nikoshiba

「暮らしのお役立ち情報」「スマホ・PCなどの情報」「観光・カラオケ」「健康・美容」その他を、発信しています。そして、長年、小売業に従事していた経験からノウハウを開示中(詳しくは「HOME」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

これからの小売業、専門店の売上アップは、このように構築をすれば可能なのです(商品戦略)

投稿日:2021年7月9日 更新日:

今後の小売業を考えた場合コロナ禍後をどのように立ち上げるのか、が課題になりますね。小売業界はこの数年間、消費税増税や震災、暖冬などの影響によって業績がダウンし、不況業種の一つになっていますが、そんな中でどのように売上を上げるのか、ここでは商品戦略の大切さを見直してみましょう。

これからの小売業、専門店の売上アップは、このように構築をすれば可能なのです(商品戦略)

ここでは、専門店の商品戦略についてご説明したいと思いますが、近年の小売業の状態をまず理解し、その上でどのような商品戦略(MD)を立て、その計画をどのように推進するかのテーマーでご案内いたします。

小売業界での大きな問題として、コストや人件費の問題があります。削減していきたい分野といえますが、実践したことによるデメリットとして、サービス力の低下・品質の低下などがあり、企業のイメージに大きく起因する要素で妥協をしなくてはいけなくなくなります。難しい課題ですが、近年ではこれをクリアする案として、AIによるセルフ化などを検討されている企業もあります。

消費の変化にどのように対応するか

コロナ禍で多くの企業が変化対応を余儀なくされてますが、小売業界でも消費の変化にはいち早く対応していかなければなりません。需要、購買意欲は時代が変わればそれだけ消費者も変化していきます。特に今後はネット世代が本格的に消費を支える年代になり、IoTやAIによるサービスの強化も必要になっていきます。また、高齢者社会の今、お年寄りに向けたサービスも考えていかなければなりません。

ECを使ったサービスの強化が必要になる

今後、EC(Eコマース)とはネットを通じて行われるモノやサービスの売買のことですが、ECサイトとはネットを使ったモノやサービスの販売サイトのことを言います。

このECサイトは間違いなく強化しいく必要があります。ECサイト即ち、インターネット通販市場の業績は年々向上していますし、現在ネットのインターネット通販ショッピングのサービスを利用している層が増えています。このコロナ禍では大きな伸びがあります。

消費者にとっては、どこでも買い物ができるというはありがたくて時間の短縮にも繋がるので、満足度向上に直結した分野となるでしょう。

前回もご説明しましたが、スタッフスタートさんと言うサイトが話題になっています。簡単に言うと、ECサイトと小売の実店舗の間に入って組み合わせて、お客様へ販売スタッフさんの声を届けるサイトさんなんですが、販売スタッフさんの声をお客様に届けてお客様がご納得されて買っていただける。そのような素晴らしいサイトhttps://www.staff-start.com/ スタッフスタートが出来たんだと関心しました。

高齢者に向けたサービスがこれからのキーポイントか

高齢者への配慮も必ずすべきです。時代が進んでいく中、今後より一層店内での買い物もしにくくなることが予想されます。高齢の方に向けた課題としては、

・歩きやすい、見やすい、楽しくなる店内
・分かりやすい広告
・今の時流に載ったファッション(高齢者向けではなく30代前後の方を意識する。なぜなら情報発信の年代)
・健康や癒しを意識した商品
など、補完していきたいものが多々あるので、方針として取り入れると良いでしょう。

時代とともに変化するニーズ

小売業界は、消費税が10%になる増税前の駆け込み需要や、リーマンショック、今回のコロナ禍での自粛生活など、その時々の社会情勢に業績が大きく影響を受ける業界です。

国内の小売流通業は、深刻な「人手不足」と「最低賃金の引き上げ」の二重苦を抱えています。2030年の小売流通業の人手不足は、最大約60万人と予測され、人手不足が深刻な国内産業トップ3にランクインしているとの記事がありました。さらに小売業は他業態との競争が激しいため、賃金引上げ分の価格転嫁は難しく、その分利益圧迫という深刻な問題にも発展しています。

しかし、業務を構造的に紐解いていくと、「人手不足」問題の中には「見かけ上の人手不足」が多分に起きています。「見かけ上の人手不足」とは、「多くのムダを内包した業務を放置しておきながら、人手が足りないと言われています」を指します。

「見かけ上の人手不足」を解消し、少ない人手で無理なく仕事が回せる、小売流通業の業務改善、ローコストオペレーションが必要な時代です。例えば販売POS&受発注アプリ編でご説明していますABCSアプリなどのシステムの活用で、大幅なコストカットができます。

