nikoshiba

暮らしのお役立ち情報・スマホ・PCなどの情報・観光・カラオケ・健康・美容・社会経済を発信しています。スマホの方は右上三本線をタップで!別稿で「小売店ノウハウ」も

nikoshibaブログ スマイルライフ 小売業と経済

中小零細企業は「産後パパ育休」「106万円の壁」「130万円の壁」での対応はどうすれば?

投稿日:

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。

ここでは中小零細企業、特に小規模零細企業の立場になって、政府が掲げてる「給与増額」、少子化対策での「産後パパ育休」「106万円の壁」「130万円の壁」などの問題を、どのような対応をしていけば良いのでしょう。

当然、国民のためには多くの良い部分があるように見えるのですが、厳しい問題に直面している小規模零細企業の経営は難しい立場にありますね。日本の70%が中小企業と言われていますが、その中小企業に働く人の環境改善は、このままでは厳しい面があります。

笑顔な中小零細企業に?

中小零細企業は「産後パパ育休」「106万円の壁」「130万円の壁」での対応はどうすれば?

少子化対策は、10数年前から言われていて進んでいない課題なのですが、今回は「産後パパ育休」そして、「給与増額」「106万円の壁」「130万円の壁」と重なり、中小零細企業経営ではどのように対応すればと頭が痛いと思います。

コロナ禍で疲弊した上にコロナ禍で多くの企業の資金繰りを支えたゼロゼロ融資の返済が、本格的に始まろうとしています。

ゼロゼロ融資を含めた新型コロナ関連融資の借り入れの返済が、1月10日に始まった中小企業庁借り換え保証制度など、返済に向けた対策もありますが、返済できない事業者も多く、返済できない場合には保証協会が肩代わりして融資となります。

しかし、保証料などもあり以前に比べ厳しい環境になるのは否めません

(ゼロゼロ融資とは、新型コロナウイルス感染症の拡大で売上が減った企業を支援するための融資です。金融機関に支払う利子は公的機関が3年間負担し、返済できない場合も信用保証協会が肩代わりする、実質無利子(利子ゼロ)・無担保(担保ゼロ)だったことから「ゼロゼロ融資」と呼ばれました。)

このような中で、「給与増額」、少子化対策、「産後パパ育休」「106万円の壁」「130万円の壁」をどのように対応できるのか、そして、2025年問題に対してを考えてみたいと思います。

「給与増額」「時短」と年収の壁、2025年問題

中小零細企業の経営では、上記のコロナ禍で疲弊したまま立ち上がれないところの経営では、今までの内部留保や資産などがあれば大丈夫なのですが、ギリギリの状態で給与を上げることになれば、人員を減らすなどの対応を取らねばならなくなります。

その人数を、減らした分で残った人の給与を上げることになり、その減らした人の作業量をも分担することになります。

その上、時短問題も重なり、2025年問題(約800万人の団塊世代が75歳を迎え、日本が「超高齢化社会」に突入)では人手不足に陥ることで、日本経済は重要な状況に迫られます。

中小零細企業は立ち行かなくなりフリーランスが増える

なぜ、多くの良い部分かと言うと、一面を見たら、すごく良いように見えますが、庶民や、中小零細企業の経営者の方や、働いている方に戸惑いや負担が多くあるのは否めません。

政策を見ていると、大手企業に有利な政策が多く、建前上では中小企業にも考えて手当てをしています。と、なっているように見えますが、本当にそうなんでしょうか?

働く人も建前では良いように見えますが、いざ、実施してみると弱い人にしわ寄せが来てしまいます。

例えば、物流などは、時短で実質給与が減り、おそらく失業を余儀なくされ、フリーランスなどの自営業者に転換されて、その方達に多くの負担が増える気がします。

小売業においても、正社員を少なくして、契約社員などでのフリーランスに近い状態になりかねないと思います。

そして、パートスタッフも年収枠で制限をせざるを得なくなり、中小零細企業では人手を確保するのに募集費はかかり、シフト調整がうまくいかず廃業や閉店に追い込まれるでしょう。

少子化問題にしても、日本の場合は、結婚したくても結婚できない。生活が・・・とか、悩む人も多く、結婚しても子供の養育費がとか、さまざまな問題があります。

国が率先して、明石市みたいな少子化対策を行わない限り、日本の人口は減り続ける事が明確で将来不安を拭えません。なんとか最優先課題にして欲しいものですね。

最優先課題の少子化対策では、今まで国は地方自治体に任せた現状で、このままでは子育て支援は進まないのではと思われていましたが、やっと本腰が入るのか?また、選挙対策で終わるのか注視したいと思います。

「106万円の壁」「130万円の壁」

従来から、パート従業員の間で配偶者の扶養の範囲で働くために所得税が非課税となる「103万円の壁」という言葉がよく使われてきましたが、最近は新たな金額として「106万の壁」という言葉もよく耳にします。社会保険の106万円の壁とはいったいどのようなものなのでしょうか。

これにより、働く環境が変わり、時給がアップし、あー良かったなぁと思うのはいっときで、たちまち年収の調整に入ることになり、大手企業では細切れな調整が可能かもしれませんが、小規模零細企業では働ける人が限られてくると思われます。

