nikoshiba

シニア、高齢者の方々へ「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他、暮らしお役立ち情報を発信しています。そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業のノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ スマイルライフ 売れる専門店構築

ビジネスにもつながるドラマ「ファーストペンギン」コロナ禍での生き残り策はこれだ!

投稿日:

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。

10月に入ってからのテレビドラマ、TVerで見ていますが、「ファーストペンギン」これはすごいドラマですよね。中小の経営者の皆さんは勇気づけられると思います。確か、以前に何かで聞いたことがあるような話で、実話では?と思い調べてみたんです。

Markus De NittoによるPixabayからの画像

ビジネスにもつながるドラマ「ファーストペンギン」コロナ禍での生き残り策はこれだ!

今回のコロナ禍で飲食業を始め、観光業、小売業などなど、多くが四苦八苦のビジネスを強いられています。中にお店が潰れてしまい、ご苦労をなさっている方も多くいらっしゃるのではと思います。そんな中で、もの凄い女性経営者が現れましたね。

この「ファーストペンギン」を視聴なさって勇気づけられる経営者の方が多いのではと思います。まだ、ご覧になっていない方は、ぜひ、ご覧になってください。

タイトルの「ファーストペンギン」に名前の由来ですが、ペンギンは隊列を組んで氷上を移動し、エサの魚を捕食したりするのに、常にに群れで固まり集団行動をとることで知られます。

そのペンギンの群れには特定のリーダーがいなくて、他の猿みたいな動物のように強いボスやリーダーがいるのではなく、ペンギンの群れの中の一羽が勇気を出して、天敵がいる海へ飛び込み、餌を取りに行くらしく、その最初行動したペンギンに従うのがペンギンの行動の特徴なのだそうです。

なるほど、なので「ファーストペンギン」というタイトルなんだと、それは、一人の女性が男社会に飛び込み大胆にも下記事業化に成功しているという話なんです。

坪内さんは2014年、鮮魚販売部門、旅行部門、環境部門、コンサルティング部門という4つの事業部を設け、株式会社「GHIBLI (ギブリ)」を設立。事業を多角化し、漁に出られない時期も漁師たちが安定して収入を得られる仕組みを作った。

現在は船団丸ブランドで鮮魚に加えて野菜も販売。鮮魚は全国10カ所で展開、2021年からは加工事業も本格的に開始し、2022年には萩市内に加工施設もオープンした。さらに国産の真珠ブランド「Euripides(エウリピデス)」や、リモート留学サービス「The world alliance2021」など、事業は多方面に拡大している。

コロナ禍でも逃げずに、前を向いて数々の事業化にトライし成功裏に結びつけておられるのは凄いとしか、言葉を思いつきませんが、ビジネスの経営者だけではなく、このコロナ禍で疲弊された方々には大きな勇気をもらえるのではないかと思います。

では、こちらは実話になりますが、東洋経済オンラインより

20代で「漁師を束ねる”ボス”」になった彼女の半生なぜ魚を知らない素人が漁業の世界へ入ったのか

坪内知佳さん

ドラマ「ファーストペンギン!」の主人公のモデルとなった坪内さん(写真:『ファーストペンギン シングルマザーと漁師たちが挑んだ船団丸の奇跡』©︎畑谷友幸)

月給3万円で漁業の未来を担う

坪内さんは20歳で大学を中退し、結婚を機に山口県萩市へ移住。子どもを授かったものの、23歳で別居しシングルマザーになった。子育てと両立するために選んだのは、得意の英語力を生かした翻訳業。

あるとき観光協会の依頼で請け負った翻訳の仕事が縁で、旅館の経営者から改革を一緒にやってくれないかと頼まれた。「やらせていただけるなら」と引き受け、仲居さんの指導にあたっていたとき、旅館の宴席に出席していた萩大島の漁師、長岡秀洋さんと出会った。

萩大島は萩市の沖合8kmにある島で、人口約600人。ほとんどの島民が漁業に携わる漁師の島で、主に7〜8隻の船で船団を組み、巻き網漁を行っている。長岡さんは松原水産という船団の漁労長で、漁の指揮をとる現場監督のような人だった。

