nikoshiba

暮らしのお役立ち情報・スマホ・PCなどの情報・観光・カラオケ・健康・美容・社会経済を発信しています。スマホの方は右上三本線をタップで!別稿で「小売店ノウハウ」も

nikoshibaブログ スマイルライフ

日本のEV車は反転攻勢なるか?次世代の車・モビリティの未来予想図とは

投稿日:

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。

2023年04月18日、上海もモーターショーが中国・上海市で、第20回「オート上海2023(上海モーターショー)」が開幕しました。そんな中、日本車はトヨタ・日産・ホンダとEV車で苦戦を強いられているみたいです。これからの車の未来はどうなるのでしょう。

次世代の車・モビリティの未来予想図とは

日本のEV車は反転攻勢なるか?次世代の車・モビリティの未来予想図とは

アメリカでは北米で組み立てられた電気自動車などを購入すると、最大7500ドル=およそ100万円の税額控除を受けられますが、アメリカ政府は電気自動車を購入する際に、税の優遇対象となるリストを発表し、外国メーカーの車はすべて外されました。

17日に発表されたリストによりますと、対象となるのはテスラなどアメリカメーカーの車だけで、電池に関する条件をクリアできなかったため、日産が北米で生産する「リーフ」をはじめ、ドイツのフォルクスワーゲン、韓国の現代(ヒョンデ)の車は対象から外れたとマスコミ発表がありました。

このようにアメリカマーケットにおける日本車は苦戦をしいられそうです。そんな中、上海モーターショー2023が開幕、日本メーカーはEV車の出展を主軸に「世界一のEV市場」中国で、反転攻勢へと手を打っています。

LEXUS、上海モーターショー2023に出展

  • 多様なお客様や地域のニーズに寄り添うLEXUSの多彩なモデル展示
  • 次世代LEXUSが新たな選択肢として提案するフラッグシップMPVとなる新型「LM」を世界初公開
  • 大自然とクルマの共生をテーマにしたコンセプトモデル4台を出展
  • バッテリーEVでもクルマの楽しさを追求するブランドの姿勢を具現化したコンセプトモデル3台の展示
LEXUS 上海モーターショーブース
上海モーターショー、トヨタブース

アウトドアライフスタイルを彩るクルマの楽しさを提案するコンセプトモデル

「自然を理解し、楽しみ、守っていくアウトドア体験をお届けしたい」という想いの下、大自然と共生しながらアウトドアライフスタイルを彩るクルマの楽しさと、様々な体験をご提供する「OVERTRAIL*1 PROJECT」を推進します。2023年から発売を開始したLEXUS初のバッテリーEV専用モデル「RZ450e」をベースにした「RZ OUTDOOR CONCEPT」を世界初出展するほか、「RX Outdoor Concept」「ROV*2 Concept 2」や、NXでのキャンプシーンイメージを展示します。LEXUS 上海モーターショーブースLEXUS 上海モーターショーブース

トヨタ自動車 参照抜粋 https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/39089561.html

このように、アウトドアライフなどでモビリティを意識した車にも力を注いでいますね。このような中、交通系YouTuberのスーツさんは、下記の、トヨタ自動車では、自動運転シャトルの実証実験を進めている。商品を搭載した無人のシャトルが、買い物に行きづらい地域を巡回する未来に注目した投稿をなさっています。

モビリティ(Mobility)は、本来は、動きやすさ機動性や、社会などの流動性、移動性を意味する英単語ですが、交通領域では「人やモノ、コトを空間的に移動させる能力、あるいは機構」を指すようになりました。

将来はコンビニのほうが自宅に来てくれる…スーツ交通が解説する「次世代モビリティ」の未来予想図

新技術を使った乗り物の開発が進んでいる。交通系YouTuberのスーツさんは「自動運転の進歩はめざましい。トヨタ自動車では、自動運転シャトルの実証実験を進めている。商品を搭載した無人のシャトルが、買い物に行きづらい地域を巡回する未来がやってくる」という――。

