nikoshiba

専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業の発展のためにノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)。その他、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ スマイルライフ

IQ180のオードリータンの活躍の影に母の教育方針あり、あなたのお子さんの為に参考に

投稿日:2021年5月14日 更新日:

台湾でも最近、コロナ感染者が増えていますが、以前として少ない人数ですね。それにはデジタル担当政務委員のオードリータンさんの活躍があります。知られていない台湾の感染者が異常に少ない理由で書いています。今回はそのお母さんの教育に注目してみました。

IQ180のオードリータンの活躍の影に母の教育方針あり、あなたのお子さんの為に参考に

お子様の教育に、オードリーさんのお母さんの教育方法を、あなたは受け止められますか?オードリーさんは、その稀有な知性ゆえか幼少期は学校になじめず、転校と不登校を繰り返した末に、自宅で学習することを決め、母の李雅卿だけはオードリーの決断を尊重し受け入れます。

私にも孫娘がいますが、娘とその夫に、教育方針を聞いたところ放任主義で、孫娘に対し「好きなことをやらせてあげたい」との返事が返ってきました。

私は、若い頃から商売をした経験から、一番肝心な時に側にいてやれなかった事もあり、教育についても娘同様に「好きなことをやらせてあげよう」との方針でした。実際には商売が軌道に乗っておらず仕事、仕事で余裕がなくて、それが精一杯だったというか、教育をおざなりにした感があります。

今、反省することは、これからの社会を見据えたときに、これで良かったのか、娘たちは幸せな家庭を築いているのですが、私自身は子供たちへの教育を考えると疑問に思う事があるのです。

孫娘は小学校に入学したばかりですが、娘も同様に好きなことをやらせてあげたいと言っていますが、私なりに反省し思う事は、何も将来がわからない子に好きなことをでは無責任な気がするのです。

では、どうするのか、このオードリーさんのお母さんの話を聞いていると、子供を理解してあげ、そして、世の中の流れを読み、社会が求めるものはと将来を見据え、良い方向に導いてあげる事が重要なのではと思います。

その上で、子供の性格や、秀でたものを見出して、それをいかに育んであげ見守ってあげるかが、親の役割ではないのかと思うのです。あくまでも強制では駄目だと思うんです。

以下は、オードリーさんのお母さん李 雅卿(リー・ヤーチン)の考え方に学ぶものがあります。参考になさってください。

オードリー・タンの母が創った「子どもが主体的に学ぶ学園」のユニークさ

“台湾の天才IT相”オードリー・タン氏は、その稀有な知性ゆえか幼少期は学校になじめず、転校と不登校を繰り返した末に、自宅で学習することを決めました。周囲が猛反対するなか、母の李雅卿だけはオードリーの決断を尊重し受け入れます。

オードリーの苦しみを理解し成長を支えた彼女は、既存の教育に疑問を持ち、自らまったく新しい学園を創ることを決意します。 『子どもの才能を引き出す 天才IT相オードリー・タンを育てた母の教育メソッド』(李 雅卿著)には、理想の学びを求めた李と教師、親、そして子どもたちの奮闘がいきいきと描かれています。本書のポイントを紹介します。

文:日本実業出版社WEB編集部  ***

「神童の母」は自ら学校を創った

台湾のデジタル担当大臣を務めるオードリー・タン氏は、いま最も著名な台湾人のひとりだろう。2016年、台湾史上、最年少の35歳で入閣し、新型コロナウイルスのパンデミックに際しては、素早く的確な対策を打って、その活躍ぶりが広く世界に知られるようになった。また、世界的にもめずらしいトランスジェンダーの閣僚としても知られている。

もっとも、台湾やIT業界では早くから有名な「神童」だった。8歳ごろからプログラミングに関心をもちはじめ、15歳で起業し、オープンソースのプログラミング言語「Perl(パール)」の発展に貢献した。やがて、米アップル社や台湾のIT企業から顧問として迎えられるなど、その才能が高く評価されてきた。明晰な頭脳はIQ180以上といわれる。 だが、天才の多くがそうであるように、オードリーも学校にはなじめなかった。

中学生のころ、画一的な教育の現場からこぼれ落ちて不登校になり、中退して自宅での独習に切り替えたい、と周囲に訴えた。 当然のように、大人たちは猛烈に反対したが、母の李雅卿だけはその考えに理解を示し、尊重したという。そして、本人の希望どおりに中退を許すと、李は既存の学校を頼らずに済む教育について、懸命に研究しはじめた。新聞記者や編集者としてジャーナリズムに携わっていた彼女は、教育の専門家ではなかったが、社会の枠組みからはみ出してしまったわが子をサポートするため、子どもの才能を最大限に引き出す教育のあり方を独学で模索したのである。

