nikoshiba

暮らしのお役立ち情報・スマホ・PCなどの情報・観光・カラオケ・健康・美容・社会経済を発信しています。スマホの方は右上三本線をタップで!別稿で「小売店ノウハウ」も

nikoshibaブログ スマイルライフ

免許証がないと辺鄙な地域の高齢者は暮らせない!デジタル化やその他で救うには

投稿日:2023年10月14日 更新日:

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。

人口減少による人手不足が見込まれる中、教育や交通、それに介護や子育てなどデジタル技術を活用した行財政の効率化や公共サービスの質の向上するにはどのようにすれば良いのでしょうか。デジタル技術を活用した行財政の効率化や、公共サービスの質の向上などを期待したいものです。

免許証がないと辺鄙な地域の高齢者は暮らせない!デジタル化やその他で救うには

免許証がないと辺鄙な地域の高齢者は暮らせない!デジタル化やその他で救うには

デジタル技術サービスにより、交通の問題は辺鄙な地域の方などが高齢になり免許証がなくなると不便になりますが、そのような場合には他国のようなウーバーとかを日本に導入することや、他にもアイデアはないものでしょうか

交通手段がない地域でのサービスは

高齢者などの交通手段が限られている地域において、モビリティサービスの拡充や新しいアイデアを導入することは有益なアプローチです。以下にいくつかの提案を示します。

  1. ライドシェアサービスの導入
    • ウーバーやLyftのようなライドシェアサービスを導入し、高齢者や交通が不便な地域の住民に手頃な価格で交通手段を提供します。このようなサービスは、ドライバーと乗客をマッチングするアプリケーションを使用して効率的に提供されます。
  2. 地域ベースの交通サービス
    • 地域社会に特化した交通サービスを提供し、高齢者や交通が不便な地域の住民に合わせた輸送オプションを提供します。このようなサービスは、地方自治体やコミュニティ団体が協力して実施できます。
  3. 自動運転技術の活用
    • 自動運転技術を活用して、高齢者や運転できない人々のための安全な交通手段を提供します。これには、自動運転バスやシャトルサービスの導入が含まれます。
  4. コミュニティベースの交通支援
    • 地域のボランティアや家族など、コミュニティメンバーが高齢者や交通困難な人々を支援するための交通支援プログラムを構築します。これにはドライバーや同乗者を募集するプラットフォームが役立ちます。
  5. マイクロモビリティの導入
    • 電動スクーターや自転車のシェアリングプログラムなどのマイクロモビリティオプションを提供し、短距離移動に適した手段を提供します。
  6. 交通情報のデジタル化
    • 交通情報をデジタルプラットフォームで提供し、高齢者や交通が不便な地域の住民が移動計画を立てる際に役立つ情報を提供します。
  7. タクシーの活用
    • 今すぐの問題としては高齢者や交通が不便な地域の住民に対し、タクシーの半額サービスや、軽自動車のタクシーで割安価格にするなどで利用してもらい政府が支援金を出すなどの方法なども。

これらのアイデアは、高齢者や交通が不便な地域の住民に対する交通アクセスの改善をサポートするために採用できるものです。また、これらのサービスの導入には適切な法規制と安全対策が必要です。

車がない状況で辺鄙な場所では高齢者へは

車がない状況で辺鄙な場所では高齢者へは

高齢者が辺鄙な場所で暮らすには車がないと買い物がネックになります。そのような環境に向けてのデジタル化の活用はどの容姿すれば良いのでしょう。

高齢者が車がない状況で辺鄙な場所で生活する際、デジタル化を活用して買い物や社会参加のハードルを下げることができます。以下は、デジタル技術を活用したアイデアになります。

