nikoshiba

暮らしのお役立ち情報・スマホ・PCなどの情報・観光・カラオケ・健康・美容・社会経済を発信しています。スマホの方は右上三本線をタップで!別稿で「小売店ノウハウ」も

nikoshibaブログ スマイルライフ

高齢者にとってコーヒーは体に悪い?高齢者の健康におけるコーヒーの効果と注意点

投稿日:2023年10月19日 更新日:

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。

高齢者にとってコーヒーは体に悪いとかいう方がありますが、果たして、高齢者の健康の中で、コーヒーはどのような効果があるのでしょうか?本当に体に悪いのかを調べてみました。

高齢者にとってコーヒーは体に悪い?高齢者の健康におけるコーヒーの効果と注意点

高齢者にとってコーヒーは体に悪い?高齢者の健康におけるコーヒーの効果と注意点

高齢者にとってコーヒーの摂取は様々な効果や注意点があります。ここでは高齢者の健康におけるコーヒーの効果と注意点を説明します。効果としては、認知機能の向上や、パーキンソン病のリスク低減とか、詳しく知っておきたいですね

コーヒーの効果と注意点

コーヒーの効果

  1. 認知機能の向上: コーヒーに含まれるカフェインは一時的に認知機能を向上させることが知られています。これは高齢者にとって特に重要で、認知症のリスクを低減するのに役立つかもしれません。
  2. 抗酸化作用: コーヒーには抗酸化物質が豊富に含まれており、細胞を酸化から守り、炎症を抑制するのに役立つことがあります。
  3. パーキンソン病のリスク低減: 一部の研究によれば、コーヒーの摂取がパーキンソン病の発症リスクを低減する可能性があるとされています。

注意点

  1. 過剰摂取のリスク: 適度な摂取が健康に良いとされていますが、過剰なコーヒー摂取は不眠症、心臓の不規則な鼓動、不安、胃の問題などを引き起こす可能性があります。高齢者は特に過剰な摂取に注意するべきです。
  2. 骨密度の低下: 高齢者は骨密度の低下のリスクが高まるため、コーヒー摂取がカルシウムの吸収を妨げる可能性があります。カルシウム補給とのバランスを考慮することが大切です。
  3. 水分摂取に注意: コーヒーは利尿効果があるため、適度に水分を摂ることが重要です。脱水症状を防ぐため、水分補給を怠らないようにしましょう。
  4. 個別の忍容性: 個人差が大きいため、コーヒーの摂取に対する個別の忍容性を考慮し、適切な摂取量を見つけることが大切です。

最終的に、高齢者がコーヒーを摂取するかどうかは個人の健康状態と好みに依存します。医師や栄養士と相談し、適切な摂取量と方法を見つけることが大切です。また、バラエティ豊かな食事と適度な運動も高齢者の健康維持に重要です。

コーヒーは認知機能の向上、抗酸化作用、パーキンソン病のリスク低減

認知機能の向上、抗酸化作用、パーキンソン病のリスク低減

認知機能の向上、抗酸化作用、パーキンソン病のリスク低減の、その要因や根拠など、それぞれの効果について、それを支持する科学的根拠について説明します。

  1. 認知機能の向上
    • 説明: コーヒーに含まれるカフェインは中枢神経系に影響を及ぼし、一時的に警戒心や注意力を高めることができます。これにより、高齢者はより良い認知機能を経験する可能性があります。
    • 根拠:
      • カフェインはアデノシン受容体に結合し、アデノシンの働きを一時的にブロックします。アデノシンはリラックスと眠気を引き起こす神経伝達物質であり、カフェインはこれを逆転させます。これにより、覚醒度や認知機能が向上します。
      • 多くの研究が、カフェイン摂取が警戒心、注意、認知能力の改善と関連していることを示しています。しかし、これは一時的な効果であり、過度な摂取は逆効果となる可能性があるため、適度に摂取することが重要です。
  2. 抗酸化作用
    • 説明: コーヒーにはポリフェノール、カフェイン、ビタミン類などの抗酸化物質が含まれており、これらの成分は体内の酸化ストレスを軽減し、細胞を酸化から保護します。
    • 根拠:
      • コーヒーは多くの抗酸化物質を含み、これらは体内の活性酸素種(酸化ストレスの原因)を中和し、細胞や組織の損傷を減少させる可能性があります。
      • 抗酸化物質は、炎症、慢性疾患、がんなどの疾患のリスクを低減する助けになる可能性があると研究が示唆しています。
  3. パーキンソン病のリスク低減
    • 説明: コーヒーに含まれるカフェインと他の生理活性成分は、パーキンソン病のリスクを低減する可能性があります。
    • 根拠:
      • カフェインは中枢神経系に影響を及ぼし、ドーパミンの放出を促進することがあり、これはパーキンソン病の進行を遅らせる可能性があります。
      • 多くの研究が、コーヒー摂取とパーキンソン病の発症リスクの低下との関連を示しています。ただし、具体的なメカニズムはまだ完全に解明されていないため、追加の研究が行われています。

