nikoshiba

シニア、高齢者の方々へ「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他、暮らしお役立ち情報を発信しています。そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業のノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ スマイルライフ

マイナポイント取得できましたか?お困りの方へ簡単な取得方法

投稿日:2022年2月23日 更新日:

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。

マイナポイントの予約はお済みになりましたか?ポイントは取得できましたか?シルバー、高齢者の方にとっては難しいですよね。この前も頼まれて取得したげたのですが、とても自分では無理だと言われていました。

マイナポイント取得できましたか?ポイント取得できずお困りの方へ簡単な取得方法

マイナポイント取得できずに困っておられる方、よろしければ参考になさってください。まずはマイナンバーカードを取得する必要がありますがお持ちでしょうか?お持ちでなければこちらのサイトをご確認ください。

マイナンバーカードの申請方法とマイナポイントの利用法

マイナポイント簡単取得方法

手順

1、マイナンバーカードを取得

2、マイナポイント予約

3、マイナポイント取得

このような手順になります。なぜ、予約が必要なのかは理解しかねますね。政府の管理の為なのかも知れませんが、利用者の利便性を考えないと、せっかくマイナンバーカードをポイントがもらえるから少しでも節約をしたいという方のためにならない気がします。

最悪、市役所に行くにも交通費はかかるし、市役所の方も大変な作業だと思います。その辺を考えると不思議ですがルールはルールなので仕方がないですね。

なので、ここではマイナポイント取得を、どのようにすれば簡単なのかをご説明したいと思います。

マイナポイントの取得使用方法ですが、分かりにくいのか?はたまた理解不足か?最近になって第1弾、第2弾が理解できましたが、その間には第2弾予約があったんです。皆さんはご存知でしたか?

とにかく、ブログ記事を書いていて、あちこちの情報でやっと理解ができたのですが、少し見ただけでは理解がしにくいマイナンバーカードからのマイナポイントですが高齢者には難しすぎますよね。

下記のように理解されたら良いと思います。

第1弾2021年4月末締切分のポイントが12月末で終了

第2弾予約2021年10月からスタートだったと思います。

第2弾開始が2022年1月1日実施され下記①からになります。

これが現在のマイナンバーカードを取得すると20000ポイントが貰えるというキャッチフレーズなのですが、実は現在は5000ポイントの取得だけなのです。

①今はマイナンバーカード発行の5000ポイントだけなのです。

②社会保険、国民保険を紐づけることで7500ポイント(6月予定)

③金融機関口座との紐付けで7500ポイント(未定)

と合計が20000ポイントなんです。勘違いしますよね。そして、②③はまだ確定ではなくて②は6月ごろの予定なんです。

このような運びなんですが、国会での予算成立後に正式実施の運びとなるため、色々と不明な部分はありますね。あくまで②③は6月から受付がスタートする予定ですが、まだ正式ではないみたいです。

マイナポイント簡単取得の方法

これは、広報の手順通りにすると難しくて、途中で投げ出したくなります。なので、こちらを確認してください。スマホやパソコンをお持ちでない場合には、交通費と手間がかかりますが、市役所へ行かれたが無難だと思います。

スマホがあれば10分もあればポイント取得ができます。が、残念ながらパソコンではスキャナが必要です。

ここではスマホでの手順になります。

1、マイナポイント予約をします。

2、マイナポイント取得可能かの確認をします。

自分でお持ちのPayPayなどのキャッシュレスやクレジットカードで確認します。複数お持ちの方は、自分が一番よく利用するキャッシュレスやクレジットカードの決済サイト(スマホで決済されている方はマイナポイントマーク、下のウサギさんがあります。)からマイナポイントを取得をされると良いです。