扶養に関係する年収の壁は複数ある

パートで働く主婦にとって、扶養に影響する年収の壁にはいくつかの段階があります。
一般的に、扶養内で気にする人が多い社会保険の扶養は、会社の規模によりますが、給与年収106万円と130万円がボーダーとなります。税制上の扶養内は、配偶者特別控除を満額受ける上限の年収150万円を意識すると良いでしょう。

<パート主婦(夫)が意識したい年収の壁>

(※)
配偶者控除・配偶者特別控除を受けるには夫の年収に制限があり、満額受けられるのは年収1120万円以下、それ以上になると段階的に控除額が減っていき年収1220万円を超えると対象外となります。
(※1)
・週の所定労働時間が20時間以上
・賃金月額が88,000円以上
・雇用期間が2ヵ月を超える(見込みも含む)
・101人以上(厚生年金の被保険者数)の従業員のいる企業
・学業を主とする学生(昼間学校に通う学生)でないこと

年収の壁に含まれるもの

社会保険上の扶養を判定する年収は、106万円の壁はその1社での収入で、130万円の壁は1社に限らず掛け持ちなどすべての収入合計で判断されます。また、残業や深夜、休日手当だけでなく、交通費手当なども扶養判定の年収に含まれます。
一方、税制上の扶養を判断する年収は、パートを掛け持ちしていれば合計の収入で、残業や深夜手当、休日出勤手当を含めた額になります。ですが、交通費手当などは非課税のため、支給されている場合は判定年収から除きます。

タウンワークマガジン参照 https://townwork.net/magazine/knowhow/sinsurance/34479/

このことでも、小規模零細企業経営では下記で説明していますが、人手不足は必至です。

少子化対策「産後パパ育休」

この「産後パパ育休」は、大変に良いことに思えます。しかし、大抵の中小零細企業では、育休する人の代行ができる人手がいる企業はわずかだと思われます。そのような場合は派遣社員を雇うなどの処置を取らざるを得なくなり、生産性は落ち、企業の負担も増え収益は悪化します。

少子化がストップするか「産後パパ育休」!給付金の引上げ偏りでは、中小零細企業できるの?で、詳しく提言しています。

最低賃金の引き上げや、育休などは素晴らしいことだとは思いますが、大手企業からの意見集約での発想でなく、中小零細企業からの発想も必要な気がしますが、起業を支援すると言う割には、既存の中小零細企業を苦しめていては、日本経済の発展は厳しいのではないでしょうか?

少子化がストップするか「産後パパ育休」!給付金の引上げ偏りでは、中小零細企業できるの?

nikoshiba に戻る






nikoshibaでは、シニア、高齢者の方々へ「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他、暮らしお役立ち情報を発信しています。そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業のノウハウを全て開示中(詳しくは「HOME」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

YouTube でもカラオケチャンネル nikoshiba https://www.youtube.com/@nikoshiba8

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: me-2.jpg
※ 奈良生涯学習センター 指導員 柴田知幸
   https://manabunara.jp/0000012212.html

お問い合わせは無料

◉スマホやパソコン、そしてSNSに関することで、お分かりにならないシニア・高齢者・初心者の方にはメールでのやり取りに限り無料でアドバイスさせていただきます。

スマホ・インターネット・YouTube・LINEなど全般の使い方と簡単にできる機能説明

一人暮らしの不安、お家のセキュリティ対策と安心見守りはスマホで

カラオケなどをYouTubeでアップしたい方はご相談ください。お手伝いいたします。

この様な感じで https://www.youtube.com/@nikoshiba8

◉小売店に関することは、小売店運営&経済  販売POS&受発注アプリなどでご確認ください。ご質問などは、このnikosibaのお問い合わせからお願いします。概要は、HOME

nikoshiba に戻る

マンツーマンのボーカルスクール





画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 74351b3c63d7966fac9acad9ad6fbc94-1024x384.jpg
nikoshiba に戻る

-nikoshibaブログ, スマイルライフ, 小売業と経済
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ダイエット目的で糖尿病治療薬や解熱剤などを使用する?恐ろしい結果が!

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 ジェネリック医薬品はブランド名薬よりも安価であるため、患者は同じ効果を得ながら医療費を削減できメリットになるのですが、その陰で深刻な薬不足の実情があり、 …

「トコジラミパニック」日本でも!人の血を吸う吸血鬼カメムシ?が襲来

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 先日は大掃除についてを解説しましたが、今回は今話題になっている恐怖のトコジラミについて調べてみました。フランスで人の血を吸い、強烈なかゆみを引き起こすト …

健康を楽しく追いかけるスマホアプリの秘密?健康管理の手助けになる健康アプリとは

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 先日からスマホ初心者、高齢者の方々へのカリキュラムを作成して、ご案内していましたが、その補足として健康関連のアプリのご案内になります。それにしてもスマホ …

春になったら訪れたい相楽園は美しい日本庭園で明治を感じる所だった

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 少しずつですが、春に兆しが見えつつありますね。先日、神戸市の春節祭を見に元町まで行った時ですが、北へ上がったところに相楽園という日本庭園があるとのことで …

孤独とおさらば?AIの進歩で対話型ロボットが驚く発展

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 最近の話題でAIの進歩が著しいですね。会話ができるAIでは、ものすごい進歩で、そこに人が居るような感じで、会話ができたり、スマートフォンで歩きながら撮影 …

結婚相談所

サプリメント最大3倍パワー