nikoshiba(ニコシバ)

シニア、高齢者の方々へスマイルライフな情報を発信しています。「SNS.スマホ.PC」「健康.カラオケ」「観に旅」のこと、そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業の発展のためにノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

単品管理・発注管理で売上アップを狙う。実は基本中の基本なんです。

投稿日:

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。

ワークマンの「ワークマン女子」が横浜桜木町コレットマーレ店を2020年10月OPENして、その後、東京ソラマチ。なんばCITY。ルフロン。アルカキット。ポンテポルタ。レイクタウンの6店をOPEN。そして4月28日に銀座イグジットメルサ店をOPENしています。機能性豊かな商品に人気が集まり、女子の間でも大好評とか。。。

●大人気の「ワークマン」の勢いが止まらない

単品管理・発注管理で売上アップを狙う。実は基本中の基本なんです。

先日、マスコミで銀座にOPENしているワークマン女子を取材していましたが勢いがすごいですよね。さて、ABC分析の考え方での前回の続きになりますが、小さなショップが売上アップするにはこの単品管理・発注管理が最重要なんです。

前回はこちらからご覧ください。こちらをご理解いただけるとこの単品管理・発注管理の重要性がわかっていただけると思います。

商品発注手法はどのように考えるのか、ABC分析がわかれば売上アップが可能に

今回のテーマ単品管理・発注管理ですが、例えば雑貨店でショップの商品が揃い。仕入れ販売をしていく中で、売上を上げるには売れた商品を追加発注する補充発注が必要になります。その説明をしましょう。

●小さなショップが売上アップを狙う基本は発注管理

発注管理・在庫、仕入れの考え方

今では、販売POS(販売時点処理)などで、売上管理ができるお店が多くなっていますが、小さなショップ、スタートしたばかりのショップでは手管理でなさっているのではと思います。

ここでは雑貨店の発注管理について、マグカップ、エプロンなどを例にとってご説明しています。発注管理をするには、まずは単品管理をする必要があります。

なので、ここでは単品管理をしての発注管理を参考になさってください。

単品管理とは単品商品の売れた数量、単品の仕入れた数量、単品の在庫数量を数えるところから始まります。それを単品管理と言います。

発注管理表の分析の仕方

まずはこの表をご覧ください。

図の商品は、発注単位が五個単位で、(イ)のマグカップA1の場合は、平均的に売れている。しかし、(ロ)はまったく売れていない。この状態が二ヶ月以上続くと、差し替えの必要があると思われる。(ニ)の場合は9月10日には、チャンスロス(売れるべき商品が品切れしていた)を起こしているので、至急注文の必要性があります。

10個~5個の発注を心掛けねばなりません。(ハ)もよく売れています。

これらのことから発注管理表は、売上を左右する重要なツールの一つであり、定番商品の導入時から、必ず発注管理表を記帳する必要があります。

(後日説明しますが、現在はアプリのシステムを利用して一目でわかります。)

在庫量と発注日の関連図

発注管理・・・売上げを取る為の大切な仕事です。

計算式 ( A + B ) ― C = D

売れ筋や在庫の把握のというのは、必要不可欠であり、その把握を正確に行う事で、売上げの善し悪しに繋がる為、発注管理はとても大事なツールです。

*発注前には必ず行うようにすることで売上げアップになる。

発注は、各メーカーさんにより、発注金額が設定されているので発注金額に注意が必要で発注管理表に基づいて発注します。

ロット(発注単位)がある商品の発注管理と発注の仕方

補充発注の基本的な考えは、「ロットがある場合の発注管理と発注の仕方」のようになる。商品に発注ロットがある場合それを守らなければならないと思いますがメーカーさんに交渉も可能かもしれません。

図のようにエプロンAの商品の場合・・・

平均的に売れているが、在庫が4枚残っているので、次回発注でもよいのです。(発注ロットが5枚なので、今、発注すると在庫が9枚になってしまう恐れがある。)

エプロンCの商品の場合・・・

売れ筋(ABC分析のA部分)なので15枚の発注をします。

エプロンDの商品の場合・・・

10枚及び15枚の発注をします。

この商品が、売れ筋(ABC分析のA部分)商品と分かれば20枚発注してもよいです。

この場合、発注ロットが5枚と決まっているので、5の倍数で発注しなければならない。したがって、発注ロットがない商品に比べると、発注しにくい面もあるので、慎重に数を決めなければなりません。

この事からも分かるように、発注管理をすることによって短時間でたくさん売れる商品、全く動きのない商品、大きな動きはないが平均的にずっと売れていく商品など、商品の売れ方特性が良くわかり短時間でたくさん売れる商品はチャンスロスを起こさないように、先に売れる商品数の予測を立てて発注する事を心がけることで売上げがアップします。

ロット(発注単位)がない商品の発注管理と発注の仕方

図の例からエプロンAの商品の場合・・・

平均的に売れているので補充発注を行う。この場合、特にロットがないので必要数だけ発注します。

エプロンBの商品の場合・・・

全く売れていないので発注してはならない。このまま売れない状態が二ヶ月以上続くと、この商品は廃番にし新商品に入れ替える必要があります。

エプロンCの商品の場合・・・

10月1日では在庫0なので、10枚発注して10日間で9枚売れているので二回目の発注は、一回目より多い14~16枚程度発注すると良いです。

エプロンDの商品の場合・・・

10日の時点で、既に在庫が0になっているのでチャンスロスを起こしています。13枚及び15枚程度の発注をしなければなりません。

この商品が売れ筋(ABC分析のAの部分)商品であるとわかればもう少し多めに発注すると良いでしょう。

エプロンEの商品の場合・・・

10日間で7枚売れているので、7枚及び10枚位の発注をします。

注意 >

これらの図表は、発注した商品が、全品入荷したものとして仮定してます。実際は、その前の発注数等を考え流れを読み発注するのが良いです。

現在では、ABC Sアプリシステムによって分析ができる為、商品発注数量は、簡単に決定できますが、これらの実販売数と在庫数での販売数予測の関係、販売期間による販売数予測などから、発注の勉強をし注文するようにする事が必要です。