3、マイナポイント取得

ご自分のキャッシュレスやクレジットカードのスマホサイトから取得可能です。下記はPayPayからの例です。

お持ちのスマートフォンで登録する

PayPayアプリからマイナポイントの登録を開始します。

事前にマイナポイントアプリのインストールを行い、PayPayアプリから以下の手順で登録を開始してください。

  1. ホーム画面の[マイナポイント]を選択します
  2. 登録の流れを確認し[PayPayアプリから申し込む]を選択します
  3. [申込みをはじめる]を選択します
  4. 利用方法を決めて[上記に同意して登録する]を選択します申込み完了後の利用方法の変更はできません
  5. [マイナポイントアプリを開く]を選択しマイナポイントアプリに移動しますマイナポイントアプリが無い場合は一旦ここでインストールを行いますが、その後はPayPayアプリを起動して手順①から登録を再開してください
  6. [マイナンバーカードで認証]を選択します※ Android端末の場合、一部操作画面が異なります
  7. マイナンバーカードの上にスマートフォンを載せて[読み取り開始]を選択します画面の指示通りにまっすぐに載せてくださいスマホケースを付けている場合は読み取りにくい場合があります
  8. マイナンバーカード受け取りの時に設定した4桁のパスワードを入力します入力時もカードにスマートフォンを載せたまま動かさないようにしてくださいパスワードを3回連続で間違えると市区町村窓口で再設定が必要となります
  9. そのまま動かさずに読み取り完了を待ちます
  10. マイナンバーカードの読み取りが完了しました
  11. 利用規約を確認し[同意・申込する]を選択します
  12. 申込みが完了しました
  13. 再度PayPayアプリを起動し、ホーム画面の[マイナポイント]から申込み状況が確認できます

PayPayサイトhttps://paypay.ne.jp/guide/myna-point/

このような手順になります。他のキャッシュレスサイトも同様なようなので、このような手順でなされたら良いです。

あくまで、こちらでは簡単な取得方法を提示しています。他にも、コンビニなどでもできるので、下記の政府サイトからご確認ください。

※マイナーポイント予約が必要ですので予約できていない方はこちらからどうぞ

マイナポイント予約の手順

1、マイナポイント予約は、この下記サイトから取得なさってください。

詳しくは〜2022年1月1日からマイナポイント第2弾を実施しています〜 総務省よりhttps://mynumbercard.point.soumu.go.jp/flow/mykey-get/

マイナポイント具体的な内訳

1.カード新規発行者に対してポイントを最大で最大5,000円相当分付与
2.健康保険証としての利用登録を行なうと7,500円相当のポイント
3.公金受取口座の登録を行なうと7,500円相当のポイント

1、は国会での予算成立後に正式実施の運びとなるため、色々と不明な部分はありますが、1.については2022年1月1日から受付がスタート。

あくまで“新規取得”した人が対象ですが、旧マイナポイントの未申し込み者は対象に含まれます。電子マネーやクレジットカードの利用額に対して25%還元(上限5,000円)するという方式が、そのまま踏襲されるとみられます。

しかし、25%還元では国民の利用者は8万円の買い物を強いられることになり、弱者は、「そこまで買い物はできない」と言われています。

この利用範囲を公的費用などの支払いとかに回すなどしないと、本当に困っている方々は期間にもよりますが使いきれないし、電子マネーやクレジットカードの利用も弱者は持っていない場合も多いと思います。

マイナンバーカードは弱者救済ではないので仕方ないと思われているのでしょうが、国民の税金でやる以上は電子マネーやクレジットカードの利用額に対して25%還元だけでは不十分な気がします。

手続きも高齢者の方々には難しすぎます。説明や実施お手伝いの会場を設けられていますが、その費用を考えるともっと簡単にできないものでしょうか?

2、は前述の健康保険証利用登録に対するインセンティブで、今回第2弾からの実施。すでに登録を済ませている人にも遡って適用されますが、ポイントの付与時期などは今のところ不明です。

3、は「公金受取口座登録制度」に対するインセンティブで、2.と同じく今回からの適用です。個人の銀行口座を登録しておくことで、年金や児童手当、あるいは緊急時の給付金の振込に対する確認事務を軽減する狙いがあるとされます。

マイナポイント利用のイメージ

マイナポイント申込でお好きな決済サービスをお選びください
  • マイナポイント申込の前にマイナポイントの予約を行ってください。詳しくはこちら

  • チャージorお買い物※でポイントをGET!ご利用金額の25%分のポイント(上限5,000円分)がもらえます。
チャージorお買い物※でポイントをGET!
  • マイナポイント申込で選択した決済サービスでのチャージorお買い物がポイントの付与対象です。ポイント付与のタイミングは、選択された決済サービスによって異なります。
  • ポイントを利用してお買い物いつものお店でお買い物にご利用いただけます。
ポイントを利用してお買い物

