップで!別稿で「小売店ノウハウ」も

nikoshibaブログ スマイルライフ

認知症になりたくない人が起こすべき行動とは?認知症の要因と自分で予防できること

投稿日:2024年1月27日 更新日:

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。

高齢者にとって恐怖なのが認知症ですが、どのような要因があるのでしょう?最近では若い人でも発症するとか恐ろしいことですよね。その認知症ですが、少しでもならないようにするにはどのようなことに気をつけたが良いのか調べてみました。

認知症になりたくない人が起こすべき行動とは?認知症の要因と自分でできること

認知症になりたくない人が起こすべき行動とは?認知症の要因と自分で予防できること

認知症になると家族にも迷惑をかけてしまうので、避けれるものなら避けたいですよね。生活習慣での要因を見ていると自分の行動次第で認知症になりにくいみたいなので、その辺を考慮して予防してみたらいかがでしょうか

認知症の要因

認知症の発症にはさまざまな要因が関与しています。以下に、認知症になりやすいとされる一般的な要因やリスクファクターをいくつか挙げてみますが、これは一般的な傾向であり、個々の状況により異なる可能性があります。

年齢: 認知症のリスクは年齢とともに増加します。高齢者ほど認知症の発症リスクが高まります。

遺伝子: 遺伝的な要因も認知症の発症に影響を与える可能性があります。特定の遺伝子変異は認知症の発症リスクを増加させることが知られています。

性別: 女性は男性よりも認知症になりやすいとされていますが、これは部分的に寿命が長いためとされています。

心血管疾患: 高血圧、糖尿病、高コレステロールなどの心血管疾患は認知症のリスクを増加させる可能性があります。

生活習慣: 喫煙、過度なアルコール摂取、不適切な食生活、運動不足などの不健康な生活習慣も認知症のリスクを高める要因とされています。

脳外傷: 重度の脳損傷や頭部外傷は認知症の発症リスクを増加させることがあります。

教育水準: 一般的に、教育水準が低いと認知症の発症リスクが高まる傾向があります。

ただし、これらの要因が単独で認知症を引き起こすわけではなく、通常は複数の要因が組み合わさって発症することが多いです。健康な生活習慣の維持や定期的な医療チェック、認知刺激の提供など、予防策も考慮されるべきです。また、早期の検査と治療が重要だということです。

認知症になりたくない人が起こすべき行動とは?認知症の要因と自分でできること

生活習慣が認知症のリスクに影響を与える可能性があります。以下は、特に認知症の発症リスクが高まる可能性のある生活習慣や行動の一般的な例です。

喫煙: 喫煙は血管の収縮や酸素供給の低下など、脳の健康に悪影響を与える可能性があります。

不適切な食生活: 高脂肪、高コレステロール、高塩分の食事は、動脈硬化や高血圧などの心血管疾患を引き起こす可能性があり、これが認知症のリスクを増加させることがあります。

過度なアルコール摂取: 過度なアルコール摂取は、脳機能に悪影響を与える可能性があります。アルコール中毒が認知症を引き起こすこともあります。

運動不足: 運動不足は心血管疾患や肥満のリスクを増加させ、これが認知症の発症に寄与する可能性があります。運動は脳の血流を改善し、神経細胞の健康を促進する役割があります。

精神的な活動の不足: 脳を刺激する活動や学習の機会が不足すると、認知症のリスクが増加する可能性があります。認知的な刺激は脳の柔軟性を維持し、認知機能を向上させることが期待されます。

不規則な睡眠: 睡眠不足や不規則な睡眠は認知機能に悪影響を与える可能性があります。良質な睡眠は脳の回復に寄与します。

これらの生活習慣の影響は複雑であり、それぞれが相互に影響し合うこともあります。健康な生活習慣を維持し、心身の健康を促進することが、認知症の予防に役立つとされています。

認知症になりたくない人が起こすべき行動とは?認知症の要因と自分でできること

このようなことに注意をして生活をしていかないとと思います。「認知症になりやすい人の特徴は? 注意したい生活習慣、予防策を紹介」という(以下はフォーネスビジュアスさんの)コラムからで、詳しく解説なさっているので、重複する部分を除き一部ご紹介します。

認知症になりやすい人の特徴は? 注意したい生活習慣、予防策を紹介

認知症になりやすい人の特徴は? 注意したい生活習慣、予防策を紹介

認知症に関する研究が進んだ結果、認知症になりやすい人にはいくつかの共通した特徴や生活習慣があることが分かっています。どのような特徴があるか、対策とともに紹介します。

