nikoshiba(ニコシバ)

シニア、高齢者の方々へスマイルライフな情報を発信しています。「SNS.スマホ.PC」「健康.カラオケ」「観に旅」のこと、そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業の発展のためにノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

60歳からのブログ nikoshibaブログ スマイルライフ

LINEで年賀状、高齢者でも簡単にスマホで送れるんです

投稿日:

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。

年賀状は出されましたか?もし、まだの方はLINEの年賀状で日ごろご無沙汰の方に元気な声(実際に声でも)をお届けしましょう。お正月から笑顔が満載かも(笑)

LINEで年賀状、高齢者でも簡単にスマホで送れるんです

年賀状がスマホで送れる?まだまだ高齢者の方はLINEは怖いとか思われている方々が多く使用されていないみたいですね。何も怖くはないので便利な機能にはトライしてみましょう。ここではLINEを利用した年賀状の作成方法をご案内します。

LINEの新サービス「スマートねんが」で年賀状の作成をし年賀状を送付できるサービスが開始されました。はがき・住所不要のデジタル完結型の年賀状サービスです。

◉「スマートねんが」ではLINEの「スマートねんが」作成した年賀状を1月1日から順次LINEで送付してくれるんです。

◉LINE「スマートねんが」で作成した年賀状を日本郵便ではプリントアウトして実際に配送もできるんです。

「スマートねんが」とは

下記の画像での説明になりますが、大まかには「スマートねんが」でデザインを購入し、お友達に送付するという形になりますが、どうしても実際に年賀状を送りたい方の為に印刷からプリントアウトまでしてくれるサービスみたいです。

LINEの公式アカウントから検索
パックを選び購入200円から
写真や画像からカスタマイズ
年賀状を実配送したい場合
印刷から配送まで日本郵便が代行

このような概要になりますので、とりあえずはこんな感じなんだとご理解なさったら良いと思います。

LINEを使った日本郵便の「スマートねんが」

「スマートねんが」とは、どんなふうに使うのか。登録はどのようにするのかなどをご説明しましたが、ここでは実際の作成手順をご説明したいと思います。

こちらで「スマートねんが」使用にあたってと、「スマートねんが」の登録方法をご説明してますので、まずはご覧になってください。

「スマートねんが」は、日本郵便でのLINEの新サービス「スマートねんが」です。年賀状の作成をし年賀状を送付できるサービスが開始されました。はがき・住所不要のデジタル完結型の年賀状サービスです。

◉「スマートねんが」ではLINEの「スマートねんが」作成した年賀状を1月1日から順次LINEで送付してくれるんです。

◉LINE「スマートねんが」で作成した年賀状を日本郵便ではプリントアウトして実際に配送も

「スマートねんが」作成手順

1、LINEで検索「スマートねんが」を検索

2、この画面から実際に使ってみましょう。

申し訳ございませんがこちらはiPhoneの画面になりますが、分かりやすいように白黒反転していますのでご了承ください。Android携帯の方は参考になさってください。

今回は無料体験からご案内します。
こちらで使用したいデザインを選びます。
このデザインを選んでみました。

案内のようにテキストなどが作成できます。次へ進みます。
こちらで画像を選び、テキストなどで文言を作成、手書きや、音声の登録も可能です。
中央のカメラマークで画像を撮影してみました。
このように画像が入れ替わります。保存中の写真からも
この例ではご挨拶文章を入れていませんが前の画面でご挨拶文を入れます。
デザインしたらファイル名を付けておきます。
ここから先は実際に年賀状を印刷して届けたい方は入力が必要です。
実際の宛名住所を記入します。
実際に出したいかもと思われたら入力後保存します。

こちらの画面で内容確認
こちらは年賀状パック、どのくらいの画像が必要なのかで選びます。
5種、20種、30種のどれかを選んだら支払いになります。

スマートねんが」詳しくは

https://nenga.yu-bin.jp/smart-nenga/

年賀状の投函は別途価格になります。

※ 年賀状パックのアップグレードの価格は、すでにご購入いただいている年賀状パックとの差額分となります。

例)トライアルパックをご購入済みの方は、ベーシックパックを+¥100で購入できます。

※ 印刷の依頼には、1枚あたり230円(税込)の料金が必要です。

※ 年賀状パックの購入期限は2022年1月7日までとなります。

※ LINEでの年賀状の送付期限は、2022年2月4日までとなります。

※ 印刷・投かんの場合は、LINEグループを選択できません。

  • 「無料体験版」は年賀状パック未購入の方が対象です。
  • スマートねんがの編集機能を無料で体験いただけます。
  • 「無料体験版」では写真のみ挿入可能です。
    動画をご利用の方は、「年賀状パック」の購入が必要です。
  • 作成した年賀状を「送る」には、「年賀状パック」の購入が必要です。
  • 「無料体験版」で作成した年賀状を保存できるデザインは「5点」までとなります。6点目以降のデザインの保存を行う場合は、「年賀状パック」の購入が必要です。
  • 「無料体験版」で保存したデザインは、「年賀状パック」購入後も引き継がれます。
  • 「無料体験版」では印刷・投かんの依頼はご利用いただけません。

友だち追加して、つかってみる!