そもそもマイナンバーカードとは、「マイナンバー」を券面として確認するためのプラスチック製カードです。「マイナンバー」は日本で住民票を有する人全て(外国人を含む)に発行される識別番号(数字12桁)で、社会保障・税・災害対策の3分野に限って利用できることが法律で規定されています。

使い方によっては、個人の収支を丸裸にできそうですが、少なくとも現状ではそうした行為が厳しく制限されています。

一方でマイナンバーカードは、マイナンバー確認以外の用途にも使えるよう設計されています。身分証明書機能はその最たるもの。表面には顔写真・名前・住所・生年月日が記載されているので、例えばスマートフォン購入時の本人確認書類としても使えます。

マイナンバーカードの機能をまとめると、以下のような感じになります。

・身分証明書として使える(役所の窓口・民間ショップを問わず)
・コンビニのコピー機で住民票などを取得できる
・確定申告をはじめとしたの行政手続きのオンライン申請に必須

この3つが、マイナンバーカードの3大機能といってよいでしょう。どれも地味に見えるかもしれませんが、ユーザー体験としては意外なほど優れています。

例えば住民票のコンビニ交付サービスは、コピー機を操作するとすぐ住民票(の写し)が出てくる(後から郵送される訳ではなく、すぐ持って帰れる)ので、結構驚くはず。また自治体によっては窓口取得と比べて手数料が値引きになるケースもあります。

またマイナンバーカードにはICチップが内蔵されています。これをスマートフォンのICカードリーダーなどにかざすことで、オンラインでの本人確認に使えたりします。

マイナンバーカードで便利になるもの一覧

さて、マイナンバーカードの取得は個人の任意です。義務ではないので「運転免許証があるからマイナンバーカードは要らないよ」という方は無理せず、そのまま模様眺めでよいでしょう。

ただし、政府は“アメ”も用意しています。マイナポイントのような直裁的かつ生々しいものもあれば、マイナンバーカードそのものの使い勝手を上げることにも懸命です。カード取得すると具体的にどんなメリットがあるのか? 順に見ていきましょう。

健康保険証代わりになる「マイナ受付」

直近1~2年における、マイナンバーカードの機能的進化を代表するものといったらコレ。

専用端末が設置された医療機関において、マイナンバーカードを健康保険証代わりに使えるようになる制度が昨年10月から本格スタートしました。当初は3月からの予定だったのですが、データなどに不備があったため半年遅れました。

制度がスタートしてまもないため、全国津々浦々の医療機関全てで利用できる訳ではありません。現時点では、極めてごく一部での対応と考えておいたほうが良いでしょう。とはいえ対応医療機関は厚生労働省のウェブサイトでPDF形式のリストが公開されていますし、他にも外部の民間の地域情報サイトでも調べられます。

また対応機関の入り口等に「マイナ受付」のロゴステッカーが表示されます。あまり目立ちませんが、この「マイナ受付」が保険証利用のブランドネームとなっていくのでしょう。

利用にあたっては初回に1度だけ、マイナンバーカード関連手続きのオンライン窓口である「マイナポータル」にて、登録を済ませておきます。手続き自体は比較的新しいスマートフォンが1台あればOK。またセブン銀行のATMからも手続きできますので、シニア層の方でも大丈夫です。なお病院を変えるたびに手続きし直す必要はありません。

医療機関に設置される端末には顔認証機能が備わっています。所定の位置にカードをセットして顔をカメラに写して認証しますが、4桁の暗証番号入力でも代替できます。この点、紙の保険証と比べてなりすまし対策(他人の保険証を使って、他人の名で受診する)にも強そうです。

impress Watch さん参照 https://www.watch.impress.co.jp/docs/topic/1374602.html

今回のコロナ禍で、医療従事者と関連の方々のご苦労に頭が下がります。感謝をしたいです。皆様も感染対策をなさって大変な生活だと思います。これ以上、感染が拡大しないことを祈っています。