坪内知佳さん

ドラマの撮影現場訪問やメディア対応で上京した坪内さんにお話を伺った(筆者撮影)

漁獲量の減少、消費者の魚離れ、燃料代の高騰など、漁業は苦境に立たされている。萩大島も例外ではなく、危機感を持った長岡さんは何とかして打開策を見いだそうとしていた。しかし自分たちだけではパソコンを使えず、何をしていいかもわからない。

そこで偶然知り合った坪内さんに、一緒に生き残り策を考えてほしいと頼んだのだった。最初の約束は、月給3万円。半ば強引に頼まれたが、坪内さんは不思議と断る気持ちにはならなかったという。

「子どもに自分はどんな背中を見せられるだろうかとずっと考えていて……。まったく見ず知らずの業界だけれど、本気で島の漁業を変えたいと思っている彼らと一緒に挑戦すれば、私でも何かを残せるかもしれないとワクワクしました」

ちょうどそのころ、国は六次産業化・地産地消法を公布。六次産業化とは、一次産業である農林漁業が生産だけではなく、加工などの二次産業、さらにサービス・販売などの三次産業まで一体的に手がけ、新たな価値を生み出して経済の活性化を図る取り組みだ。「一・二・三」は足し算でも、掛け算でも「六」になることから「六次産業」と言われている。

長岡さんたちは市場を通さず、漁師自ら魚を箱詰めし(加工)、直接消費者に送る(流通・販売)ビジネスモデルで漁業の六次産業化を図り、新たな価値を生み出そうと考えていた。その事業計画を農林水産省に申請し、認定を受ければさまざまな支援が受けられ、認定業者としてお墨付きが得られる。

そこで事業計画書の作成を坪内さんが担当し、申請者として「萩大島船団丸」という任意団体を結成。長岡さんが代表者になるはずだったが、「難しいことはよくわからんから、あんたがやってくれ」と頼まれた。こうして魚の見分けがつかないほど素人だった坪内さんは、漁師たちを束ねる“ボス”になったのだ。

坪内さんの中に生まれた確信

一方、事業計画をまとめるため、漁業の現状についてリサーチするうち、坪内さんの中である確信が生まれた。それは自身の生い立ちに関係する。坪内さんは子どもの頃から化学物質に過敏に反応する体質で、添加物を受け付けなかった。

人一倍、食べ物に敏感だったからこそ、初めて萩大島で魚料理を食べたときの感動が忘れられない。「息子はもちろん、すべての未来を生きる人たちに、萩で獲れる新鮮で安全な魚を食べてもらいたい」、その思いが事業のビジョンにつながっていく。

以下は、こちらで https://toyokeizai.net/articles/-/623543?page=2 東洋経済オンライン 参照抜粋

こちらはドラマの内容になります。

女優の奈緒が主演を務めるドラマ『ファーストペンギン!』(日本テレビ系で10月5日スタート)は、山口県萩市・萩大島で、ひょんなことから漁師たちから頼まれ、“ボス”となった女性が数々の困難に立ち向かう実話から生まれた。

主人公のモデルとなったのは、著書『ファーストペンギン シングルマザーと漁師たちが挑んだ船団丸の奇跡』を出版した坪内知佳さん(株式会社GHIBLI代表取締役)。なぜ坪内さんは、最初に海へ飛び込むファーストペンギンのように、勇気を持って挑戦を続けられたのだろう。

「ファーストペンギン!」第2話 和佳(奈緒)、早くも片岡(堤真一)らと決裂!度重なるピンチの中“ある大胆な秘策”を思いつき…!?

2022.10.12 公開

今日10月12日(水)よる10時より、第2話が放送となる日本テレビ系水曜ドラマ「ファーストペンギン!」。

家なし・金なし・仕事なしのシングルマザー・岩崎和佳(奈緒)が、漁師たちを束ねるボスに!?――“奇跡の実話”をもとにした、爽快リアル・サクセスストーリー!

