nikoshibaブログ

45年間小売業一筋、関西、関東に一時期30店舗近くあった店舗をコロナ禍でやむなく事業閉鎖、現在は流通業コンサルとして、開業支援や、事業承継等のお手伝いをしています。 長年営業できたことに感謝し、ご迷惑をお掛けした方々に懺悔しながら、経験を活かしお役に立てることで、皆様がHappy smileになれるお手伝いができればと思います。感謝

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

新規お取引先で売れる専門店は決まる

投稿日:2020年10月1日 更新日:

こんにちはnikoshibaです。

前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。     (専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュアルでは今までのアップ分をご覧になれます)

自宅で20分、人生が変わる運動習慣 BEAT

新規お取引先へのアプローチ 

お取引先は商品力、協力度、そして企業力などで判断をし、短期で考えてはなりません。お取り引きしたら永遠にお取引が出来るかを考えてお取引依頼をすることです。

①他社情報、ホームページ、展示会、他店見学で値札などで情報収集、商談時の聞き取り等で売れ筋の情報を入手します。

②お取引先へのアプローチは、まず電話し、各商品担当の営業の方にお願いし、お取引をお願いしたい旨を伝えることから始まります。

③会社の概要を話し、ホームページを見てもらえるように依頼。検索が可能と伝える事で、会社内容を把握して頂き、取引に先駆けての信用を得ることが必要です。

④商品カタログの送付のお願いをします。

⑤カタログ受取後の対応はすぐにカタログを受け取った旨を連絡し、当社への訪問を依頼します。来社を拒まれる場合は、後日伺う旨を伝えることです。

⑥商談日の設定は必ず、商談日にセットします(チェーン店などは商談日を決めるお良いでしょう)。つまり、商談日程を決めることにより、空いた日程の効率的な業務が可能になるのです。

⑦取引の条件設定等については、バイヤーは、商品部リーダー(チェーン店の場合は)と同席の上で取引条件、その他の話をすることです。なぜならば、後日、内容の食い違いがあった場合には、同席者の意見を求めることが出来るから間違いが起こりません。

女性の気になる目元に!刺すプロテオグリカン

お取引が始まっての注意点

お取引が始まって、一番重要な事柄は「信用」なのです。

私は松下幸之助氏の「資金がないことは信用がない。信用があれば資金は入ってくる」この教え通りだと思います。

信用を築いて行く、このことを頭に入れて取引を進めます。具体的には”約束をしたことを必ず守る。”簡単なことなのですが、これが一番難しいのです。出来ない約束はしない、微妙なときには前もって、このような場合が起きた時にはこのようにお願いします。などと言っておくことです。

あなただけの美肌菌の力 美肌へ導くELPIDA

お取引先様への取置き商品について

*取置きの必要な理由

最近のお取引先は、経済状況が良くないことから、商品在庫を小ロットしか確保していないのです。その為に展示会時の商品決めが大切になりつつあるのが現状です。

見込み仕入の為に商品のマーク数と、数量の出し方にとても注意が必要です。従って、難しい仕入が要求されるでしょう。

①商品のマーク数及びプライスゾーン他、あらかじめ考慮しておくことが重要です。

②買付けの商品があれば、全店の導入数量は、各店導入の割り振り表を必ず作成し決定します。

③初回導入は最低のロットで決定、最低でも一か月で売れる数量が望ましいと思います。

④数量の確定とともに、導入日時の決定をします。

この、導入のタイミングと、数量の関係、販売期間の関係、価格の決定、この価格と販売期間の関係で、仕入数量を確定することがバイヤーの重要なポイントになるでしょう。

⑤一度に納品が不可能な場合には、取置きをお願いしますが、数量は初回の引き取り契約をする代わりに、残りの販売期間の数量を取り置きしてもらうことで、売れ筋の確保を図り、売上げ上のチャンスロスを削減し売上構築に繋げます。

今までの一般的な品揃えと違い、コダワリの専門店の場合は店づくりから商品におけるカラー、感性イメージを常に意識した仕入が必要となります。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

次回に続きます。

このnikoshibaブログの、カテゴリー「売れる専門店構築」で順次公開したいと思います。

専門店、小売店を開業したい方は、ぜひ専門店マニュアルをご利用くださいませ。

お問合せは、項目欄の事業概要からお願いします。nikoshibaの事業をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。「事業概要

フランチャイズかんたん資料請求

じゃらんnet

累計1,600,000個突破!神戸バニラフロマージュ

6年間を支える丈夫なつくり【土屋鞄のランドセル】

-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

専門店どのようなお店を展開するの(商品MD)

こんにちはnikoshibaです。前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 いよいよ専門店を作るための専門店マニュアルに入りたいと思います …

売れる専門店は販売技術がある

こんにちはnikoshibaです。 専門店、小売店の一般的な販売技術であるが、どうすれば、お店へ足を運んでもらえるか、 その為には、販売促進が必要不可欠で、販促によってお客様が来店された場合、より多く …

売れるショップは行動計画がある

前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。     (専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュアルでは今までのアップ分をご …

小売店 専門店の基本陳列はこのように

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。(専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュア …

専門店小売店は生き残れるのだろうか

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 アメリカ発のリーマンショックによる、世界の金融危機下に続き、 …