  1. オンラインショッピングプラットフォーム
    • 地元のスーパーマーケットや食品配達サービスをオンラインで利用できるようにすることで、高齢者が必要な食料品や商品を手に入れる手段を提供します。
  2. デリバリーサービス
    • 食品や薬品などの商品を高齢者の住宅に届けるデリバリーサービスを拡充します。また、デリバリーアプリケーションの導入で注文と支払いを容易にします。
  3. 共有経済プラットフォーム
    • 高齢者同士が手助けし合うための地域ベースの共有経済プラットフォームを導入し、買い物代行や移動手段の共有を可能にします。
  4. 電子支払いとデジタルバンキング
    • デジタル決済オプションを普及させ、高齢者がデジタル決済を利用できるようにして買い物や請求支払いを行えるようにします。
  5. モバイルヘルスケア
    • 高齢者向けのモバイルヘルスケアアプリケーションを提供し、必要な医薬品や医療サービスをリモートで受けられるようにします。
  6. シニアフレンドリーなデバイスとアプリ
    • シンプルで使いやすいスマートフォン、タブレット、およびアプリケーションを提供し、高齢者がデジタルテクノロジーを利用できるようにサポートします。これには、もっと高齢者の方で詳しい方の活用も一考する。
  7. コミュニティセンターやデジタルリテラシープログラム
    • 高齢者向けのコミュニティセンターやデジタルリテラシー(ある分野に関する知識や能力を活用する力)プログラムを設立し、デジタルスキルの向上をサポートします。

これらの取り組みにより、高齢者が車のない状況で暮らす際にも、デジタル技術を活用して買い物や社会参加を容易にし、生活の質を向上させることができます。地域社会、地方自治体、および民間企業との連携が重要であり、地域に適したソリューションを提供することが求められます。

しかし、もっと辺鄙な食品スーパーとかない場所が日本では多くあります。このような場合では、ドローンによる配達などを考えてる会社があるみたいですね。その他の移動販売やマイクロスーパーなどを考えているみたいですが、このような仕組みは高齢者にとってありがたいと思いますが、運営ができ発展するのでしょうか?

食品スーパーや一般的な小売店が限られている地域では

辺鄙な地域において、食品スーパーや一般的な小売店が限られている場合、ドローンによる配達や移動販売などの新たなアプローチは、高齢者や地域住民にとって大いに役立つ可能性があります。ただし、運営と発展にはいくつかの課題が存在します。

  1. ローカルニーズへの適合性
    • その地域のニーズや文化に合致した商品やサービスを提供することが重要です。高齢者や地域住民にとって本当に必要なものを提供しなければ、成功が難しいことがあります。
  2. ロジスティクスとコスト
    • 辺鄙な場所での運送やドローンの運用にはロジスティクスとコストがかかります。適切な物流インフラと運用の最適化が必要です。
  3. 規制と法律
    • 食品配達などのビジネスには食品安全基準や航空法などの規制に対する順守が求められます。規制環境に適合する必要があります。
  4. マーケティングと普及
    • 高齢者や地域住民へのサービスの普及には、適切なマーケティング戦略とコミュニケーションが必要です。地域社会との連携も重要です。
  5. 持続可能性
    • ビジネスモデルの持続可能性と収益性を確保することが課題です。サービスの提供に対する需要が持続的であることを確認する必要があります。

これらの課題を克服し、地域のニーズに合わせたサービスを提供することができれば、新たなアプローチは高齢者にとってありがたく、地域経済にも貢献できます。また、地方自治体や地域の協力が、これらの新しいビジネスモデルの成功に寄与する可能性があります。

マイクロスーパーとは?

高齢化社会の到来に対応したシニア向けの戦略のひとつです。全日本食品(東京・足立、全国1800の中小スーパーへ商品を供給)が、地方自治体と連携して、2013年10月以降、茨城県や島根県などで試験的に開始している超小型スーパーマーケットのことです。

廃業した商店や廃校の教室などを活用した30平方m程度(注:一般的なコンビニの半分以下の広さ)の店舗での活用で、国土交通省なども提案しています。

国土交通省参照 https://www.mlit.go.jp/common/001084985.pdf

マイクロスーパーは広がって欲しいものですが、利益確保は難しい部分があるのでこれらにはデジタル化推進も含め、政府支援が必要かも知れませんね。

デジタル技術サービスにより、交通の問題は辺鄙な地域の方などが高齢になり免許証がなくなると不便になりますが、ライドシェアサービスの導入地域ベースの交通サービス自動運転技術の活用コミュニティベースの交通支援マイクロモビリティの導入交通情報のデジタル化タクシーの活用など早期に実現することを願いたいと思います。





『スマホ初心者基本操作講座』

スマホ基本操作!として、進度に合わせた具体的なカリキュラムを組み、デジタル難民を一人でもヘルプできるようにとの思いから、初心者、高齢者向けのスマホの段階的なカリキュラムの例を示しご案内して来ました。下記にご案内しています。