※本稿は、スーツ『未来の乗り物図鑑』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

もっと画像をみる

未来の乗り物図鑑』より

■大阪の新駅で導入された顔パス方式の自動改札

JR西日本は、利用者の顔を識別して、その人を通すかどうか判断する自動改札機を開発しました。今年3月に開業した大阪市の新しい駅「うめきた(大阪)地下駅」で、この自動改札機を「未来型改札機」と名づけて既に導入されています。

未来型改札機を利用する人は、自分の顔の画像を登録しておきます。すると改札機が通過する人の顔をカメラで確認して、通していい人かどうかを判断するのです。改札機の顔認識の精度は高いので、瞬時に顔を認識できるだけでなく、マスクを着けていても認識が可能です。

改札機は未来型改札機という名前どおり、未来を意識したデザインです。このデザインの開発には漫画家やアニメーターも参加して、改札機の外観を近未来的なものにしました。

■世界初の「フルスクリーンホームドア」も導入

JR西日本はうめきた(大阪)地下駅を最先端のデジタル技術を活用する実験的な駅ととらえています。未来型改札機以外では、世界初となる「フルスクリーンホームドア」も導入されます。

ホームドアとは乗客が立つホームと電車との間に設置されるドアのことです。フルスクリーンホームドアは、異なる車種に合わせて自由自在に開口部を変化させることができます。これから先、駅に来る電車の種類がさらに多様になることから開発されました。

財布を家に忘れたから引き返す、という無駄な時間がなくなりますね。しばらくの間は定期券を持っている人だけが、未来型改札機を利用できることになるそうです。マスク着用でも認識できるということでしたら、成長期で顔だちが変わったり、整形した場合でも有効なのでしょうか。気になるところです。
未来の乗り物図鑑』より

■自動車の完全自動運転が2030年代には実現する

現在、世界のさまざまな自動車メーカーが自動運転の開発を進めていて、その技術は日々進化しています。

その技術がどれだけ進んでいるかという目安になるのが、「自動運転レベル」です。アメリカの自動車技術者協会や日本の国土交通省などはレベル0~5の6段階に分けて、技術の進化を区別しています。

レベル0では、自動運転に関する技術が自動車に搭載されていません。
レベル1では、自動車がアクセル・ブレーキとハンドルのどちらかを部分的に操作します。
レベル2では、自動車がアクセル・ブレーキとハンドルの両方を部分的に操作します。
レベル3では、決められた条件下で自動車がすべての操作を行ないます。ただし、ドライバーがいつでも運転できるようになっています。
レベル4では、決められた条件下で自動車がすべての操作を行ないます。
レベル5では、常に自動車がすべての操作を行ないます。

現在、日本のホンダ、ドイツのアウディ、中国のヒューマンホライゾンズの自動車がレベル3を達成しています。

各自動車メーカーの開発が進んでいるので、2025年ごろにはレベル4が実現すると予想されています。また、レベル5は2030年代と言われています。

昨年、私は運転免許を取得した翌日に返納しましたが、免許がなくても車に1人で乗れる時代がやってくるかもしれません。
未来の乗り物図鑑』より

■買い物の手伝いもしてくれるロボット兼乗り物が開発中

未来の乗り物は、暮らしの中に入り込むことで、はじめてその存在意義を発揮します。そんなモビリティの開発に取り組むのが、日本のロボット工学のトップランナー・千葉工業大学の「未来ロボット技術研究センターfuRo」。fuRoは、デザイナーの山中俊治氏と共同で、乗り物に変形するAIロボット「CanguRo」を開発中です。

CanguRoは、形態を状況に合わせて変形します。ロボットモードのときは、自分の現在位置を把握する「SLAM」と呼ばれる技術を使い、指定した場所に自動で迎えにいく機能の他、人間の後に従って買い物を手伝うこともできます。