そして、経済は大変な状況ですが、中小企業、個人企業の方々のヒントになり、業績が回復され、スマイルライフになれますようにお祈り致します。

事業のご案内 nikoshiba(ニコシバ)

現在は、専門店チェーンを45年間にわたり経営をしていた実績を生かして、小売業コンサルとして、開業支援や、小売店のノウハウ、システム運営他、M&A事業承継などのご相談を賜っています。

当時開発した販売POS&受発注のシステム(ぺーパーレスでの受発注システム)、ABSCアプリなどもご案内できますし、経験からホームページの作成なども専門店ならではのアドバイスや、SEさんなどのご紹介もいたします。

その他、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。ご笑覧賜れば幸いです。

開業支援、専門店効率化

◉専門店の運営のお手伝い

初めての小売店、専門店運営をお考えの方に親切にアドバイスをいたします。

詳しくは  専門店マニュアル

◉専門店を開業したい方ショッピングセンターへお店を出したい方

店舗開発から、店舗内装のご相談、仕入れ先開発など、開業支援のコンサル・POS販売管理・ペーパーレスでの受発注システムなどのご案内を致します。

詳しくは  ショップ販売戦略

◉テレワークでのシステム化、ペーパーレスで大幅な削減をしたい方

 詳しくは 販売POS&受発注アプリ ABCSアプリ(アプリケーション・ビジネス・コントロール・システム)

ホームページ作成・AI、顧客管理アプリなどの制作もご相談ください。

事業承継、M&A

◉経営上のお悩み相談、事業承継、M&Aなどのご相談も賜ります。

経営者の皆様の立場での悩み相談、事業承継などお気軽にご相談ください。

経営難の会社さんの社長に寄り添っての、お悩み相談、アドバイス等、失敗の経験からのお手伝いをしています。事業承継や、M&Aのご紹介も㊙️で可能です。お気軽にご相談くださいませ。

どうしても、ご継続を断念なさる場合も、ひょっとして継続を模索できるのではの可能性も含めて、経験からのご相談、アドバイスを賜ります。

nikoshibaブログ に戻る

お気軽にお問い合わせください。
2〜3日中にご連絡をさせていただきます。
お問い合わせは無料です。

ABCSアプリ、小売店、その他のご質問などは、このHPの「お問い合わせ」からお願いします。



-nikoshibaブログ, スマイルライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コロナ禍での過剰な除菌・消毒はやりすぎるとしっぺ返しが

こんにちはnikoshibaです。 コロナ禍の新習慣になったが…過剰な除菌・消毒は病気を招く。と日刊ゲンダイに記事があり、どういう事なのかと気になりますよね。 コロナ禍で、自己防衛や、他の方に、万一の …

ショップ感性とはなんだろう

こんにちはnikoshibaです。 今までの項でなぜ感性が必要なのかをご説明して来ましたが、実際にはショップ感性とはどのような事なんでしょう。 今こそ感性、機能性販売感性発想MDの必要性感性小売店の構 …

ビジネスアイデア集(天から芋)

こんにちはnikoshibaです。 コロナ禍の中、中小零細企業の方は大変なご苦労だと思います。今後を考えると経営者の方々は孤独な環境に耐え、何とかしなければとの思いに毎晩眠れない日々をお過ごしの事と思 …

小売業が面白い、今後は仮想空間でのビジネスで大きく変わる

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 今後の小売業と言うか、ビジネス全体が大きく変わります。この仮想空間、メタバースに気がつくか、つかないか、ビジネスにどう活かすかで将来が決まると言っても過 …

それでも生きろ ソラ!ペットを飼うのはこんな覚悟も必要なのです(愛犬ソラの闘病記)

愛犬ソラ17歳4ヶ月、現在は寝たきりでの闘病生活です。私たちはペットを飼い、日頃、癒されて、家族同様に暮らしていますが、ワンちゃん、ネコちゃん達は平均寿命が短く、早く年老いていきます。そんな愛犬ソラの …

初心者投資レッスン

コロバンタンパク