nikoshiba

シニア、高齢者の方々へ「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他、暮らしお役立ち情報を発信しています。そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業のノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ スマイルライフ

車検手数料23年1月に値上げに!デジタル化で値下げになるのでは?

投稿日:

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。

様々な値上げが相次いでいますが、中には便乗値上げだとかで、せっかくの旅行支援を逆手に取り便乗値上げしたホテルなどが問題になっていますね。同じ値上げでも、下がるはずのモノが高くなったりとか、おかしな現象が多々ありますね。

※車検手数料値上げ

車検手数料23年1月に値上げに!デジタル化で値下げになるのでは?

国土交通省は、2023年1月に始まる予定の「自動車検査証(車検証)の電子化」に伴う車検手数料の値上げ案を公表した。え〜何故値上げと、思うのは私だけでしょうか?実際には電子化(デジタル化)が進むと効率化が進み、人手がかからない分で値下げできるはずなのにと・・・

10月28日の閣議で正式に決まった内容ですが、新しい車検証に搭載するICタグの費用が上乗せされるため、国交省が提出した値上げ案の通り決まったのです。大体で、100〜400円上がるのです。なら、デジタル化しない方が良いのではと思ってしまいます。

便利で効率的な社会の実現に向けてと、デジタル庁が立ち上がり、あ〜これからは便利な社会になり、効率化が進み、費用が安くなることで税金も安くなるのではと一般的には考えがちですが違うんですね。

nikoshibaでは、シニア・高齢者の方のお役立ち情報と、小売業の開業、経営の効率化などのことを多く掲載していますが、デジタル化することで効率化で経費削減が進み、利益が出るのですが何故なんでしょうか?疑問が残ります。

23年1月1日から値上げの内容

政令によりますと

軽自動車以外の登録車の場合、

通常の車検(継続検査)の手数料は1400円(現行1200円)、電子申請では1200円(同1000円)となる。

新車の初登録時の車検(新規検査)の手数料は1500円(同1200円)、電子申請では1300円(同1000円)となる。

軽自動車の場合、現行は継続検査も新規検査も手数料は1100円だが、電子化後はそれぞれ登録車と同額になる。

自動車技術総合機構が行う基準適合性審査を受けるために国に納める手数料は500円(同400円)となる。

車検証を破損した場合などの再交付手数料は350円(同300円)となる。みたいです。

電子車検証とは


コンパクト、ICタグ内蔵

車検証の電子化は、政府のデジタル政策の一環で、自動車ユーザーや関係事業者の利便性・効率性を高めるのが狙いだ。2018年度に政府内で検討が始まり、19年度の道路運送車両法改正などを経て法整備が行われた。

車検証は現在のA4版の紙から、コンパクトなA6サイズの厚紙の「電子車検証」に切り替わる。紙と電子を選ぶことはできず、1月4日以降の車検から電子車検証が交付され、3年ですべての車で置き換わる。車検時以外の紙から電子への切り替えはできない。

電子車検証では、必要最小限の記載事項を除き、内蔵したICタグ(ICチップ)に情報が記録される。市販のICカードリーダーをつないだパソコンや、読み取り機能付きスマートフォンで見ることができる。

閲覧アプリを配布へ

電子車検証の券面には、有効期間や使用者住所、所有者情報が記載されない。自動車ユーザーや関係事業者は「車検証閲覧アプリ」を使って情報を確認する。

同アプリは、パソコンやスマートフォンで24時間利用でき、車検証情報の確認のほかPDFなどのファイル出力、リコール情報の確認といった機能がある。車検更新が近づくと、国交省からの通知も届く。

アプリはiPhone、アンドロイド、ウィンドウズの各OSに対応し、インターネットのアプリストアからダウンロードし、端末にインストールする。国交省はアプリ配布の準備を進めている。自動車情報課によると、早めの配布を要望する声もあり、1月4日以前の配布も検討中という。特設サイトで入手方法を案内する予定だ。