認知症になりやすい人には、下記のような特徴があると考えられています。

会話の機会が少ない

人との交流や会話においては、相手の感情や意図をくみ取ったり、状況や文脈を理解したりしながら自分も発言をするという、高度な対応が必要になります。

これらは「社会的認知」と呼ばれる認知機能であり、人との会話や交流によってこの機能を活性化させることは、認知症の発症や進行予防に重要です。

逆に言うと、人との会話や交流が少ない人は、認知症の発症リスクが高くなりやすいと考えられます。認知症と人との交流について調べた研究では、「同居人以外の他者との交流頻度が週に1回未満の場合、自立した生活を送る能力の低下や認知症発症、ひいては早期死亡のリスクが有意に高くなる」という報告もあります。

外出が少ない

外出は、心と体の健康を保つことと深く関連しています。

外出には、活動量が増えて体の健康を保つだけではなく、憂うつな気分になりにくい効果もあるといわれています。一方、外出が少ない場合、認知機能の低下や生活機能障害、死亡といったさまざまなリスクが上昇することが報告されていて、認知症になりやすいと考えられます。「外出頻度が週に1回未満の人は、ほぼ毎日外出する人と比べて要介護状態に陥るリスクが高まる」という研究結果もあります*2

趣味などで頭や体を使う機会が少ない

絵を描く、書道をする、楽器を演奏する、歌を歌う、物づくりをするなどのいわゆる芸術文化活動には、認知機能を改善する効果があることが報告されています。

一つの作品を完成させるまでにさまざまなことを考えたり、体を動かしたりすることで、脳に刺激を与えられるためだと考えられます。反対に、これといった趣味がなく、頭や体を使う機会が少ないと、認知症になるリスクが高まりやすいといえるでしょう。

睡眠が適切にとれていない

睡眠が適切にとれていないと、認知症になる可能性が高まるといわれています。仕事によって生活リズムが不規則だったり、心配ごとが多かったりして睡眠時間が不足すると、認知症のリスクにつながります。

笑顔で会話をする女性たち

認知症になりやすいとされる行動や生活習慣をあらためて、認知症の発症や進行を遅らせていきましょう。

高血圧や糖尿病などの持病を適切に管理する

高血圧や糖尿病などの持病がある場合は、医師の指示に従って薬を飲んだり、食生活を改善したりして、病気が進行しないよう努めましょう。これらの病気は自覚症状があまりないため、治療を続けるモチベーションを保ちづらいかもしれませんが、病気の進行をきっかけに認知症などのさまざまな病気を発症することもあるため、適切に管理することが重要です。

運動する

認知症の予防には、ウォーキングやジョギングといった週3日以上の有酸素運動がおすすめです。運動は脳の神経細胞を活性化させ、さらには身体機能の維持にも有効とされています。高齢になると筋肉量が落ち、転倒してケガをしやすくなります。ケガによって活動量が低下すると、脳への刺激が低下し、認知症のリスクを高めることにもつながるため、年代に合わせて適切に対応していきましょう。

禁煙する

高齢であっても喫煙をやめれば、認知症の発症リスクは軽減されます。一人でやめるのが難しい場合は、禁煙外来に行くなどして、専門家の力を借りるのもよいでしょう。

飲酒は少量にとどめる

大量のアルコールは、脳への影響によって認知機能低下のリスクを高めます。飲酒する場合は1日に350mlのビール1本相当とし、最低でも週に1日は控えるよう意識しましょう*13

睡眠時間を確保する

睡眠と認知症との関連については研究が進み、証明されつつあります。認知機能の低下を防ぐには、睡眠時間が長過ぎても短過ぎても良くありません。認知症予防には、5~7時間程度の睡眠時間が適切という報告があります*1。適切な睡眠時間には個人差があるので、5~7時間を一つの目安に、自分に合った適切な睡眠時間をとるようにしましょう。

外出や人との交流をはかる

外出をしたり、人とコミュニケーションをはかったりすると、認知機能低下や生活機能障害などのリスクの軽減につながります。週に1回以上、できれば1日に1回以上は外出をして、誰かと話すことを心がけるとよいでしょう。

生活習慣を改善し、認知症になりにくい生活を心がけよう

認知症の原因には生活習慣に関することが多く、生活習慣を見直すことが、対策につながります。生活習慣の改善は、個人の努力だけでは難しいこともあるため、必要に応じてプロの力を借りると効果的な対策が立てられます。

編集:はてな編集部 編集協力:株式会社エクスライト 

フォーネスビジュアス参照抜粋 https://foneslife.com/healthcare-magazine/entry/2023/12/26/103000_2

認知症になると家族にも迷惑をかけてしまいます。避けれるものなら避けたいですよね。自然発生的なものは仕方ないにしても、生活習慣での喫煙、過度なアルコール摂取、不適切な食生活、運動不足などの不健康な生活習慣も認知症のリスクを高める要因とされています。

