nikoshiba

暮らしのお役立ち情報・スマホ・PCなどの情報・観光・カラオケ・健康・美容・社会経済を発信しています。スマホの方は右上三本線をタップで!別稿で「小売店ノウハウ」も

nikoshibaブログ スマイルライフ

ダイエット目的で糖尿病治療薬や解熱剤などを使用する?恐ろしい結果が!

投稿日:

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。

ジェネリック医薬品はブランド名薬よりも安価であるため、患者は同じ効果を得ながら医療費を削減できメリットになるのですが、その陰で深刻な薬不足の実情があり、製薬業界の構造的な課題に目を向け再発を防ぐために何が必要かを考えます。と前回のテーマでしたが、今回はその医薬品を違う目的での使用をする人が問題になっています。

ダイエット目的で糖尿病治療薬や解熱剤などを使用する?恐ろしい結果が!
Polina Tankilevitchによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3873191/

ダイエット目的で糖尿病治療薬や解熱剤などを使用する?恐ろしい結果が!

糖尿病の治療薬が、ダイエット目的で使われて必要な患者に届いていないケースがあるとして、日本医師会は不適切な使用をやめるよう呼びかけました。その他、解熱剤などもインターネット上で「アスピリン 薬」(ダイエット・健康)とか問題はないのでしょうか

『楽天市場-「アスピリン 薬」(ダイエット・健康)91件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。』とかありますが、つい最近、糖尿病の治療薬が大きな問題になっていました。

主に糖尿病の患者が使用する薬を、インターネット上でダイエット目的の使用を勧める広告があるほか、医療関係者からダイエット目的の処方が疑われるケースがあるという指摘も出ていて、本来の糖尿病の患者さんに行き渡らない。と、ニュースで

糖尿病薬での不適切事例
Polina Tankilevitchによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3873209/

糖尿病薬での不適切事例

PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)や日本医師会による調査では、例えば次のような不適切事例が明らかになっています。

▼オンライン診療を受け「糖尿病に使う薬をダイエットにも使える」という理由から処方された。薬を飲んだところ下痢、腹痛、頭痛、めまいの症状が出て治まらなかった(→かかりつけ医の受診に至る)

▼美容クリニックでオンライン診療を受け「食事制限や運動の必要もなく、毎日注射をすれば痩せる」と言われた。薬を使用すると吐き気、めまい、嘔吐、倦怠感の症状が出た。医師に相談したところ、「薬の量を減らせ」「そのうち薬に慣れてくる」と言われたため、1週間我慢したが、体重は変わらなかった

▼病院で医師から「いいやせ薬がある」と勧められ、このやせ薬を処方してもらい服用していたところ、意識を失い転倒して唇等を怪我した

▼休職目的の患者に対し、初診からオンライン診療で診察し、診療後すぐに「3か月間の自宅療養を必要とする」旨 のうつの診断書を発出している。

糖尿病治療薬(GLP-1受容体作動薬)を「ダイエット薬」として処方する不適切事例は、かねてから問題視され、関係学会も「2型糖尿病を有さない日本人における有効性・安全性は確認されていない」と警鐘を鳴らしています

Gwm Med参照抜粋 https://gemmed.ghc-j.com/?p=54428

このように恐ろしいことになるにも関わらず、糖尿病の治療薬がダイエット目的で使われて、必要な患者に届いていないケースがありますが、このような事がないようにするにはどのような注意が必要でしょう。

糖尿病の治療薬がダイエット目的で使うのをやめよう
cottonbro studioによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/5701368/

糖尿病の治療薬がダイエット目的で使われ、かつ必要な患者に適切に届くようにするためには、以下のいくつかの注意が必要です。

1、正確な診断と処方

  • 医師による正確な診断と処方が重要です。糖尿病治療薬は患者の状態によって異なるため、医師が患者の状態を評価し、適切な治療薬を処方することが必要です。

2、医師と患者のコミュニケーション

  • 医師と患者は定期的にコミュニケーションを取り、治療の進捗や状態の変化について共有する必要があります。患者が治療薬をダイエット目的で使おうとしている場合、これを医師と共有し、適切な指導を受けることが重要です。

