nikoshiba

専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業の発展のためにノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)。その他、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ スマイルライフ

新型コロナの増殖を100%阻害する身近な物質を発見

投稿日:2021年2月20日 更新日:

こんにちはnikoshibaです。

いつも、小売店のマニュアルを中心に投稿していますnikoshibaブログをご覧いただき有難うございます。時折、健康や暮らしでスマイルになれる情報を投稿していますが、今回は、新型コロナの話題をお伝えします。

この2021年02月09日に長崎大学の研究チームが、新型コロナの増殖を100%抑える物質を発表しました。

それが何と、身近にある赤ワインや、黒酢、納豆に多く含まれている5-アミノレブリン酸(5-ALA)による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)原因ウイルスの感染抑制が判明したんです。

現在、ワクチン接種が始まっている今、この治療薬が早く発売されると皆さんがスマイルライフになりますね。

ワクチン接種も、6回注射できる注射器が不足している。注射をする人材不足とかで遅れそうな気配ですよね。この治療薬と両立で、新型コロナを抑制できると効果は大きいですよね。長崎大学がんばれ( ^ω^ )

5-アミノレブリン酸(5-ALA)はサプリメントとしても販売されているので、安全が確認されています。


新型コロナの画期的な治療薬とは

下記に長崎大学の研究チームからの発表内容で、2021年2月8日(日本時間)に国際学術誌に発表され大いなる期待をされています。

このYoutubeはTBSのnewsからですが、長崎大学はサプリメントとして市販されている「ある物質」が、新型コロナウイルスの増殖を100%阻害するとの研究結果を発表しました。

5-アミノレブリン酸(5-ALA)による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)原因ウイルスの感染抑制が判明



~今後の治療薬候補として期待~

この度、国立大学法人長崎大学(長崎県長崎市文教町1-14、学長 河野 茂:以下長崎大学)とネオファーマジャパン株式会社(東京都千代田区富士見2-10-2、代表取締役 河田聡史:以下NPJ)は、新型コロナウイルス感染症(以下、「COVID-19」)の原因ウイルスであるSARS-CoV-2を用いて、培養細胞における感染実験を行った結果、5-アミノレブリン酸(以下、「5-ALA」)の強い感染抑制効果を発見しました。
本研究は、2021年2月8日(日本時間)に国際学術誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に正式に掲載されました。
長崎大学とNPJは、2020年10月29日付のリリースの通り、引き続き臨床研究の実施を進めて参ります。

【概要】
現在のCOVID-19の感染拡大に対し、効果的な治療法の開発が緊急的に求められています。5-ALAは、天然で合成されるアミノ酸であり、その高い生物学的利用能から抗がん療法や健康食品など、さまざまな目的で使用されています。私達は、本研究において、5-ALAがCOVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2の感染を培養細胞において強力に抑制することを示しました。この抗ウイルス効果は、明らかな細胞毒性無しに、ヒト細胞と非ヒト細胞の両方で認められました。そのため、5-ALAはCOVID-19に対する抗ウイルス薬の候補としてさらなる研究を進める価値があると考えられます。

【本研究のトピックス】
・5-ALAは、培養細胞においてSARS-CoV-2の感染を抑制しました。
・5-ALAの抗ウイルス効果は、非ヒト細胞よりもヒト細胞に対してより顕著でした。
・5-ALAは、細胞毒性もなく濃度依存的に抗ウイルス効果を示しました。

と、長崎大学から

5-ALA(ファイブアラ)「コロナ感染対策として注目」長崎大学病院で特定臨床研究、2月10日のyahooニュースから

新型コロナ感染対策として今、注目なのが「5-ALA(ファイブアラ)」という物質です。 もともと私たちの体の中にあるため安全で、サプリメントとして手軽に摂取することができます。 新型コロナウイルス感染症の治療薬の実用化に向け、長崎大学などが研究を進める天然のアミノ酸「5-アミノレブリン酸」=「5-ALA」です。 あまり聞き慣れませんが、私たち人間の体内にあるアミノ酸の一種で、がんの治療やサプリメント、化粧品などにも使われています。

長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科 北 潔 教授 「この中に本当に大切なものが入っていて、これが多くの人を新型コロナから予防したり、救ったりできます。できるだけ早く実現したいと思っています」 今回、新型コロナの感染を強く抑制する効果があると分かり、治療薬の候補として注目されています。 5-ALAは8つ集まると「PPIX」=「プロトポルフィリンIX」という物質になります。 これが鉄と結合すると「Heme」=「ヘム」になります。

「ヘム」は新型コロナウイルスの表面にある「スパイクたんぱく質」に結合します。 「ヘム」が付いた状態だと、ウイルスは細胞に侵入することができなくなります。 そのため、体内でウイルスが増殖するのを防ぐことができるのです。

長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科 北 潔 教授「試験管の中では、もう完全にある一定の濃度以上では、100パーセント増殖を抑えるんです。何度、試験をしても、その再現性も非常にいいんです」 長崎大学などがウイルスの抑制効果についてまとめた論文は、2月8日、国際学術誌に正式に掲載されました。 新型コロナウイルスを培養細胞に感染させる実験です。 緑色に見えるのはウイルスがある部分です。