アプリに関してはこちらから↓

小売店の販売POSから受発注をアプリで可能になるんです(本部用3 販売推移確認)

入荷チェック後、売れ筋が入っていなければメーカーさんに納期の確認と不足分として、送料を負担して送ってもらえるように電話連絡し発送してもらうよう心掛けるようにします。

コンビニエンスストアーや、食品スーパー、その他の大手専門店、量販店、ホームセンター等は、POSシステムとの連動でEOS(補充発注システム)により売れたものを即システム上で発注が上がるのですが、常時在庫を多く持たない中小のメーカー、問屋では、流通システムの関係上、運賃軽減の為、発注単位金額などがありアソートの発注になるので、客注の場合は確認し注文するようにします。

以上の流れで補充発注をするとチャンスロスや在庫オーバーにならないで売上アップが可能です。参考にしてください。

●単品管理・発注管理が売上アップの基本

nikoshibaでは、シニア、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。

その他、時折、小売店の販売、仕入れ手法、販売教育、店作りなどをご説明しますので、ご笑覧賜れば幸いです。



記念日や接待に最適な厳選レストランが最大53%OFF!24時間オンライン予約可能!

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

今回のコロナ禍で、医療従事者と関連の方々のご苦労に頭が下がります。感謝をしたいです。皆様も感染対策をなさって大変な生活だと思います。これ以上、感染が拡大しないことを祈っています。

そして、経済は大変な状況ですが、中小企業、個人企業の方々のヒントになり、業績が回復され、スマイルライフになれますようにお祈り致します。



事業のご案内 nikoshiba(ニコシバ)

現在は、専門店チェーンを45年間にわたり経営をしていた実績を生かして、小売業コンサルとして、開業支援や、小売店のノウハウ、システム運営他、M&A事業承継などのご相談を賜っています。

当時開発した販売POS&受発注のシステム(ぺーパーレスでの受発注システム)、ABSCアプリなどもご案内できますし、経験からホームページの作成なども専門店ならではのアドバイスや、SEさんなどのご紹介もいたします。

その他、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。ご笑覧賜れば幸いです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 74351b3c63d7966fac9acad9ad6fbc94-1024x384.jpg

開業支援、専門店効率化

◉専門店の運営のお手伝い

初めての小売店、専門店運営をお考えの方に親切にアドバイスをいたします。

詳しくは  専門店マニュアル

◉専門店を開業したい方ショッピングセンターへお店を出したい方

店舗開発から、店舗内装のご相談、仕入れ先開発など、開業支援のコンサル・POS販売管理・ペーパーレスでの受発注システムなどのご案内を致します。

詳しくは  ショップ販売戦略

◉テレワークでのシステム化、ペーパーレスで大幅な削減をしたい方

 詳しくは 販売POS&受発注アプリ ABCSアプリ(アプリケーション・ビジネス・コントロール・システム)

ホームページ作成・AI、顧客管理アプリなどの制作もご相談ください。

事業承継、M&A

◉経営上のお悩み相談、事業承継、M&Aなどのご相談も賜ります。

経営者の皆様の立場での悩み相談、事業承継などお気軽にご相談ください。

経営難の会社さんの社長に寄り添っての、お悩み相談、アドバイス等、失敗の経験からのお手伝いをしています。事業承継や、M&Aのご紹介も㊙️で可能です。お気軽にご相談くださいませ。

どうしても、ご継続を断念なさる場合も、ひょっとして継続を模索できるのではの可能性も含めて、経験からのご相談、アドバイスを賜ります。

nikoshibaブログ に戻る


●お気軽にお問い合わせください。2〜3日中にご連絡をさせていただきます。
お問い合わせは無料です。

ABCSアプリ、小売店、その他のご質問などは、このHPの「お問い合わせ」からお願いします。

-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ショップ売上が決まるのは仕入と補充発注が重要なんです

こんにちはnikoshibaです。 2月8日の経済ニュースで日経平均株価が30年6ヶ月ぶりに29000円を越えたとかで話題になっていましたが、、小売業、飲食業、旅行関連とかの環境は厳しいですよね。 な …

コロナ禍自粛での健康不安・不調の方の為のQ&A

こんにちはnikoshibaです。 コロナ禍での自粛生活でのストレス、経済的打撃から生じうるうつ病や自殺の増加、家族での長時間での生活で暴力や虐待の増加、休校によって生じる学業の遅れやネット依存の問題 …

接客販売では接客手法に意味があるんです

こんにちはnikoshibaです。 新型コロナ感染者数が世界で8000万人越えとか、日本も最近では感染者数が過去最高を更新したとかの発表があり、厳しい状況が続いていますね。感染者数が減るのを祈りたいで …

小売店が変わる!コロナ禍後に大きく変わる小売店、専門店も

こんにちはnikoshibaです。 以前WBSの景気ウォッチャーで、アメリカ、中国での木材の値上げで輸入価格が上がりインフレが進むが、不動産は悲観するほどは悪くない。小売消費のマグマが溜まり消費は良く …

売れるショップはこのチェックがなされているんです

こんにちはnikoshibaです。 今回のコロナ禍で、医療従事者と関連の方々のご苦労に頭が下がります。感謝をしたいです。 そして、皆様も感染対策をなさって大変な生活だと思います。これ以上、感染が拡大し …

amazonアソシエイト

じゃらん