3、教育と啓発

  • 医師や医療関係者は、患者に対して糖尿病とその治療に関する十分な教育と啓発を行う必要があります。患者が治療薬を誤った目的で使用するリスクを理解し、適切な使用法を知ることが重要です。

4、適切なアクセスと供給

  • 医薬品のアクセスと供給に関するインフラが整備され、患者が適切な治療薬を入手できるようになるべきです。これには、製薬会社、医療機関、薬局などの連携が必要です。

5、倫理的な広告とマーケティング

  • 製薬会社や医療機関は、治療薬の倫理的な広告とマーケティングを実践し、患者を正確な情報で教育する努力をする必要があります。虚偽の広告や情報が患者を誤導することを防ぐためです。

6、健康プロフェッショナルのトレーニング

  • 医師や薬剤師などの健康プロフェッショナルに対するトレーニングと情報提供が必要です。彼らが患者に対して正確な情報を提供し、必要なケアを提供できるようになるためです。

これらの注意点を実践することで、糖尿病治療薬が適切な患者に適切に利用され、ダイエット目的での誤用が最小限に抑えられるようにしましょう。現在、糖尿病治療薬をダイエット目的で使用している人は即刻やめましょう。

このように本来と違った目的で使用された医薬品の例が他にもあります。

医薬品が本来の治療目的以外に使用される例はいくつかあります。以下はその一例ですが、これはあくまで一般的な例であり、具体的な状況や患者の状態によって異なる可能性があります。

その他の例、解熱剤をダイエットに
Polina Tankilevitchによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3873187/

例: アスピリン(アセチルサリチル酸)

1、本来の目的

アスピリンは炎症の抑制や痛みの緩和、解熱作用などのために一般的に使用されます。また、血小板凝集を抑制して血栓の形成を防ぐ効果もあり、心臓病や脳卒中の予防にも使われます。

2、他の使用例

抗血小板作用のための予防: アスピリンはその抗血小板作用から、心臓発作や脳卒中の予防として一般的に処方されますが、時折、自己判断でアスピリンを摂取し、心臓病や脳卒中のリスクを軽減しようとする人もいます。ただし、これは医師の指導なしに行うべきではありません。

血液サラサラ効果を利用したダイエット: アスピリンには抗凝固作用があり、これにより血液がサラサラになる効果があります。これを利用して、血行促進や脂肪燃焼促進を期待して、アスピリンをダイエット目的で使用することが報告されています。しかし、これは医師の指導なしでの行為であり、副作用やリスクが伴う可能性があります。

これらの例は、患者が医薬品の使用に関して医師の指導を受けることの重要性を示しています。医薬品の使用は慎重に行われるべきであり、医師のアドバイスに基づいて行われるべきです。

主に糖尿病の患者が使用する薬を、医療関係者からダイエット目的の処方が疑われるケースがあるという指摘も出ていて、本来の糖尿病の患者さんに行き渡らないなど大きな社会問題になっています。

しかし、インターネット上でダイエット目的の使用を勧める広告があり、上記のような「アスピリン 薬」(ダイエット・健康)とかいう、キャッチコピーは問題があると思います。なので、その辺も考慮しての広告に努めるべきだと思います。

ジェネリック医薬品の品質や安全性に疑念を抱くことがないようにメーカーの信頼回復を





『スマホ初心者基本操作講座』

スマホ基本操作!として、進度に合わせた具体的なカリキュラムを組み、デジタル難民を一人でもヘルプできるようにとの思いから、初心者、高齢者向けのスマホの段階的なカリキュラムの例を示しご案内して来ました。下記にご案内しています。