5-ALAを投与しなかった方は ウイルスに感染した細胞が多いことが分かります。 一方、5-ALAを投与した方は感染した細胞がほとんど見られません。 感染を抑制する効果が高いことを示しています。 5-ALAは室温で長期間保存でき、低価格で安定した供給が可能です。 さらに、ウイルスの変異にも対応できる可能性が高いなど、多くの利点があります。 2月4日から長崎大学病院で、患者に5-ALAを投与する特定臨床研究が始まりました。 軽症または中等症の患者50人に投与する予定で、早期の実用化を目指します。と、報道されました。

なぜ治療効果が発見されたのか

北教授のチームは元々、マラリアの研究している中で、ひょっとしてと「5-ALA」の治療効果を確認し、治るメカニズムを探っていらっしゃったので素早く発見されたとのこと

【マラリアの研究をしていて…】

新型コロナの遺伝子配列の中にグアニンが4つ並んだ「G4構造」と呼ばれている部分があります。この配列部分に5-ALAの「産物」が結合するとウイルスは増殖しない、つまり感染しても「治る」と考えられています。なぜそんなことが分かったのか? 実はこの「G4構造」、世界三大感染症のひとつ「マラリア」の病原体も持っている配列です。北教授のチームは元々、マラリアの研究の中で「5-ALA」の治療効果を確認し、治るメカニズムを探っていました。その中で「G4」と「5-ALA」の結合が感染を抑制している可能性に辿り着いていたのです。

との事で、凄いですよね。素晴らしいです。

「5-ALA」の大量生産は日本

北教授によると

また「5-ALA」が本来持つ代謝を上げる力が新型コロナの「後遺症」を改善することも期待されています。「5-ALA」が生産されているのは静岡県の「ネオファーマジャパン・袋井工場」。大量生産できるのは世界中でここだけです。ブドウ糖を原料に微生物による「発酵法」で作られています。

「単なるアミノ酸で我々が持ってるものですから非常に安全なわけです。室温でものすごく安定。そういう意味でフリーザーも要りませんし、実際には数年間、機能が落ちない。本当に非の打ち所がない。自分達で言うのもなんですけど。これを見つけたからには我々の義務だろうという事で、実験してる仲間から臨床の先生方、一日も早くと思うんですけど」

現在確認されているのは細胞レベルの抑制効果のみ。長崎大学では実際に患者に効くのか、また必要な摂取量はどの位かを確認するため、今月4日から人への臨床試験をスタートさせています。

どの位5-ALAを摂取すれば新型コロナに効くのか?

食品中のALA含有量 [㎍/100g]

利用元:第2回ALAサイエンスフォーラム活動レポートより

北教授「まさにそれを調べるために今、特定臨床研究をやっているので分からない」「ただし食事から摂取できる量だけでは無理!」だということです。

相対的にみると納豆や赤ワインに5-ALAが多い、ということであり、それらを食べたから感染しない、ということではないのでご注意ください。

以上ですが、早く、治療薬として発売されると良いですね。日本中、いや、世界中の人がハッピースマイルになれますね。


今回のコロナ禍で、医療従事者と関連の方々のご苦労に頭が下がります。感謝をしたいです。皆様も感染対策をなさって大変な生活だと思います。これ以上、感染が拡大しないことを祈っています

そして、経済は大変な状況ですが、中小企業、個人企業の方々のヒントになり、業績が回復され、スマイルライフになれますようにお祈り致します。

次回に続きます。

前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 (専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュアルショップ販売戦略では今までのアップ分をご覧になれます)

このnikoshibaブログの、カテゴリー「売れる専門店構築」でも順次公開しています。

専門店、小売店を開業したい方は、ぜひ第1専門店マニュアル

第2ショップ販売戦略をご利用くださいませ。

お問合せは、項目欄の事業概要からお願いします。nikoshibaの事業をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。「事業概要



-nikoshibaブログ, スマイルライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

これからの小売業、専門店の売上アップは、このように構築をすれば可能なのです(商品戦略)

今後の小売業を考えた場合コロナ禍後をどのように立ち上げるのか、が課題になりますね。小売業界はこの数年間、消費税増税や震災、暖冬などの影響によって業績がダウンし、不況業種の一つになっていますが、そんな中 …

どうして売り上げが上がらないの?そんな時には

こんにちはnikoshibaです。 またまた東京、千葉、埼玉、神奈川は緊急事態宣言の延長、大変ですね。特に飲食店、旅行業関連の皆様のご苦労は大変なことと思います。 小売業の皆様も、コロナ禍での毎日の営 …

LINEはどのようにして登録して使用するの?簡単に新規登録をしてお孫さんとのやり取りを

こんにちはnikoshibaです。 先の項目LINEは怖い!都市伝説は本当なのか?高齢者がLINEを使わない本当の理由とは、、を見た方から、それでは高齢者は使わないよ。と、言われ、なるほど、先ずは登録 …

ビジネスアイデア集(ABCSアプリで販売POS&ペーパーレス)

こんにちはnikoshibaです。 コロナ禍の中、中小零細企業の方は大変なご苦労だと思います。今後を考えると経営者の方々は孤独な環境に耐え、何とかしなければとの思いに毎晩眠れない日々をお過ごしの事と思 …

坂上&指原の潰れないお店で紹介、「リンガーハット」コロナ禍からの復活なるのか

コロナ禍で飲食店は大変ご苦労なさっていると思います。長崎ちゃんぽんチェーン「リンガーハット」などを展開するリンガーハットは2021年87億円の赤字となり、立て直しが急務とされていますが、その復活にかけ …

amazonアソシエイト

じゃらん