YouTube でもカラオケチャンネルnikoshiba   https://www.youtube.com/@nikoshiba8

カラオケなどをYouTubeでアップしたい方はご相談ください。

昭和歌謡、美川憲一さんの「大阪の夜」歌ってみました

『大阪の夜』美川さんのこの曲は、昭和の大阪を舞台に、深い愛と別れの苦しさが交錯する歌です。主人公は、男性からの別れ話を受け入れることをためらいつつ、別れを避けても現実から逃れることはできないのかも。彼女の心情は、愛する相手への深い思いと、現実の厳しさとの葛藤に満ちています。この歌は、愛と別れ、成熟と決断の瞬間を描写し、聴く人に感動と共感を呼び起こす内容なのだと思います。

「まぁまぁかな」(笑)と思われたらチャンネル登録をお願いします。https://www.youtube.com/@nikoshiba8 [nikoshiba Blog] nikoshiba

YouTube の制作などを安価でお手伝いいたします。

この様な感じで https://www.youtube.com/@nikoshiba8から、ご確認ください。

お問い合わせは無料です。こちら nikoshibaブログ の『お問い合わせ

または nikoshiba@aideco.info からお願いします。🙇

nikoshiba に戻る

◉閲覧したい情報が簡単にスマホで!

閲覧したいブログやニュースを「RSS」リーダーアプリで検索可能に

これからは閲覧したいブログやニュースを「RSS」リーダーで、収録しておくと、更新される内容を簡単に閲覧できるんです。nikoshiba も「RSS」リーダーでチェックが可能になります。

「RSS」を使用して情報を効率的に収集!愛好ブログ、Webの最新情報が更新され便利に

nikoshiba では、シニア、高齢者の方々へ「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他、暮らしお役立ち情報を発信しています。そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業のノウハウを全て開示中(詳しくは「HOME」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

お問い合わせは無料

◉スマホやパソコン、YouTubeのアップ。そしてSNSに関することで、お分かりにならないシニア・高齢者・初心者の方にはメールでのやり取りに限り無料でアドバイスさせていただきます。

スマホ・インターネット・YouTube・LINEなど全般の使い方と簡単にできる機能説明

一人暮らしの不安、お家のセキュリティ対策と安心見守りはスマホで

◉小売店に関することは、小売店運営&経済  販売POS&受発注アプリなどでご確認ください。ご質問などは、このnikosibaのお問い合わせからお願いします。概要は、HOME

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: me-2.jpg
※ 奈良生涯学習センター 指導員 柴田知幸
   https://manabunara.jp/0000012212.html

nikoshiba に戻る

-nikoshibaブログ, スマイルライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

あなたも億万長者になれるかも?注目されるNFTとは!デジタルデータ資産の時代が始まった

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 ふるさと納税での北海道余市町のNFTは、スクウェア・エニックスや吉本興業がNFT事業に乗り出すなど、日本の大手企業も続々とNFTへの参入を始めています。 …

中小零細企業は「産後パパ育休」「106万円の壁」「130万円の壁」での対応はどうすれば?

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 ここでは中小零細企業、特に小規模零細企業の立場になって、政府が掲げてる「給与増額」、少子化対策での「産後パパ育休」「106万円の壁」「130万円の壁」な …

ショップではこんなことも必要なんです。

こんにちはnikoshibaです。 この前から、専門店のショップ販売戦略 での開店から業務内容、効率化、お客様へのアプローチ手法などなど様々な面からの説明させていただきました。 今回は専門店マニュアル …

カラオケ歌謡選手権(シルバー部門)にトライしてみました。

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 カラオケが健康に良いのには歌や曲を覚えるのに頭を使うし、認知症になりにくいなどと、腹式呼吸での息をすることで血液の循環もよくなり高血圧にも良いんだと思い …

スマホ・インターネット・YouTube・LINEなど全般の使い方と簡単にできる機能説明

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 近年、マイナンバーカードなどのデジタル化についていけないと言う方々が増えています。官公庁なども機会を作って支援をしていますが、解らないからと諦めていらっ …

結婚相談所

サプリメント最大3倍パワー