●パーキンソン病は,アルツハイマー病に次ぎ多い神経変性疾患で,神経伝達物質ドパ
ミンの不足から運動障害などが起こる。
●カフェインの入ったコーヒーの摂取で,パーキンソン病の発症リスクが低減するこ
とが報告されている。
●パーキンソン病の患者では血清カフェイン濃度が低いという新発見があり,早期診断
への応用が期待されている。

順天堂大学医学部附属順天堂医院 脳神経内科教授 服部信孝氏https://www.nestle.co.jp/sites/g/files/pydnoa331/files/asset-library/documents/stories/individuals-families/interview15.pdf

高齢者に対して、これらの効果を説明する際には、適度な摂取量と個人の忍容性を考慮し、医師や専門家のアドバイスに従うことが大切です。また、健康状態や個別のニーズに合わせた飲食習慣を確立することが重要です。

健康に良いコーヒーの適度な摂取は

コーヒーの適切な摂取量は個人により異なり、健康状態や忍容性に依存します。しかし、一般的に、多くの健康専門家が以下のガイドラインを提案しています。適切な摂取量を考える際には、以下のポイントを考慮するとよいでしょう。

健康に良いコーヒーの適度な摂取は

1、カフェインの摂取量制限

健康な成人の場合、一日のカフェイン摂取量は通常300ミリグラム(約3杯のコーヒーに相当)から400ミリグラム程度を超えないようにすることが一般的です。高齢者はカフェインの代謝が遅くなることがあるため、過度な摂取を避けることが重要です。

2、個別の忍容性

一部の人々はカフェインに対する忍容性が高く、多くのコーヒーを摂取しても健康に問題がない場合があります。他の人は少量でも不快な副作用を経験することがあります。自身の忍容性を知り、それに合った摂取量を見つけることが重要です。

3、健康状態

健康状態によっては、コーヒー摂取が制限されるべき場合があります。特定の心臓疾患、不眠症、胃腸の問題、高血圧、不安症状、過敏性腸症候群などの疾患がある場合、医師と相談し、適切な摂取量を決定するべきです。

4、時間帯

コーヒーに含まれるカフェインは覚醒効果があるため、夜遅くに摂取することは質の高い睡眠に影響を及ぼす可能性があります。特に高齢者は睡眠の質が重要なため、夕食後のコーヒー摂取に注意することが大切です。

5、水分摂取

コーヒーは利尿効果があるため、適度に水分を摂ることが必要です。過剰な利尿作用は脱水症状を引き起こす可能性があります。

6、食事とのバランス

コーヒーは食事との相互作用があるかもしれません。カフェインはカルシウムの吸収を妨げる可能性があるため、カルシウムを多く含む食品との摂取を考慮することが大切です。

最終的に、適切な摂取量は個人の状況に合わせて調整されるべきです。医師や栄養士との相談を受け、個別のニーズに合ったコーヒー摂取量を見つけるのが良いでしょう。

高齢者へのおすすめのコーヒーの飲み方

高齢者におすすめのコーヒーの飲み方についていくつかのアイデアをご紹介します。ただし、個人の好みや健康状態によって異なるため、上記と重複しますが、これらのアイデアを参考にし、自身の状況に合わせて調整してください。

1、軽食と一緒に飲む

高齢者がコーヒーを摂る際、軽食を一緒に楽しむのは良いアイデアです。例えば、軽めの朝食やコーヒーケーキ、クッキー、ヨーグルト、シリアルなどを一緒に摂ることで、満足感が高まります。

高齢者へのおすすめのコーヒーの飲み方

2、ミルクやクリームを加える

コーヒーにミルクやクリームを加えることで、コーヒーの苦味が和らぎ、飲みやすくなります。また、カフェインが胃に刺激を与えることを軽減することがあります。ただし、乳製品の過剰摂取に注意し、適度な量を加えるようにしてください。

3、糖分を控えめにする

高齢者にとって過剰な砂糖摂取は健康リスクを増加させることがあるため、砂糖の使用を控えめにすることが大切です。代わりに、甘味料や蜂蜜を使用することができます。

4、デカフェコーヒーを検討

カフェインが忍容しづらい場合、デカフェコーヒー(カフェインレス)を検討することができます。デカフェコーヒーはカフェインをほとんど含まないか、少ない量しか含まないバリエーションです。

5、十分に水分を摂る

コーヒーは利尿作用があるため、摂取する際に水分補給に注意を払いましょう。水分不足にならないようにし、脱水症状を防ぐために水を一緒に摂ることが大切です。

6、適切なタイミングで摂る

高齢者はコーヒーを夜遅く摂取すると、睡眠に悪影響を及ぼす可能性があるため、夕方以降の摂取に注意することが重要です。

7、カフェで楽しむ

高齢者が外出が難しい場合、地元のカフェで友人や家族とコーヒーを楽しむことは社交的な機会を提供し、楽しみながらコーヒーを味わう方法となります。

このように、コーヒーも飲み方によっては体に悪く、健康に良いコーヒーの適度な摂取はをすることで認知機能の向上、抗酸化作用、パーキンソン病のリスク低減になります。また、高齢者の方は高齢者へのおすすめのコーヒーの飲み方を参考になさると良いでしょう。