そうした経験から、彼女は既存の学校に代わる新たな選択肢の必要性を痛感し、現実に「種子学園(種●親子実験小学)」という学校を創設した。そして、自身が初代校長を務め、じつにユニークな教育を実践する。 結果として、台湾におけるオルタナティブ教育の草分けとなった同学園では、具体的にどのような教育が行なわれてきたのか。彼女の著書『子どもの才能を引き出す 天才IT相オードリー・タンを育てた母の教育メソッド』には、その様子が克明に描かれている。

教育方針は「いかなる権威的なものも導入しない」

実際、種子学園には次のような興味深い特徴がある。 ・学年分けをしない ・科目は子どもが自由に選択する ・学校のルールは子どもが討論して決める そのほか、問題があれば学園内の「法廷」で解決をはかる、子どもが担当教師を選択する、定員は60名を上限として、子ども7名に対し1名の割合で教師が配置される、といった点も、既存の学校にはあまり見られない工夫だろう。いずれも、子どもが主体的に学習する環境を整えるために考えられたものである。

*** 「私たちが望むのはすべての子どもが生まれながらに備えている善への志向性や向上心をそのまま保ちながら、生活の本質を感じ取り、生命の変化の本質を理解できるようになること、物事を追求し探索する勇気を持つようになることだ」

(あとがき) *** とはいえ、理想と現実は違う。本当に、子どもの自主性を信用してもいいのか。教育とは、本来、ある種の強要や強制をともなうものではないのか。

李が掲げる「いかなる権威的なものも導入しない」という教育方針は多くの支持を得たものの、創設当初は教師や保護者の一部から不安の声も上がった。受講科目を選択制にするという思い切った学習システムについての懸念は、その典型だろう。教育上の配慮から、国語と数学だけは必修科目とされたが、それ以外の科目は何を選んでもかまわない、というのである。 もし、子どもが単に好き嫌いだけで「偏食」したら、どうするのか。その将来を思うほど、大人が危惧するのは当然かもしれない。

教育とは、自ら伸びようとする子どもを応援すること

だが、そうした心配はまったくの杞憂だった。偏食どころか、受けたい科目の時間割が重なってしまうため、ほとんどの子どもが時間割の調整を希望してきたのである。しかも、実際に授業が始まると、授業中、周囲の迷惑となるような不真面目な子どもがいた場合、その子どもを追い出すよう教師に要求する声さえ上がるようになったという。不真面目な子どもは、その他の子どもが授業を受ける権利を侵害しているから、というのが、その理由である。 ***

「私たちは、学習の時期、学習速度、そしてどういった方法で学ぶか、それらに対する子どもたち自身の判断と選択を尊重しているだけなのだ」(39ページ) *** 受講科目を選択制にしたねらいについて、李はそう語る。そして、 *** 「大人の手助けが適切、かつ学校の提供するカリキュラムも合理的なら、子どもたちは学習を望むばかりか、往々にして大人からの学習提供にも協力的」(48ページ) *** になることを、子どもたちとともに過ごすなかで悟った、と吐露している。

しかし、彼女は種子学園を創設する前から、そう確信していたに違いない。大人の適切な手助けも、合理的なカリキュラムも望めない環境が、いかに子どもの学習意欲を削いでしまうか、わが子を通じて実感していたからである。環境さえ変われば、という切実さからか、オードリーはじつに7つの学校を渡り歩いた。 同書に描かれた種子学園をめぐる彼女の奮闘ぶりは、幼い才能の芽を摘むことなく、自ら伸びようとする子どもを応援する大人のあるべき姿を示唆している。

李 雅卿(リー・ヤーチン) 1954年生まれ。台湾南投県魚池郷出身。国立政治大学法律学修士。新聞「中国時報」で記者、雑誌「商業周刊」で編集者として8年間、ジャーナリズムに携わる。子どもの教育問題により退職し、管理と権威に満ちた伝統的な教育に対峙し、子どもに付き添う。台湾の教育改革に取り組み、「自主学習」を実践する実験小学校「種子学園」を創立する。初代校長。台北市独立学習実験プロジェクト(中学・高校6年)を立ち上げ、ユネスコから「アジアで最高のオルタナティブ教育の1つ」として称賛される。台湾史上最年少で大臣となったオードリー・タンの母親。 (以上はyahooニュースから)

デジタル担当政務委員オードリータンの感染対策

台湾でも最近、コロナ感染者が増えていますが、以前として少ない人数ですね。感染者1,256人、死者12人、日本の人口1億2630万人に比較して台湾の人口は2357万人と六分の一ですが、それにしても日本の感染者数と比較してもかなり少ないですね。それにはデジタル担当政務委員のオードリータンさんの活躍があります。

それには、オードリータン台湾デジタル担当政務委員の活躍があります。

オードリータンさんは、16歳でIT会社企業を起業、のちにアップル社顧問になりその経験からデジタル担当政務委員をされ、現在38歳の方です。iQ180の天才が、、

タンさんは、政府がマスクの徹底を国民に指示した2月3日にマスク不足を察し、3日後の6日にはマスク解消策をシステム化しました。

マスク不足解消の為に、マスク配布をネット上で在庫場所での在庫数量を発表し、健康保険証の提示で2週間に9枚購入可能として混乱を回避したのです。6月からは薬局で販売開始しました。