生活習慣での要因を見ていると自分の行動次第で認知症になりにくいみたいなので、その辺を考慮して毎日の生活での予防を心がけましょう

ユーザーの声「年間利益は平均して300万円くらいです」
投資顧問が自信を持ってお届けする推奨10銘柄



『スマホ初心者基本操作講座』

スマホ基本操作!として、進度に合わせた具体的なカリキュラムを組み、デジタル難民を一人でもヘルプできるようにとの思いから、初心者、高齢者向けのスマホの段階的なカリキュラムの例を示しご案内して来ました。下記にご案内しています。





YouTube でもカラオケチャンネルnikoshiba   https://www.youtube.com/@nikoshiba8

心に刺さる歌をコンセプトに「人生のドラマを奏でる、カラオケ歌謡の感動曲集」艶やかに、激しく、そして切なく。

世代を超えて愛されるカラオケ歌謡の数々を歌い尽くします 「まぁまぁかな」(笑)と思われたらチャンネル登録をお願いします。😅

カラオケ歌謡で歌ってみました

このような話題に絡めて、カラオケでの黒木憲さんの「霧にむせぶ夜」を歌ってみました。よろしければご視聴賜りますと嬉しいです。懐かしいマンドリンの響きで昭和歌謡が蘇ります。

nikoshibaチャンネル 「まぁまぁかな」(笑)と思われたらチャンネル登録をお願いします。http://youtube.com/@nikoshiba8 からチャンネル登録をタップかクリックよろしくお願いします。

カラオケなどをYouTubeでアップしたい方はご相談ください。

YouTube の制作などを安価でお手伝いいたします。

この様な https://www.youtube.com/@nikoshiba8 の感じのイメージでYouTubeからアップしたいと思われている場合にはご相談ください。

お問い合わせは無料です。こちら nikoshibaブログ の『お問い合わせ

または nikoshiba@aideco.info からお願いします。🙇

nikoshiba に戻る

◉閲覧したい情報が簡単にスマホで!

閲覧したいブログやニュースを「RSS」リーダーアプリで検索可能に

これからは閲覧したいブログやニュースを「RSS」リーダーで、収録しておくと、更新される内容を簡単に閲覧できるんです。nikoshiba も「RSS」リーダーでチェックが可能になります。

「RSS」を使用して情報を効率的に収集!愛好ブログ、Webの最新情報が更新され便利に

nikoshiba では、シニア、高齢者の方々へ「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他、暮らしお役立ち情報を発信しています。そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業のノウハウを全て開示中(詳しくは「HOME」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

お問い合わせは無料

◉スマホやパソコン、YouTubeのアップ。そしてSNSに関することで、お分かりにならないシニア・高齢者・初心者の方にはメールでのやり取りに限り無料でアドバイスさせていただきます。

スマホ・インターネット・YouTube・LINEなど全般の使い方と簡単にできる機能説明

一人暮らしの不安、お家のセキュリティ対策と安心見守りはスマホで

◉小売店に関することは、小売店運営&経済  販売POS&受発注アプリなどでご確認ください。ご質問などは、このnikosibaのお問い合わせからお願いします。概要は、HOME

nikoshiba に戻る

-nikoshibaブログ, スマイルライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

釣り銭の管理は自分のためにも大切です

こんにちはnikoshibaです。 お店の運営のために、レジでの釣り銭の取り扱いは一番重要なことです。もし、過不足などが出た場合は、一緒に働いている人に、気持ちの上でも迷惑をかけることになります。 そ …

インターネットでクッキーってお菓子のこと?キャッシュってお金のこと?あれっ〜

こんにちはnikoshibaです。 皆さんはご存知ですか?インターネットを見ているとき、Cookie(クッキー)を有効にしてくださいというガイドが入ったことありませんか?また、キャッシュという言葉もよ …

iPhoneでビデオ撮影方法をおぼえて鼻高さんに(60歳からのiPhone)

スマホのカメラでビデオ撮影、しかし、高齢者の方には難しいことがありますね。プロの目線でなく、初心者や、高齢者が使う立場でiPhoneの「ビデオ」をどうやって使うのかをご説明します。 iPhoneでビデ …

LINEで年賀状、高齢者でも簡単にスマホで送れるんです

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 年賀状は出されましたか?もし、まだの方はLINEの年賀状で日ごろご無沙汰の方に元気な声(実際に声でも)をお届けしましょう。お正月から笑顔が満載かも(笑) …

小売店の販売POSから受発注をアプリで可能になるんです(本部用7 棚卸し)

こんにちはnikoshibaです。 今回は商品在庫の棚卸しの画面になりますが、テレワークが叫ばれる今、このABCSアプリならチェーン店舗の販売状況や、仕入れの、在庫の確認や、注文から納品の注文書、納品 …

保険見直し

株式投資旬の10銘柄