YouTube でもカラオケチャンネルnikoshiba   https://www.youtube.com/@nikoshiba8

心に刺さる歌をコンセプトに「人生のドラマを奏でる、カラオケ歌謡の感動曲集」艶やかに、激しく、そして切なく。

世代を超えて愛されるカラオケ歌謡の数々を歌い尽くします 「まぁまぁかな」(笑)と思われたらチャンネル登録をお願いします。😅

「ハートブレイクダンディ」を歌ってみました

今回は、その中の「ハートブレイクダンディ」失恋の痛手を夜空に癒しを求める男性の姿をイメージして歌ってみました。

nikoshibaチャンネル 「まぁまぁかな」(笑)と思われたらチャンネル登録をお願いします。http://youtube.com/@nikoshiba8 からチャンネル登録をタップかクリックで

カラオケなどをYouTubeでアップしたい方はご相談ください。

YouTube の制作などを安価でお手伝いいたします。

この様な https://www.youtube.com/@nikoshiba8 の感じのイメージでYouTubeからアップしたいと思われている場合にはご相談ください。

お問い合わせは無料です。こちら nikoshibaブログ の『お問い合わせ

または nikoshiba@aideco.info からお願いします。🙇

nikoshiba に戻る

◉閲覧したい情報が簡単にスマホで!

閲覧したいブログやニュースを「RSS」リーダーアプリで検索可能に

これからは閲覧したいブログやニュースを「RSS」リーダーで、収録しておくと、更新される内容を簡単に閲覧できるんです。nikoshiba も「RSS」リーダーでチェックが可能になります。

「RSS」を使用して情報を効率的に収集!愛好ブログ、Webの最新情報が更新され便利に

nikoshiba では、シニア、高齢者の方々へ「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他、暮らしお役立ち情報を発信しています。そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業のノウハウを全て開示中(詳しくは「HOME」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

お問い合わせは無料

◉スマホやパソコン、YouTubeのアップ。そしてSNSに関することで、お分かりにならないシニア・高齢者・初心者の方にはメールでのやり取りに限り無料でアドバイスさせていただきます。

スマホ・インターネット・YouTube・LINEなど全般の使い方と簡単にできる機能説明

一人暮らしの不安、お家のセキュリティ対策と安心見守りはスマホで

◉小売店に関することは、小売店運営&経済  販売POS&受発注アプリなどでご確認ください。ご質問などは、このnikosibaのお問い合わせからお願いします。概要は、HOME

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: me-2.jpg
※ 奈良生涯学習センター 指導員 柴田知幸
   https://manabunara.jp/0000012212.html

nikoshiba に戻る

-nikoshibaブログ, スマイルライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

LINEはどのようにして登録して使用するの?簡単に新規登録をしてお孫さんとのやり取りを

こんにちはnikoshibaです。 先の項目LINEは怖い!都市伝説は本当なのか?高齢者がLINEを使わない本当の理由とは、、を見た方から、それでは高齢者は使わないよ。と、言われ、なるほど、先ずは登録 …

自分でマンションリフォーム!天井・床・壁にビス打ちをしないで間仕切りをするテクニック

こんにちはnikodhiba(ニコシバ)です。 マンションにお住まいの方で釘やビス打ちをできないのでと悩まれている方が多いと思います。例えば、広い部屋を狭く感じないような空間を維持し、間仕切りをしたい …

緊急事態宣言がまた発令!飲食店、小売店、旅行業者などのコロナ不況業種は生き残れるの?

こんにちはnikoshibaです。 皆さんが自粛生活で1年8ヶ月余りのコロナ禍でストレスが溜まりに溜まっている中で、再度、緊急事態宣言。国民の皆さんも大変で、飲食店をはじめ小売店、旅行業者はどうなるの …

コロナ禍でのGood news

こんにちはnikoshibaです。私事ですが嬉しいニュースが😃 独学でホームページから立ち上げたnikoshibaブログが、、、アドセンス合格 数ヶ月前から何度かトライしましたが、中々合格通知をもらえ …

スマホ初心者に知って欲しい!「お天気アプリ」その進化して素晴らしい理由とは?

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 初心者、高齢者向けのスマホの段階的なカリキュラムの例を示しご案内いたして来ましたが、スマホ基本操作!は、前項で一応終了とさせていただきました。しかし、も …

結婚相談所

サプリメント最大3倍パワー