nikoshibaブログ

45年間小売業一筋、関西、関東に一時期30店舗近くあった店舗をコロナ禍でやむなく事業閉鎖、現在は流通業コンサルとして、開業支援や、事業承継等のお手伝いをしています。 長年営業できたことに感謝し、ご迷惑をお掛けした方々に懺悔しながら、経験を活かしお役に立てることで、皆様がHappy smileになれるお手伝いができればと思います。感謝

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

感性雑貨ショップは売上構築をこうする

投稿日:

こんにちはnikoshibaです。

今回は雑貨店の場合での、感性販売の構築の仕方をご説明します。

単純には量販小売店と感性専門店では品揃えの考え方が真反対だと考えると良いです。

通常の量販店、小売店、専門店では、品揃えが最重要なのですが、差別化をするために感性の戦略では品集めから品揃えへと移行する手法をとります。

この品集めは、一般的には売上を上げるためには邪道なのですがあえてこのように考えます。

品集めからの品揃え

戦略的には『売れるであろう』感性ゾーン、コンセプトに合う商品を集めて販売しながら、この中で売れていく商品を定め、その商品の前後を考えて品揃えし、売り上げに繋げる手法になります。この事が一番の違いになります。

この事で感性の販売のために品集めで探りを入れて、売れる自信がある商品で品揃えをして行き更なる売り上げアップを狙うのです。

品集めしてからの品揃えと考えると良いでしょう。

機能性を考えた手作りランドセル【ランドセルの岐阜横山鞄】

品揃えのグラフ(価格の関係)

品揃えとは販売戦略上の大切な部分で、商品のプライスゾーン(価格帯の幅)、プライスライン(価格帯)、ボリュームゾーン(売上の核になる価格帯)を設定をするのですが、感性専門店と量販店との品揃えを比較してみます。

量販店の品揃え(点線部分で一般的に鐘型)と感性専門店(実線)の品揃え比較

異なる部分は、量販店のボリュームゾーンより、プライスのボリュームをワンランク上に設定している点。ただし、下限のセール品などは少し揃えますが同じ商品は置かないようにします。この部分の価格帯などは、各専門店さんの戦略により考えると良いでしょう。

量販店との最大の違いは価格でアピールして来店誘因を図るより、雑貨の持つ特性で、「かわいい」「あれば良いなぁ」等の感性で品集めをし、楽しさの演出を効果的に行います。

そうすることで、感性販売の専門店構築ができます。

アパレル業界のお仕事ならアパレル業界特化のパルドへ

売上アップする為のABC分析

ABC分析による発注

売上を上げる為のABC分析ですが、売上を上げる為に一番重要なのでABC分析を必ず理解してください。

ABC分析のAの商品発注を行う場合、必ずシーズンインでは、単品(発注)管理の中でAの商品が発生した時点で、この商品を確保する為に各メーカーさんや問屋さんへ商品の在庫確認後、納品日を指定の上発注をします。

このAの商品を確保できるか否かで売上が決まると言っても過言ではありません。ABC分析については、売れる専門店の仕入れ手法とはで詳しく説明しています。

大量に商品を入れる場合には在庫が多くなる為、納期指定で納品を何回かにわける必要がありますが、これはメーカーさんや問屋さんとの信頼関係が構築できているかどうかで決まりますので、お取引先様は大切にすることです。

例えば、販売価格1000円の商品が二週間で30個売れたので、一ヶ月に60個売れるという販売予測が成り立つ。つまり、二ヶ月で120個、三ヶ月で約180個の予測数量になるため、その80%~85%位の数量(144個~153個位)を納期指定で注文する。○月○日着で50個、△月△日着で50個、□月□日着で40個などです。

ただし、商品には市場性があり、その商品が安くなる場合や、商品が高くなる場合等が考えられ、数量をまとめて発注する場合にはバイヤーに相談したり、お取引先の情報、他店の情報を聞き判断することです。

シーズン途中の場合も同様、シーズンオフになるまでの数量を予測し注文をして行きます。

単品管理や補充発注は、今ではアプリシステム(詳しくは後日の項で)も開発され、販売時点処理、在庫管理でのデータ分析が可能になったので、大いに活用すれば売上増も見込めるでしょう。

もちろん大手の専門店では、これらのシステムが充実して今ではレジ精算までがAI化されつつあります。

これらのシステムを小さな専門店や小売店でもアプリで可能になりましたので、必要な方は 事業概要 から相談なさってください。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!


次回に続きます。

前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 (専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュアルショップ販売戦略では今までのアップ分をご覧になれます)

このnikoshibaブログの、カテゴリー「売れる専門店構築」でも順次公開しています。

専門店、小売店を開業したい方は、ぜひ第1専門店マニュアル

第2ショップ販売戦略をご利用くださいませ。

お問合せは、項目欄の事業概要からお願いします。nikoshibaの事業をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。「事業概要

贅沢な気分を味わいたい特別な夜に『一休の夜景レストラン特集』
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
フランチャイズで独立・開業

-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

専門的な商品の接客は難しいと思わないで

こんにちはnikoshibaです。 専門店マニュアルで、販売スタッフの接客及び業務内容、笑顔になっていただける接客のポイント 販売スタッフさんの一日の業務はこんな感じ などをご説明しました。 今回は少 …

ショップの売り上げが決まるのはこの商品仕入れ手法なのです

こんにちはnikoshibaです。 お客様の立場になって、ショッピングを楽しんで喜んでいただけ、癒し空間になり、スタッフとの会話で笑顔がいただける。そんなお店作りのお役に立てることを願って、ショップ、 …

no image

生きる糧にしたい絵本、貧しい大統領をX’masプレゼント

こんにちはnikoshibaです。 私も、コロナ禍の中で事業に失敗し、今を生きています。生かされています。 時折、不安が押し寄せてくる。時折、前を見ていこうとする。時折、これからのことを考える。しかし …

ショップのレジ周辺が経費削減、店舗効率を決めるんです

こんにちはnikoshibaです。 コロナ禍でショッピングもままならない時ですが、ショッピング楽しみたいですよね。前項 商品陳列の不思議がわかるんです 陳列技術のAP陳列はあなたを楽しくするんです い …

ショップ利益はSTPQを意識することで生まれる

こんにちはnikoshibaです。 前回もご案内したSTPQ(Sはスピード、Tはタイミング、Pはプライス、Qはクォンティティー)の続きになります。 販売時期、期間と在庫と仕入の増減把握 STPQを前回 …

amazonアソシエイト

じゃらん