最終的に、コーヒーの飲み方は個人の好みに合わせるべきであり、健康状態やニーズに注意を払うことが大切です。また、不安な方は健康の専門家や医師と相談し、適切な飲み方を見つけるようにしましょう。





『スマホ初心者基本操作講座』

スマホ基本操作!として、進度に合わせた具体的なカリキュラムを組み、デジタル難民を一人でもヘルプできるようにとの思いから、初心者、高齢者向けのスマホの段階的なカリキュラムの例を示しご案内して来ました。下記にご案内しています。



YouTube でもカラオケチャンネルnikoshiba   https://www.youtube.com/@nikoshiba8

カラオケなどをYouTubeでアップしたい方はご相談ください。

ヒット曲「さそり座の女」などを手掛けた作曲家の中川博之(なかがわ・ひろゆき)氏が2014年に77歳で死去されました。ムード歌謡の巨匠、作曲家・中川博之さんの思い入れの深い作品は『愛をありがとう』でした。それを4人グループの純烈を始め、松原のぶえさん、北川大介さんなど、多くの歌手の方が歌われています。

その純烈といえば全国のスーパー銭湯のライブで活動をはじめ、紅白歌合戦に出場するほど人気グループとなられました。

その歌「愛をありがとう」を歌って見ました。

中川博之さんの思いの詰まった曲です。愛に満ちた歌、感謝の心で

「まぁまぁかな」(笑)と思われたらチャンネル登録をお願いします。https://www.youtube.com/@nikoshiba8 [nikoshiba Blog] nikoshiba

YouTube の制作などを安価でお手伝いいたします。

この様な感じで https://www.youtube.com/@nikoshiba8から、ご確認ください。

お問い合わせは無料です。こちら nikoshibaブログ の『お問い合わせ

または nikoshiba@aideco.info からお願いします。🙇

nikoshiba に戻る

◉閲覧したい情報が簡単にスマホで!

閲覧したいブログやニュースを「RSS」リーダーアプリで検索可能に

これからは閲覧したいブログやニュースを「RSS」リーダーで、収録しておくと、更新される内容を簡単に閲覧できるんです。nikoshiba も「RSS」リーダーでチェックが可能になります。

「RSS」を使用して情報を効率的に収集!愛好ブログ、Webの最新情報が更新され便利に

nikoshiba では、シニア、高齢者の方々へ「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他、暮らしお役立ち情報を発信しています。そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業のノウハウを全て開示中(詳しくは「HOME」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

お問い合わせは無料

◉スマホやパソコン、YouTubeのアップ。そしてSNSに関することで、お分かりにならないシニア・高齢者・初心者の方にはメールでのやり取りに限り無料でアドバイスさせていただきます。

スマホ・インターネット・YouTube・LINEなど全般の使い方と簡単にできる機能説明

一人暮らしの不安、お家のセキュリティ対策と安心見守りはスマホで

◉小売店に関することは、小売店運営&経済  販売POS&受発注アプリなどでご確認ください。ご質問などは、このnikosibaのお問い合わせからお願いします。概要は、HOME

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: me-2.jpg
※ 奈良生涯学習センター 指導員 柴田知幸
   https://manabunara.jp/0000012212.html

nikoshiba に戻る

-nikoshibaブログ, スマイルライフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

倍額になる後期高齢者の自己負担割合!医療費が10月から引上げの真実

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 シニア・高齢者の方はご存知でしたか?高齢者と後期高齢者の違い?高齢者医療制度は、適用される期間によって前期高齢者医療制度と後期高齢者医療制度に分けられて …

アルツハイマー病の新薬で明るい未来が!そして認知症・パーキンソン病とは

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 先日、日テレNEWSで、新薬「レカネマブ」は、日本の製薬大手・エーザイと、アメリカのバイオジェンが共同開発したアルツハイマー病の治療薬です。最大のポイン …

100円寿司100円均一がなくなる?値上がりはどこまで続くのか

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 スシローが、税抜100円から値上げするのは1984年の創業以来らしく、1皿の新価格は店舗立地によって異なりますが値上げ額は10~30円程度とマスコミ報道 …

販売スタッフさんの一日の業務はこんな感じ

こんにちはnikoshibaです。 先日から、コロナ禍の緊急事態宣言で、ショッピングも控えられておられる方が多いと思います。早くコロナ禍が収まると良いですね。 さて、前回までは接客についてのお話をしま …

売れないショップは商品の構成が下手

こんにちはnikoshibaです。 コロナ禍の中で、集客が悪く悩んでいる専門店、小売店も多いですよね。Go to eat .Go to travelなどで政府主催のキャンペーン、そして地域クーポン、オ …

じゃらん

日本旅行