nikoshiba

シニア、高齢者の方々へ「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他、暮らしお役立ち情報を発信しています。そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業のノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ スマイルライフ 売れる専門店構築

ラッキーカラーとインテリアで運気を上げる「幸せを呼びこむインテリア」に

投稿日:2022年3月7日 更新日:

こんにちはnikohisba(ニコシバ)です。

いよいよ例年の如く3月から引っ越しのシーズンがやって来ましたね。国土交通省でも、3月と4月には引っ越し件数が急増します。最も少ない1月に比べると2倍以上の件数で、引っ越し業界は大忙しになるため、それを回避してほしいということを言っておられるようです。

ラッキーカラーとインテリアで運気を上げる「幸せを呼びこむインテリア」

マンションや家選びがやっと終わり、引っ越し、生活する上でのインテリアをどのようにするか迷いますね。その際にこの「幸せを呼びこむインテリア」を参考にしていただければ幸いです。インテリアや家相に少し注意をすることで、生活する上での幸せを持てるかも知れません。

引っ越しシーズン到来で、4月には入学、進学、就職、転勤などが集中しますから、人の移動が活発になり、引っ越しニーズが高まります。特に、東京への人の移動などがこの時期に加速されますよね。

コロナ禍なので、少しは軽減されるかも知れませんが、知り合いでも引っ越しをお考えの方が多くみられます。そんな方々は必見です。

「幸せを呼びこむインテリア」

前回のnikoshibaマンション選びを間違うと恐ろしいことに!「幸せを呼ぶマンションの選び方と家相」でご覧いただいた方も引き続き、「幸せを呼びこむインテリア」を勉強してみませんか?

引っ越ししてのマンション選び、家選びは選びはそうそうあるものではありませんね。インテリアはある意味変更が可能です。引っ越し後に、ちょっとした工夫で幸せな空間を築くためにはどのようにすれば良いかを勉強してみましょう。

下記は、私自身がインテリアでの色彩心理で勉強したことと、宜保愛子さんのお話からの提案になります。

ラッキーカラーについて

人それぞれに顔形や性格が違うように好みも違いますよね。同じ色を見ても、ある人は綺麗と思うし、ある人はなんで?と思う場合が多々ありますよね。人の心はさまざまなので、だからこそ、その人が感じる心を大切にしなければなりません。

なので、人それぞれに運を高めるラッキーカラーがあると考えられているそうです。心療内科でもカラーセラピーなどに利用されているそうです。

いつも不安を抱えていたり、寂しかったり、悲しんでいる心には良くない運が入り込むので、常にポジティブに思い直す気持ちが必要です。そんな時にラッキーカラーを身につけることで心が落ち着くと言われています。

インテリアでのカラーの考え方

ここで「インテリア」ですが、いくら落ち着くからと、好きな色を、多くの面積を取るカーテンや、床、天井などに使わないことです。小物のクッションや、スリッパなどで好きなラッキーカラー色を使うように心がけましょう。

全体のインテリアですが、ずっと暮らしていくのですから、ナチュラルな雰囲気が好き、クラッシックな雰囲気がとか、ソフトな雰囲気、シンプルな空間が好きとかで、ご自身が好きな空間にすることを考えてインテリアしましょう。

全体に色々な色を使うのは自身の心理上での疲れが癒やされず。家に帰るのが億劫になるとかの現象があるようです。やはり、日本人には昔ながらの和の落ち着く空間を好きなのが遺伝しているのでしょうか、落ち着きのある空間が好きなようですね。

なので、私がインテリアをお勧めする場合には、壁、家具、床、カーテンなど多くの色をとる空間には同系色、同じカラートーンでお勧めしています。

同系色で、重厚感を出したい場合には下の方で濃い色を使い、逆に軽い感じにする場合には下の方で薄い色を使う工夫をすると良いと思います。

カーテン

床や天井は広い面積をとりますが、賃貸の場合には変更ができませんよね。そんな場合にはカーテンが一番重要な役割をします。

例えば、風通しの悪い部屋の場合には注意が必要です。重たい色のカーテンを吊るすことで、気持ちも落ち込んでしまいます。そして、刺激の強い色を使うと気持ちはハイになりますが、落ち着かず疲労が溜まります。

値段が安い高いではなくて、その部屋ごとに変えているお家が多いと思いますが、部屋ごとに全体の雰囲気を考えてというか、前述のアドバイスによる好きな色を使うのは小物にして、インテリアとしてご自身がどのような雰囲気が好きかによると思います。

そして、注意したいのはお子様の部屋と、シルバー、高齢者の寝室です。

子供部屋の場合には性格に左右される要素があります。カーテン(特に大きな窓)で刺激が強い色を使うと、気分が常に高揚し、落ち着きがない子供になり勉強も手付かずになります。あなたのお子様がもし、落ち着きがないなら、刺激が強い色彩のカーテンでないか?ごちゃごちゃしたオモチャが多くな片付けてないのではと考えてみてください。