乗り物モードになると自ら姿勢を制御して、人間の体幹移動に合わせて車体を傾け、旋回などの操縦をサポート。今後、会話やシーンを判断して、自動的にモードを切り替える機能なども盛り込んでいくそうです。

未来の人の生活は、趣味嗜好だけでなく、年齢層や育った文化的背景別に多様化し、そして個人の権利や自由がもっと尊重されていくと考えられています。

AI搭載のパーソナルモビリティの開発は、あらゆる生活シーンに合わせ移動や行動をサポートし、安全支援もしてくれるパートナー・ロボットの出現といえるでしょう。

ロボットモードの全長は55cm、乗り物モードは75cm。重さは64kgで大型犬くらいの大きさ。未来のパーソナルモビリティは単なる乗り物ではなく、生活のパートナーになる可能性があることがよくわかります。


未来の乗り物図鑑』より

■買い物に行けない人のもとに、無人コンビニがやってくる

コロナ禍だけでなく、地方や郊外の過疎化、高齢化の問題は、これまでの物流の常識を変え始めています。外出しなくなった消費者に対し、店舗まで連れていく自動運転タクシーやバスが実験的にスタートしているのは、たびたび報じられているとおり。同じように注目されているのが、消費者の元へ店舗ごと移動してくる「無人コンビニ」です。

さまざまに活用できる次世代のモビリティのコンセプトモデルとして、トヨタ自動車が発表した自動運転シャトル「e‐Palette」。このe‐Palette車内を、販売店用に改装し、多数の商品を陳列したのが、この巡回型の自動運転コンビニなのです。

■トヨタが実証実験をすすめる次世代モビリティ

e‐Paletteは自動運転技術搭載のモビリティサービス専用EV。低い床、箱型の広い室内が特徴で、人や物資の輸送を始め、物販などの小売店仕様など、ユーザーの多目的な用途に応える設備の搭載が可能。トヨタは、これをMaaS(Mobility as a Service:移動のサービス化)専用次世代電気自動車のコンセプトカーとしていて、新技術を社会に根付かせるため、開発と同時進行で、色々な実証実験にも取り組んでいこうとしているわけです。そう考えると、コンビニへの活用は打ってつけの計画ではないでしょうか。

あなたの街でも、無人のコンビニが開店しているかもしれません。

■宇宙エレベーターが2050年には完成予定

2050年に完成する予定なのが、地球と宇宙の間をケーブルでつなぐ「宇宙エレベーター」の構想です。人や物資を大量に効率よく運ぶことができる手段として、大きな期待が集まっています。また、カーボンナノチューブでつなぐことによって、ロケットを飛ばすよりも環境に与える影響が小さいという特徴もあります。

スーツ『未来の乗り物図鑑』(KADOKAWA)

宇宙エレベーターの全長は約96000km。これほどまで長い距離を安定してつなぐことができるのには、宇宙エレベーターの仕組みと、ケーブルに使われる素材に秘密があります。

この仕組みは地球と、宇宙にある地球の自転と同じ速度で飛行している、静止衛星とよばれる赤道上の人工衛星をつなぐというものです。こうすることでバランスを取ることができ、ケーブルを真っすぐに伸ばすことが可能になります。

このような高い建築物を地球上に作るためには、重力に負けない強度と軽さのある素材が必要です。ここで用いられるのが、「カーボンナノチューブ」という1991年に発見された素材。実はこの宇宙エレベーターの構想は、理論的には実現可能だと以前から言われていましたが、適当な素材が見つからずそのままになっていました。

このカーボンナノチューブという新素材が見つかったことにより、実現に向けて大きく動きだしているのです。それだけ炭素繊維が優れているということですね。

人工知能の進化スピードも加速していますから、これからは人間とAIが共生していく世の中になります。きっと、我々の想像を超える未来がやってくることでしょう。

AI化の波に飲まれるのではなく、乗りこなしていきたいですね。
未来の乗り物図鑑』より

———-
スーツ
交通系YouTuber
本名は藤田裕人。1997年12月、東京都生まれ。横浜国立大学経営学部卒業。幼少期より鉄道に目覚め、鉄道高校として名高い岩倉高等学校に進学。鉄道員を目指し就職試験に臨むも不採用となり大学進学。在学中の2017年、交通系YouTuberとしてYouTube配信を開始。現在、メインCH「スーツ交通」は登録者数100万人を突破。
———-