以上がLINE年賀状「スマートねんが」の作成手順はのご案内になります。このサイトは高齢者や初心者向けに作成しておりますので、どうぞご利用ください。分かりにくいと思われたらこのHPのnikoshiba「お問い合わせ」からお気軽にお問い合わせください。

スマホで年賀状?日本郵便がLINEで年賀状、高齢者も簡単に

LINEが分からない方、どのように使うのかはこちらで

来年3月をもって3Gが使えなくなるのでガラケーが廃止になりとかで、スマホが連絡手段の主流になりますが、スマホを使えるようになったらLINEは大変便利です。怖がってやらないという人もいらっしゃいますが下記項目をご覧になるとなるほどと思われると思います。

LINEは、通話の相手がLINEを使用していると通話などが無料になるサービスです。使わない手はないですよね

細かな内容はこちらでご説明しています。初心者さんや高齢者のためのご説明をしていますのでご覧になってください。必要かなぁと思う部分だけで良いので、、、あ、こんなことをしたいなぁと思われたら思い出して検索してみてください。nikoshibaブログ のスマイルライフ から、いつでもご覧になれます。

事業のご案内 nikoshiba(ニコシバ)

現在は、専門店チェーンを45年間、長年にわたり経営をしていた実績を生かして、小売業コンサルとして、開業支援や、小売店の運営などのご相談を賜っています。

当時開発した販売POS&受発注のシステム(ぺーパーレスでの受発注システム)、ABSCアプリなどもご案内できますし、経験からホームページの作成なども専門店ならではのアドバイスや、SEさんなどのご紹介もいたします。

その他、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。ご笑覧賜れば幸いです。

開業支援、専門店効率化

◉専門店の運営のお手伝い

初めての小売店、専門店運営をお考えの方に親切にアドバイスをいたします。

詳しくは  専門店マニュアル

◉専門店を開業したい方ショッピングセンターへお店を出したい方

店舗開発から、店舗内装のご相談、仕入れ先開発など、開業支援のコンサル・POS販売管理・ペーパーレスでの受発注システムなどのご案内を致します。

詳しくは  ショップ販売戦略

◉テレワークでのシステム化、ペーパーレスで大幅な削減をしたい方

 詳しくは 販売POS&受発注アプリ ABCSアプリ(アプリケーション・ビジネス・コントロール・システム)

ホームページ作成・AI、顧客管理アプリなどの制作もご相談ください。

事業承継、M&A

◉経営上のお悩み相談、事業承継、M&Aなどのご相談も賜ります。

経営者の皆様の立場での悩み相談、事業承継などお気軽にご相談ください。

経営難の会社さんの社長に寄り添っての、お悩み相談、アドバイス等、失敗の経験からのお手伝いをしています。事業承継や、M&Aのご紹介も㊙️で可能です。お気軽にご相談くださいませ。

どうしても、ご継続を断念なさる場合も、ひょっとして継続を模索できるのではの可能性も含めて、経験からのご相談、アドバイスを賜ります。

nikoshibaブログ に戻る

お気軽にお問い合わせください。
2〜3日中にご連絡をさせていただきます。
お問い合わせは無料です。

ABCSアプリ、小売店、その他のご質問などは、このHPの「お問い合わせ」からお願いします。


-60歳からのブログ, nikoshibaブログ, スマイルライフ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

誰も見ないブログ

こんにちはnikoshiba です。ブログを書いても、誰も見てくれないとつまらないですよねなので、どのようにしたら見て頂けるかを勉強して見ました。 SNS拡散手法ブログをSNSで拡散するには、Twit …

嬉しいニュース杉原記念館の存続

こんにちはnikoshibaです。 リトアニアの杉原千畝記念館が、コロナで入館料が減り、存続の危機に、、、旅行会社が呼びかけ寄付を募ったところ、寄付が集まり、存続が決まった。とのニュース。存続危機の「 …

【商品戦略(MD)】コロナ禍で小売店、専門店はどのようにすれば生き残るのか?

こんにちはnikoshibaです。雑貨、ファッションの専門店チェーンを経営していた経験があり、コロナ禍で大きく売り上げが減少し、小売業、卸業の方々がご苦労なさっているのがよく理解できます。小売業の実態 …

紅葉の南禅寺近くに不思議な川を発見。そこにはレールが「観に旅」

こんにちはnikoshibaです。 京都の東側にあたる蹴上という地域がありますが、そこに鉄道跡が道路下にあります。紅葉の季節の今、京都国際交流センターから下に見える川?みたいなところです。そこでは観光 …

アナログレコード、昭和レトロの人気が再燃。中古レコードが高価買取とか?

こんにちはnikoshibaです。 近年、昭和レトロが再燃し大人気だとか、その影響なのか、中古レコードがコロナ禍でおうち時間をゆったり過ごしたい方、特に若者の間でレコードプレーヤを買う人が増えていると …

amazonアソシエイト

じゃらん