シルバー、高齢者の場合には面を広く取るカーテンなので注意が必要です。一般的には冷え性な方が多いので温かみのある色が必要です。暖色のカーテンを選んであげましょう。

しかし、色彩心理的には暖色なのですが、窓が広く、面を多く取るカーテンの場合には注意が必要です。暖色系と言っても赤色は注意が必要です。疲れが取れにくくなるので赤色を使う場合には小物で置いてあげましょう。

通常は寝室は疲れを癒す場所なので、落ち着かない刺激の強い赤や、ピンク、オレンジはやめて、柔らかい色が良いかも知れません。そして、黒やグレーは落ち着きますが、気分を落ち込ませる作用があるので考えものです。

◉家具

家具も置いたら中々交換ができにくいものです。最近は捨てるにしてもお金が必要になってきましたよね。なので、上記を参考にしてインテリアを考えて、全体の雰囲気を考えて長く使える飽きない家具を購入しましょう。

大きさによっても、かなりインテリア空間が変わってきます。高さや、広さ、奥行きなどで圧迫感が出てはせっかくの家具が台無しです。そのためには、先に部屋の寸法を測り、自分で大きさが良いか、どれくらいの空間ができるかなどのイメージをして購入しましょう。

最近では、パソコンでコーディネートをしてくれるお店もあるようなので、是非、聞いてみたらいかがでしょうか?

家具の不統一感は落ち着きを失わせます。家具の色や形状もよく考えて、家具そのものを見るのではなく、インテリア的に全体の中での家具がどういう雰囲気になるのか、ご自身のイメージに合うのかを考えて選ぶことです。

絵額

絵額は自分の好みに合わせて選ぶのが基本ですが、嫌な気分をするものとかはご法度です。観ていて気分が良いものを選びましょう。

絵額での運気アップにはお勧めは実りのある柿、りんご、葡萄などの果実が良いとのこと、但し、ほおずきは個性が強く人嫌いなので避けるべきとか、そう言えば鬼灯(ほおずき)と書きますものね。

あとは、朝日の絵や、山が連なっている絵は運気がアップするとのこと、こちらも夕暮れの絵や写真は仕事運が下降するみたいなので気を付けたいですね。

◉鏡

鏡はもう一つの世界の入り口と言うらしく、飾る場合には注意が必要です。鏡を玄関に置くのは正解で、壁につけると広く感じるので運気が増すようです。

自分の身支度を整えるだけではなく、鏡に映った自分に対して、今日も「元気で頑張るぞ」など。一人暮らしの場合にはより必要なのです。

寝室では大きな鏡(全身が映るような)は注意が必要です。もう一つの世界に寝ているうちに幽体離脱して行ってしまうかも知れないみたいですよ(笑)。

病人や寝たきりの老人の部屋には鏡は置かないが良いみたいです。体力が低下しているのに自身の姿を見たら余計に気が滅入りますよね。

観葉植物

生活の中に上手に使うことで安らぎをもたらす観葉植物、自然を取り込み安らぎ空間を作るのには最適ですよね。豊かに植物の生命が育って行くことで、人にも良い作用をしてくれ、心も豊かになります。

しかし、それも程度の問題で、多すぎたりすると、植物のパワーが強すぎて、人間のエネルギーを逆に吸ってしまうことになるので部屋の角で飾るようにしましょう。



寝室に置くのは考えものみたいです。特に太陽が当たらない人の出入りのない寝室に置くと、人間より気をもたう結果になり、疲れが取れない結果になるそうです。観葉植物は日光を好みますから明るい場所で育てたいですよね。

私も面倒で鉢の入れ替えを怠るのですが、大きく育った観葉植物は都度、鉢を入れ替えてあげるようにしないとダメですよね。

では、上記を参考になさって、今日も運気を上げて、Happy Smileな、毎日を過ごしましょう。

参考までに、カーテンのことや、店舗内装のことがマンションでのインテリアのヒントになるかも



本棚を整理していたら、宜保愛子さんの一冊の本が出てきました。「幸せを呼ぶ家相、インテリア」という本ですが、私は数十年前にインテリアの仕事をしていた関係で「家相」の勉強をした一冊です。この本を再度読み返しての解説になります。

 

今回は『幸せを呼びこむインテリア』についてでしたが、前回は「幸せを呼ぶマンションの選び方と家相」

マンション選びを間違うと恐ろしいことに!「幸せを呼ぶマンションの選び方と家相」についてを掲載いたしましたが、マンション購入なのでお役にたてれば光栄です。

宜保愛子さんについて

2003年に亡くなられていますが、「YouTubeなどでは今でも人気の宜保愛子さん、東洋経済オンラインによりましと、多くの人から愛された霊能者は宜保さんがおそらく最初で最後だと思います。中でも印象的だったのは、霊視の際の落ち着いたたたずまいでした。