(交通系YouTuber スーツ)PRESIDENT onlin参照抜粋 https://president.jp/articles/photo/68411?pn=4

新技術を使った乗り物の開発が進んで、自動運転の進歩はめざましい発展を遂げています。トヨタ自動車などでの、自動運転シャトルの実証実験を進めている商品を搭載した無人のシャトルが、買い物に行きづらい地域を巡回するなどで、高齢者の方には嬉しい未来が来そうですね。

80歳を過ぎて、運転免許の返納をする人の割合は増えていますが、地域にコンビニや、食品スーパーがないなどの場合には、不便極まりないですよね。そのような地域への、無人のシャトルコンビニが活躍してくれることを願いたいと思います。

nikoshiba に戻る


nikoshibaでは、シニア、高齢者の方々へ「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他、暮らしお役立ち情報を発信しています。そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業のノウハウを全て開示中(詳しくは「HOME」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

YouTube でもカラオケチャンネル nikoshiba https://www.youtube.com/@nikoshiba8

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: me-2.jpg
※ 奈良生涯学習センター 指導員 柴田知幸
   https://manabunara.jp/0000012212.html

お問い合わせは無料

◉スマホやパソコン、そしてSNSに関することで、お分かりにならないシニア・高齢者・初心者の方にはメールでのやり取りに限り無料でアドバイスさせていただきます。

スマホ・インターネット・YouTube・LINEなど全般の使い方と簡単にできる機能説明

一人暮らしの不安、お家のセキュリティ対策と安心見守りはスマホで

カラオケなどをYouTubeでアップしたい方はご相談ください。お手伝いいたします。

この様な感じで https://www.youtube.com/@nikoshiba8

◉小売店に関することは、小売店運営&経済  販売POS&受発注アプリなどでご確認ください。ご質問などは、このnikosibaのお問い合わせからお願いします。概要は、HOME

nikoshiba に戻る



マンツーマンのボーカルスクール



 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 74351b3c63d7966fac9acad9ad6fbc94-1024x384.jpg
nikoshiba に戻る

-nikoshibaブログ, スマイルライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

スマホで年賀状?日本郵便がLINEで年賀状、高齢者も簡単に

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 年賀状作成の季節がやってきましたね。この度、日本郵便が年賀状をLINEで送れるサービスを展開しますね。若い人の年賀状離れ、また、高齢者は文字を書くのが鬱 …

ビジネスモデルの変化で取引先、顧客、製造から販売までのあり方を考え直す時が来た

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 先日、「小売店専門店の生き残り戦略!マーケットデータから変化を捕まえる」という視点でご説明させていただいた中で『BtoB』と『BtoC』から『CtoC』 …

マイナンバーカードのポイント?なんか、騙された気分に。。。

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 マイナンバーカードの受け取りしてきました。11月初旬に申し込み下旬には通知が来て市役所でもらってきました。マイナポイントがもらえてお得だとの報道などもあ …

やっと決まったマイナポイント6月30日から15000ポイントを保険証、口座登録で

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 マイナンバーカードの申請促進策で、マイナンバーカードを取得された方に20000円相当のマイナポイントを付与すると言われて、だいぶ期間が経ちますね。マイナ …

栄養ドリンクに潜む危険!毎日飲むとどうなる?正しい飲み方とは

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 毎日、まだまだ暑い日が続き、夏の疲れが出て、ついつい栄養ドリンクで回復という方が多いのではと思います。しかし、友人で、毎日飲まないと元気が出ないという人 …

結婚相談所

サプリメント最大3倍パワー