nikoshibaブログ

45年間小売業一筋、関西、関東で30店舗(一時)近くあった店舗をコロナ禍でやむなく閉鎖、現在は流通業コンサルとして、開業支援や、事業承継等のお手伝いをしています。 長年営業できたことに感謝し、ご迷惑をお掛けした方々に懺悔しながら、経験を活かしお役に立てることで、皆様がHappy smileになれるお手伝いができればと思います。感謝

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

専門店のテレワークはシステム導入での経費削減が不可欠

投稿日:2020年8月31日 更新日:

こんにちはnikoshibaです。

前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。

丁度、現在の経済環境と同じような時期である。さて、この時代、どのようにして不況を克服してきたのか、その原点といえるのが「西鶴商法」ではないでしょうか。そこには、歴史の回帰性とか転生の輪廻のようなものがみられます。

「西鶴商法」の概要を述べてみると、元禄時代の商人の生き方、商業道徳の全てを語っている書籍があり、代表作として(日本永代蔵、世間胸算用、西鶴織留)の三部作がある。このうち「日本永代蔵」について要点を述べてみます。

西鶴商法は、「始末、算用、才覚」の三本柱で構成されている。始末とは、初めと終わりであり、入りを量り、出ずるを、制することによって、収支のバランスを合わせよということ。つまり、始末というのは、辛抱することに通じるのです。

大阪商人は、勤勉であり始末第一に励んできた。それが、いつの間にか始末とは「ケチ」と解釈されるようになってきたが「始末」と「辛抱」こそが、西鶴のいう経営者が学ぶべき心のあり方だろう。次いで「算用」である。論的に言えば、算盤に合わぬこと、儲からないことはするな、という事であり、常に胸算用することである。「宵越しのカネはもたない」という、江戸町人気質と対象的だ。三つ目は「才覚」です。
ワンコインでアートを飾ろう

これこそ、西鶴商法の神髄であり、始末、算用よりも尊重され、企業者的な才覚であり、いわゆるアイデアである。松下幸之助といえば「経営の神様」と、いわれる大経営者だ。才覚を発揮することによって、巨大な松下グループ(現パナソニック)を創りあげ、その功績は、多くの書籍に残されている。要するにとりあげたい事は、この「始末、算用、才覚」を原点として考えることだと思うのです。

着れば絶対ファンになる!リピートアイテムが見つかるファッション通販サイト
 jolie clothes

コロナ禍でのテレワークではシステムの導入での経費削減が不可欠

今までは、どうしても高額なPOSシステム(販売時点処理)の導入が出来なかった時代ですが、現在ではクラウドサーバーでのアプリが数多く開発され、データ管理をパソコン(PC)とインターネット(IT)でのシステムに乗せ、簡単な操作システム、パソコンでのスキャンによるPOSシステム(販売時点処理)での販売管理が可能になりました。

今回のコロナの影響下によるテレワークを叫ばれている時代に、小規模経営の為、システム構築に苦労を余儀なくされていて、小売業で一番に必要だったPOSシステム(販売時点処理)が無い専門店や小売店にも、支店経営、チェーン店経営においても、このようなアプリでパソコンの普及と機能アップ、同時にインターネット環境が整備され、売上を瞬時に掴み、在庫も把握する事ができ、仕入金額の把握、ABC分析による売上アップを図れ、さらには、販売管理データ(売上、粗利、在庫、仕入額)を日別、月別、年間で分析できる。

POSシステム(販売時点処理)のアプリで、売上の拡大、不良在庫の削減で、大手にも一歩でも近づけると思えるようになりました。もちろん本社管理機能の経費削減に、小売、卸しを問わず、売上構築、経営の合理化に役立つようになっていると思います。

それに加え、専門店、小売店を、メーカーさんや卸店をインターネットで結び、伝票のペーパーレス化も可能になっています。よろしければ私へお問い合わせください。

「カメラのキタムラ」フォトブック

次回に続きます。

このnikoshibaブログの、カテゴリー「売れる専門店構築」専門店マニュアルで順次公開したいと思います。

お問合せは、項目欄の事業概要からお願いします。

オーセンティックヴィンテージとクラシックデザインをコンセプト【FOSSIL】

両サイドのシリコンキャッチャーで横流れ防止【ふわっとマシュマロブラ】



-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

専門店のコンセプトの構築方法

こんにちはnikoshibaです。前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 専門店コンセプトの構築 専門店コンセプトを決めることは、お店の …

専門店小売店は生き残れるのだろうか

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 アメリカ発のリーマンショックによる、世界の金融危機下に続き、 …

専門店作りはターゲットイメージから

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 先の項で自店、自社のイメージを確立するために、内外装、商品な …

闇からの脱出でスマイルライフ

こんにちはnikoshiba です🤭 人生での最大の試練 事業の失敗の中、懺悔感、焦燥感が押し迫り不安な毎日を過ごしていた。 毎日、毎日が何もしないのに終わってゆく、今までの人生は何だったんだろう。 …

60歳でドメインを取得するには

こんにちはnikoshibaです。 先のページ60歳からHPとブログに挑戦してみたいと思います。悪戦苦闘ですが、先日は間違えて、投稿した内容を初期化してしまい大慌て、結局は最初から作り直しですが、勉強 …