本当のところはわかりませんが、本人とごく近しい人間しか知り得ない身の回りの情報を淡々と言い当てるその姿には妙な説得力と安心感があり、彼女の語り口にはともすると“癒し”の効果すらあったと言えるかもしれません。

しかし現代はコンプライアンスが厳しくなり、番組制作において情報ひとつ提示するにもすぐに科学的根拠を要求されるため、もはや心霊番組は成立しないとさえ言われています。だからこそ、宜保さんは古き良きテレビの記憶として、人々の心の中にこれから先も生き続けるのではないでしょうか」

高度経済成長、そしてバブルに浮かれた我々に対する“戒め”のような存在としてこの世に現れ、そして静かに去っていった宜保愛子さん。

と東洋経済オンライン 抜粋 https://toyokeizai.net/articles/-/280221?page=2 にあります。

今回のコロナ禍で、医療従事者と関連の方々のご苦労に頭が下がります。感謝をしたいです。皆様も感染対策をなさって大変な生活だと思います。これ以上、感染が拡大しないことを祈っています。

そして、経済は大変な状況ですが、中小企業、個人企業の方々のヒントになり、業績が回復され、スマイルライフになれますようにお祈り致します。

事業のご案内 nikoshiba(ニコシバ)

現在は、専門店チェーンを45年間にわたり経営をしていた実績を生かして、小売業コンサルとして、開業支援や、小売店のノウハウ、システム運営他、M&A事業承継などのご相談を賜っています。

当時開発した販売POS&受発注のシステム(ぺーパーレスでの受発注システム)、ABSCアプリなどもご案内できますし、経験からホームページの作成なども専門店ならではのアドバイスや、SEさんなどのご紹介もいたします。

その他、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。ご笑覧賜れば幸いです。

開業支援、専門店効率化

◉専門店の運営のお手伝い

初めての小売店、専門店運営をお考えの方に親切にアドバイスをいたします。

詳しくは  専門店マニュアル

◉専門店を開業したい方ショッピングセンターへお店を出したい方

店舗開発から、店舗内装のご相談、仕入れ先開発など、開業支援のコンサル・POS販売管理・ペーパーレスでの受発注システムなどのご案内を致します。

詳しくは  ショップ販売戦略

◉テレワークでのシステム化、ペーパーレスで大幅な削減をしたい方

 詳しくは 販売POS&受発注アプリ ABCSアプリ(アプリケーション・ビジネス・コントロール・システム)

ホームページ作成・AI、顧客管理アプリなどの制作もご相談ください。

事業承継、M&A

◉経営上のお悩み相談、事業承継、M&Aなどのご相談も賜ります。

経営者の皆様の立場での悩み相談、事業承継などお気軽にご相談ください。

経営難の会社さんの社長に寄り添っての、お悩み相談、アドバイス等、失敗の経験からのお手伝いをしています。事業承継や、M&Aのご紹介も㊙️で可能です。お気軽にご相談くださいませ。

どうしても、ご継続を断念なさる場合も、ひょっとして継続を模索できるのではの可能性も含めて、経験からのご相談、アドバイスを賜ります。

nikoshibaブログ に戻る

お気軽にお問い合わせください。
2〜3日中にご連絡をさせていただきます。
お問い合わせは無料です。

ABCSアプリ、小売店、その他のご質問などは、このHPの「お問い合わせ」からお願いします。

-nikoshibaブログ, スマイルライフ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

あり得ないサービス馬見丘陵公園

こんにちはnikoshiba です。今日は年にニ、三回は訪れたい馬見丘陵公園のご紹介です。絶対にスマイルになれること間違いなしです。 少し時期的に早い場所もありましたが、沢山の花々が綺麗でしたよ。 そ …

アプリで出来るんです。お店のシステム化(全体像)

こんにちはnikoshibaです。 システムのお話をしなければなりませんが、長くなりますので時折はスマイルライフになれるにはのテーマーを入れさせてください。 コロナ禍での外出自粛での購買の落ち込み、購 …

お金をちょうだい?美川憲一さんのシングルが当時歌唱禁止に

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 歌詞とタイトルが話題となった「お金をちょうだい」ですが美川憲一さんの1966年発売の代表曲です。発売当時NHKでは歌唱禁止とされるも、2017年にNHK …

起業したい人のお役立ち情報、コロナ禍後に成功に向けての起業は?

こんにちはnikoshibaです。 事業を失敗した私だから話せることがあると思います。45年間事業を続けてきた私だからお話できることがあります。その経験からのアドバイスになりますが、起業することは日本 …

ビジネスアイデア集(コンビニカラオケでテレワーク)

こんにちはnikoshibaです。 コロナ禍の中、中小零細企業の方は大変なご苦労だと思います。今後を考えると経営者の方々は孤独な環境に耐え、何とかしなければとの思いに毎晩眠れない日々をお過ごしの事と思 …

初心者投資レッスン

コロバンタンパク