第2話では、漁師たちに啖呵を切った和佳が、早くも片岡洋(堤真一)らと決裂!?それでもめげずに次の作戦を考え、片岡たちに「お魚ボックス」の注文が取れたから魚を分けてほしいとお願いするのだが…。片岡は、漁協の組合長・杉浦久光(梅沢富美男)と約束したからと、魚を1匹も譲ってくれない。

杉浦の圧力は、和佳が勤めるホテルにまでおよび、和佳は仲居の仕事を辞めざるを得ない状況に。従業員寮も出て行かなければならなくなってしまう…!

さらに杉浦の策略によって、国の認定を受けたばかりの「お魚ボックス」事業が、“認定取り消し”の大ピンチに!?

窮地に立たされた和佳に手を差し伸べたのは、周囲の女性たち。心優しいママ友・山藤そよ(志田未来)、農林水産省の職員で、国が推進する「6次産業化プロジェクト」を担当している溝口静(松本若菜)、アネゴ肌の仲買人・重森梨花(ファーストサマーウイカ)が、和佳にとって大きな支えとなる!

次々と襲い掛かる苦難に苛まれながらも、彼女たちの力を借りながら、和佳は“ある大胆な秘策”を思いつき…?果たして和佳は、ドン底からの大逆転を果たせるのか?

あらすじは番組公式HP「ストーリー」ページ(https://www.ntv.co.jp/first-penguin/story/)にて。

日テレ 参照抜粋 https://www.ntv.co.jp/first-penguin/articles/3063pkmccw97of24tcfc.html

今後のドラマの展開が楽しみですね。と、同時に勇気をもらえる方が多いのでは

記念日や接待に最適な厳選レストランが最大53%OFF!24時間オンライン予約可能!

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

nikoshibaブログ に戻る

nikoshibaでは、シニア、高齢者の方々へ「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他、暮らしお役立ち情報を発信しています。そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業のノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)です。ご笑覧賜れば幸いです。





画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: me-2.jpg
※ 奈良生涯学習センター 指導員 柴田知幸 https://manabunara.jp/0000012212.html





お問い合わせは無料

◉スマホやパソコン、そしてSNSに関することで、お分かりにならないシニア・高齢者・初心者の方にはメールでのやり取りに限り無料でアドバイスさせていただきます。

◉小売店に関することは、ショップ販売戦略 販売POS&受発注アプリなどでご確認ください。ご質問などは、このnikosibaのお問い合わせからお願いします。概要は、 事業概要 で

 

お気軽にお問い合わせください。2〜3日中にご連絡をさせていただきます。



-nikoshibaブログ, スマイルライフ, 売れる専門店構築
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

マスクは有害?マスクをはずそう!との声、健康リスクと子供たちへの影響

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 先日は敬老の日で、お孫さんやお子さん達からハガキや、メッセージ、そしてプレゼントなどをもらったシニア・高齢者の方々が多くいたのではと思います。その可愛い …

眠れないとお悩みのあなた!枕の方角はどちらにしていますか?

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 先日、引っ越しの手伝いをしていて、ベッドの方向で頭をどちら向けにしてに寝たら良いのかと聞かれて、昔、インテリアの仕事をしていたときに勉強したことを思い出 …

「全国旅行支援」で必要なワクチン3回接種証明書をスマホで簡単取得方法

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 「全国旅行支援」で、内容発表がギリギリだったこともあり、観光業界、旅行サイトなどが右往左往しながらの予約受付をなさっていますが、その割引を受けるのにワク …

牛乳を救おう!高齢者にも健康に良い牛乳が廃棄処分の危機に

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 コロナの影響で全国的に牛乳が余り、多くの牛乳が廃棄される恐れがあります。と、ニュースで報じられています。コロナ禍で学校給食が減ったり、緊急事態宣言などで …

マイナンバー制度を知ろう。社会保障の充実や税の徴収などの分野以外に拡大

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 マイナンバーカード取得促進のためにマイナポイントを付けたりで、デジタル庁がデジタル社会に向けて一生懸命ですが、その真意は何処にあるのでしょう?マイナンバ …

初心者投資レッスン

コロバンタンパク