その上、新型コロナに関するデマ対策、故意、危害、虚偽の3項目が揃ったら削除などの対応(それ以外は報道の自由を束縛しない為に削除しない)をし、60分以内に内容を発表してデマを回避しています。

日本でも一時期、トイレットペーパーの買い占めがありましたよね。

それも台湾ではユーモアのあるタイトルで広告し、政府広報を多くの人が見るように仕向けて混乱を回避しました。


   「私達のお尻は一つだけ」のタイトル 
注意項目は政府としての厳しい内容が入れてあるのですが、何かな〜と注目され、皆さんが見てくれますよね。

最近の感染防止の対応も、感染者対策の衛生福利部のLINEアカウントのイメージキャラクターは柴犬で

「自分を守ることは、相手を守ること」がキャッチフレーズ

毎日、柴犬からメッセージが届くらいしです。正しい手の洗い方や、風邪を引かないための洋服のアドバイスなどなどユーモアがありますね。

台湾政府広報の防疫新生活運動

  • 1.マスク着用
  • 2.ソーシャルディスタンスの確保
  • 3.手洗い、消毒
  • 4.外出時は混雑を避ける
  • 5.屋内に入る場合には必ず検温
  • 6.飲食店では飛沫防止策の徹底

現在は公共施設、電車、バスなどの交通機関、デパート、スーパー、展示場、コンサート会場や、学校、ダンスホール、バー、カラオケ、催事場所、金融機関、郵便局や、その他人が集まる場所など、政府機関はマスク着用を義務づけし、違反者には罰金あるとのことです。

海外からの訪問者に対しても、さまざまな水際対策が取られ、台湾入境にはPCR検査、陰性証明書、入境後14日間は在宅検疫が必要なので、ほんと凄いし素晴らしいですね。



日本も独自の対策で、緊急事態宣言などを実施していますが、なかなか効果が見られていません。

国民一人一人が、三蜜を避け、手洗いや、うがい、マスク着用などの徹底をして、自己での感染を防がないとと思います。皆様が感染されないことを祈っています。

コロナ禍ですが、先の項に書きましたが感謝の気持ちであなたも幸せになれるんです「幸せホルモン」をたくさん分泌し、健康に留意しスマイルライフを目指してください。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

今回のコロナ禍で、医療従事者と関連の方々のご苦労に頭が下がります。感謝をしたいです。皆様も感染対策をなさって大変な生活だと思います。これ以上、感染が拡大しないことを祈っています

そして、このサイトは小売業や、日頃の健康に関すること、そして、ミニ旅など、スマイルライイフを過ごすためのことなど書いています。

飲食業者さん、旅行業界、小売業など、経済は大変な状況ですが、こちらのサイトが、中小零細企業、個人企業の方々のヒントになり、業績が回復され、スマイルライフになれますようにお祈り致します。

ABCSアプリなどのお問合せは、このHP下記の「お問い合わせ」からお願いします。

nikoshibaの「事業概要」をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。

専門店、小売店を開業したい方は、全体像のショップ販売戦略販売POS&受発注アプリ編で、細部の実践マニュアルは、専門店マニュアル で順を追ってご説明させていただきます。

最大53%OFF!高級レストランをお得に予約!








-nikoshibaブログ, スマイルライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コロナ禍でのGood news

こんにちはnikoshibaです。私事ですが嬉しいニュースが😃 独学でホームページから立ち上げたnikoshibaブログが、、、アドセンス合格 数ヶ月前から何度かトライしましたが、中々合格通知をもらえ …

商品MDでの棚割りの実践編2(雑貨店、ファッション雑貨店)実例を公開

こんにちはnikoshibaです。 商品戦略(MD)から、コンセプトを決めて、商品マップを作成、レイアウト作成し、商品の棚割りを考え、どの様に仕入れをするのかを考えてきましたが、以前に棚割りイメージは …

全体や店舗毎の売上、仕入が簡単に確認できるんです

こんにちはnikoshibaです。 小売業がコロナ禍で窮地に立たされていて、テレワークでの業務効率化、経費削減などを今後は余儀なくされていますね。 中小零細企業経営者に朗報なシステムABCS(アプリケ …

ブランドがない専門店は?

こんにちはnikoshibaです。前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部) …

暑い夏にはやはり氷!でも、燃えるような熱い氷が流行りなんです??

こんにちはnikoshibaです。 毎日、暑い日が続いていますね。特に今日は湿度が高く蒸し暑いです。こんな日にはかき氷が一番、最近ではかき氷を半分しか食べれなくなりました。なぜなら、こめかみがキーンと …

amazonアソシエイト

じゃらん