まさに「システムの活用で、効率化により捻出した時間を価値の高い業務に再分配するといった人を活かす取り組み」です。

コロナ禍後に商品戦略(MD)を成功させるには

コロナ禍で自粛生活を皆様もなさっていると思いますが、やはりショッピングに出かけるのは楽しみですよね。その為にも、このような小売店、専門店のマニュアルは大切だと思いますのでご案内したいと思います。

前置きが長くなりましたが、マーケテイングをし、どのようなお店で、どのような付加価値を持つ店にするのか?これを商品戦略(MD)、即ち商品MDと言いますが、雑貨店、ファッション雑貨などを例にご案内します。

これからの小売業、専門店は、このように構築をすれば売り上げアップが可能なのです(マーケテイング)

こちらが実際のマーケテイングポジションの例になります。これにより、自分が運営したいお店は競合のお店とのどの位置でビジネスをするのかなどの兼ね合いがわかると思います。

下図をご覧ください。縦軸にシンプルかデコラティブか、横軸で、都会型(UARBAN)、そして、カントリーな雰囲気かなど、ご自分で判断し、競合店なども調べて位置取りをしてみるとはっきり自店舗の位置が見えて戦略が立ちます。

次の図はカラーイメージのポジショニングですが、近年の専門店は上質で個性的な雰囲気が好まれます。そのためにはカラーをどの位置取りにして行くかなどを決めた方が良いと思います。参考になさってください。

下図はマーケテイングが決まった上での商品MDですが、お店の例を作ってみました。このように年齢層、性別、所得層、商圏、強化商品、プライス戦略など、政府の家庭支出調査なども参考に考えてみましょう。

きっと、良いお店の商品MDができると思います。

コロナ禍ですが、先の項に書きましたが感謝の気持ちであなたも幸せになれるんです「幸せホルモン」をたくさん分泌し、健康に留意しスマイルライフを目指しましょうね。(^^)

国民一人一人が、三蜜を避け、手洗いや、うがい、マスク着用などの徹底をして、自己免疫を高めて感染を防がないとと思います。皆様が感染されないことを祈っています。

緊急事態宣言で規制をされた業者さんの嘆き、苦しみは想像を絶する

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

今回のコロナ禍で、医療従事者と関連の方々のご苦労に頭が下がります。感謝をしたいです。皆様も感染対策をなさって大変な生活だと思います。これ以上、感染が拡大しないことを祈っています

そして、このサイトは小売業や、日頃の健康に関すること、そして、ミニ旅など、スマイルライイフを過ごすためのことなど書いています。

飲食業者さん、旅行業界、小売業など、経済は大変な状況ですが、こちらのサイトが、中小零細企業、個人企業の方々のヒントになり、業績が回復され、スマイルライフになれますようにお祈り致します。

nikoshibaの「事業概要」をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。専門店、小売店を開業したい方は、全体像のショップ販売戦略販売POS&受発注アプリ編で、細部の実践マニュアルは、専門店マニュアル で順を追ってご説明させていただきます。

nikoshibaブログ

ABCSアプリ、小売店、その他のご質問などは、このHPの「お問い合わせ」からお願いします。

最大53%OFF!高級レストランをお得に予約!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ビジネスアイデア集(おおらかソリューション)

こんにちはnikoshibaです。 コロナ禍の中、中小零細企業の方は大変なご苦労だと思います。今後を考えると経営者の方々は孤独な環境に耐え、何とかしなければとの思いに毎晩眠れない日々をお過ごしの事と思 …

商品値上げラッシュで小売業にはさらなる試練が!しかし大きな希望も

こんにちはnikohisba(ニコシバ)です。 ロシアによるウクライナ侵攻、脱炭素問題、原油価格の高騰、半導体の不足で、スマホ、パソコンを始め、エアコン、冷蔵庫、電車賃、もちろんガソリン価格や、石油で …

販売POSから受発注を可能にできるABCSアプリの管理方法(本部用18 アカウント管理、店舗管理)

こんにちはnikoshibaです。 テレワークが叫ばれる今、このABCSアプリならチェーン店舗の販売状況や、仕入れ、在庫の確認や、注文から納品の注文書、納品伝票、請求書をペーパーレスにし、大きな経費削 …

いつも入ってみたくなるお店があるんです

こんにちはnikoshibaです。 コロナ禍でショッピングもままならない時ですが、ショッピング楽しみたいですよね。前項 商品陳列の不思議がわかるんです 陳列技術のAP陳列はあなたを楽しくするんですでご …

モデルナワクチンの異物混入で大騒ぎ、厚労省から報道機関へ見解を発表

コロナワクチン、早く打ちたい方や、いや、信用できないから接種しないなどで、皆さん、色々の見解をお持ちですが、そんな中での大騒ぎ、何か恐ろしい気がしますね。しかし、厚労省の見解では安全性上の懸念に関する …

Amazon

Amazonでの購入はこちら