nikoshibaブログ

45年間小売業一筋、関西、関東に一時期30店舗近くあった店舗をコロナ禍でやむなく事業閉鎖、現在は流通業コンサルとして、開業支援や、事業承継等のお手伝いをしています。 長年営業できたことに感謝し、ご迷惑をお掛けした方々に懺悔しながら、経験を活かしお役に立てることで、皆様がHappy smileになれるお手伝いができればと思います。感謝

nikoshibaブログ スマイルライフ

GoToキャンペーン不思議発見

投稿日:

こんにちはnikoshibaです。

「Go To Eat」「Go Toトラベル」などコロナ禍での政府や都道府県販促が目白押しですね。コロナ禍で飲食店、宿泊関連業者をヘルプする為の企画成功して欲しいですね。日本経済のためにも・・・

今回の販売促進(販促)ではトラブルが続出していますね。何故、このようになるのか不思議ですね。

例えば、「Go To Eat」お昼ご飯を食べたら500円、夕ご飯は1000円とかのポイントが貰えるとかでの販促ですが、食べる価格の制限指定がなく、300円食べても500円、1000円が貰えるとか?先日、問題になっていましたが、そんなことする人あり得ないですよね。

慌てて訂正をされ、お昼500円、夕飯1000円以上の食事に対してのポイントと訂正があったみたいです。Go To Eat 分からない、どうしようとお悩みの方

今回問題に上がっているのが、無限に使えるポイント「無限ループ」と言われてますが、ネット予約で「Go To Eat」の対象プランを予約します。

1、1000円のディナーをネット予約

2、お店で食べて1000円を支払う

3、「Go To Eat」で1000ポイント次回に使えるが貰えます。

4、ネットで、また予約をし、そのポイントを使って1000円(ちょっきりではないと思いますが+アルファ)を食べたとします。

5、また、ポイントが付与されます。

と、言うことは極端な話、1000円あれば「Go To Eat」の期間中はほぼタダ同然で食事ができる構図になります。他にもお年寄りやネットを使いこなせない人は利用できないなど不公平感はありますが、このサイトの販売促進の問題で考えると不思議ですね。

「Go Toトラベル」も同じくして、電子決済でした場合に、予約して、キャンセルなのにクーポンは宿泊前に付与される為にこの隙間を狙った詐欺が発生したとか?Go To トラベル利用してみた

     ようこそ、Go To トラベル電子クーポン受取サイトでは     https://goto-travel-ecoupon.jp/ 

「チェックイン日の15時からクーポンを利用できます。日帰り旅行の場合は12時からクーポンを利用できます。

電子クーポンの受領後に、ご旅行がキャンセルされ、もしくは旅行代金の一部が返金、免除される等の場合には、当該キャンセル等がなされた対象旅行部分についての贈与が失効することとなりますので、当該失効した旅行部分に応じて給付された電子クーポンのご利用はおやめください。万が一ご利用なった場合、給付金の不正受給となり返還請求の対象となるほか、詐欺罪に問われる可能性がございます。」

と書いてありますが、使い勝手が良いように考えたとのことを逆手にとって詐欺する人が在ったみたいですが税金なので、そのようなことはやめて欲しいですね。

「Go To Eat」「Go Toトラベル」

何故?なんで?どうして?の疑問ばかりが残りますが

この次の項でお話しする販売促進についてこのnikoshibaブログでお話ししますが、販促は、練りに練って、起こるべきあらゆる事を想定して考えないとと思います。

コロナ禍で困ってる中小企業や飲食店、宿泊関連業者をヘルプする為の企画が一部の大手に偏ったりしないで、多くのお客様に親しまれた老舗が倒産や廃業に追い込まれている業者さんを救って欲しいです。

コロナ禍でおうち時間を過ごしていた方も、旅行や、外食は、まだまだ不安もありますが、充分にご注意なさって三蜜を避けて利用されたら如何でしょうか。

皆様がスマイルライフになれますように・・・

ショップの販売促進とは

販売促進とは、お客様をより多く店に動員するにはどうすべきか、その上でお買上や利用に繋ぐにはどうするか、に尽きると思います。

次回で詳しくご説明いたします。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

次回に続きます。

前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 (専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュアルショップ販売戦略では今までのアップ分をご覧になれます)

このnikoshibaブログの、カテゴリー「売れる専門店構築」でも順次公開しています。

専門店、小売店を開業したい方は、ぜひ第1専門店マニュアル

第2ショップ販売戦略をご利用くださいませ。

お問合せは、項目欄の事業概要からお願いします。nikoshibaの事業をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。「事業概要

贅沢な気分を味わいたい特別な夜に『一休の夜景レストラン特集』
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
フランチャイズで独立・開業
6年間を支える丈夫なつくり【土屋鞄のランドセル】

-nikoshibaブログ, スマイルライフ
-

執筆者:


  1. 松永喜久子 より:

    何か事を進めることは多角的に見て進める必要が有りますね😊👍❗

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

売れる専門店は販売技術がある

こんにちはnikoshibaです。 専門店、小売店の一般的な販売技術であるが、どうすれば、お店へ足を運んでもらえるか、 その為には、販売促進が必要不可欠で、販促によってお客様が来店された場合、より多く …

誰も見ないブログ

こんにちはnikoshiba です。ブログを書いても、誰も見てくれないとつまらないですよねなので、どのようにしたら見て頂けるかを勉強して見ました。 SNS拡散手法ブログをSNSで拡散するには、Twit …

商品注文をまだ手書きFAXしてるんですか?

こんにちはnikoshibaです。 小売業に置いてのコスト削減や効率化のために、現在のビジネスに必須のシステム化が必要になると思います。このアプリシステムでコロナ禍のおうち時間での活躍は間違いがないで …

商品戦略での仕入から販売までのプラン

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。     (専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門 …

売れる専門店は俊敏な動きをしている

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 売上を上げるために一番重要なことですがどんなに良い商品があっ …