運輸支局に行かずに手続き

▲電子車検証の見本(出所:国土交通省)

車検(継続検査)の時、現在はディーラーや中古車販売業者、自動車整備業者、行政書士といった業者が、ユーザーに代わり運輸支局に出向いて手続きを行っているが、電子化後は紙から電子車検証に切り替わる時を除いて出向く必要はなくなる。

業者は運輸支局とオンラインでやり取りしてICタグの記録情報を書き換える。フロントガラスに貼るステッカー(検査標章)も支局まで取りに行く必要はなく、同じオンラインの仕組みで送られたデータを使って業者がカラープリンターで印刷する。

これらの事務作業は、新たな制度である「記録等事務代行者」として業者が運輸支局から委託を受けて行う。委託申請の受付は本年5月に始まっている。(編集部・東直人)

■電子車検証特設サイト(国交省)
https://www.denshishakensho-portal.mlit.go.jp/

Logitics Today 参照抜粋 https://www.logi-today.com/511000

Melk HagelslagによるPixabayからの画像

何故値上げと、思うのは私だけでしょうか?実際には電子化(デジタル化)が進むと効率化が進み、人手がかからない分で値下げできるはずなのにと思うのですが、何故そうなるのか。わからない部分が多いですね。

以前、アップしましたシニア・高齢者の運転免許更新も、凄く高くなっていて、低年金生活者や低所得者の方でどうしても車が必要な地域の方はキツイ世の中ですね。

記念日や接待に最適な厳選レストランが最大53%OFF!24時間オンライン予約可能!

70歳からの免許更新!高齢者講習の実態は?高齢者講習行ってきました

免許更新3年!高齢者運転講習で事故は減るのか?実地講習での疑問

nikoshibaブログ に戻る



nikoshibaでは、シニア、高齢者の方々へ「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他、暮らしお役立ち情報を発信しています。そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業のノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: me-2.jpg
※ 奈良生涯学習センター 指導員 柴田知幸 https://manabunara.jp/0000012212.html

お問い合わせは無料

◉スマホやパソコン、そしてSNSに関することで、お分かりにならないシニア・高齢者・初心者の方にはメールでのやり取りに限り無料でアドバイスさせていただきます。

◉小売店に関することは、小売店開業&戦略  販売POS&受発注アプリなどでご確認ください。ご質問などは、このnikosibaのお問い合わせからお願いします。概要は、 事業概要 で

お気軽にお問い合わせください。2〜3日中にご連絡をさせていただきます。

-nikoshibaブログ, スマイルライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ガラケーが使えなくなるのウソ・ホント、高齢者はどうしたら?

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 ガラケーをスマホに交換させるキャンペーン(下画像)を目にします。しかし、高齢者の皆さんにとっては突然のことでどうしたら良いのか?本当に代えなければならな …

長続きできるビジネスとは信用を大事に

こんにちはnikoshibaです。このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 ビジネスを始めるにあたって ご支援者があり信用の構築で商売が成り立ち、お客様に喜ん …

感性雑貨ショップは売上構築をこうする

こんにちはnikoshibaです。 今回は雑貨店の場合での、感性販売の構築の仕方をご説明します。 単純には量販小売店と感性専門店では品揃えの考え方が真反対だと考えると良いです。 通常の量販店、小売店、 …

効率的にショップ売上が上がるんです

こんにちはnikoshibaです。 先日から売れるショップ、効率的な専門店、大幅な経費削減を目指し、アプリでシステムを開発していますので、その内容を全て公開中です。 小売店でのアプリシステムABCS( …

時給はアップしたのに企業が人手不足に?世帯手取り年収が実質マイナスに「年収106万円の壁」

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 最低時給額が上がり本来は喜ぶべきことですが、パート勤務の人は働く時間を減らす傾向にあり、企業は勤務時間シフトが回らずで困っているニュースが流れていますが …

初心者投資レッスン

コロバンタンパク