nikoshiba

専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業の発展のためにノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)。その他、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

小売店の販売管理、これはすごい!販売POSから受発注を可能にできるABCSアプリ(本部用12販売管理)

投稿日:2021年5月11日 更新日:

こんにちはnikoshibaです。

今回の販売管理画面は、ABCSアプリの販売POS(時点処理)での販売状況確認、販売推移確認、注文状況確認、発注登録、発注処理、棚卸し、納品確認、返品確認、売価変更確認、本部で移動履歴を確認する画面。そして、その伝票の印刷画面をご説明しましたが、これらを総合的に管理し、対応策を練るために必要不可欠な数値の画面になります。


小売店の販売管理、これはすごい!販売POSから受発注を可能にできるABCSアプリ(本部用12販売管理)

テレワークが叫ばれる今、このABCSアプリならチェーン店舗の販売状況や、仕入れの、在庫の確認や、注文から納品の注文書、納品伝票、請求書をペーパーレスにし、大きな経費削減をする事ができるのです。そして、これらを総合的に管理し、対応策を練るために必要不可欠な数値の画面になります。

今までを、お見逃しの方は、下記後方のURLからどうぞ! 

本部の販売管理画面及び、支払い明細に関しては、説明の都合上、後日掲載とさせていただきます。としていましたが、発注、販売や仕入れ、在庫などの画面を一通りご説明しましたので、いよいよ販売管理の画面説明となります

販売POS&受発注アプリ (全体像はこちらで)

販売管理(売上集計)

販売管理ですが、店舗別、そして、全体の売上高、粗利益高、仕入れ高、在庫高全体を、日計、週計、月計、年計で管理できます。粗利益高も売価還元法で随時アップされてきますので、販売管理上の数値計画がとても立てやすくなります。この数値判断を元に、店舗への指示、そして、仕入れ、在庫、売上対策などができます。

店別売上集計

各店舗の売上の日計、週計、月計が閲覧できます。

予算に対する売上、客単価、客数、前年比なども毎日確認が可能になります。

全店売上集計

各店舗の売上の日計、週計、月計が閲覧できます。

全体の予算に対する売上、客単価、客数、前年比なども毎日確認が可能になります。

※こちらの画面は販売管理をクリック(スマホならタップ)し、店別売上集計、そして、全店売上集計をクリックまたはタップするだけで、毎日更新された売上などを確認できますので、とても便利で在宅ワークには欠かせません。

小売店は販売推移分析と販売状況によって売上アップが出来るんです

ABCSアプリの操作は簡単で、パソコンならクリック、スマホ、タブレットなら、タップ(タッチ)やフリック(指をスライド)するだけで検索、確認が可能です。URLからID 、パスワードを入力してログインすると、出張先でも、自宅でも検索、確認が可能なんです。

このような販売POSは以前からあったのですが、このABCSアプリは、それをクラウドで「かんたん」「安価」にする事ができたのです。お店での売上をすぐに確認できる販売POSがあれば、販売面での売上対策、そして、在庫状況を把握して、仕入れに生かす。このような事で、瞬時の判断が大きな役割をもたらすことができます。



ABCSアプリ(本部の項目内容

ABCSアプリの全項目をご案内いたしております。

  • 1、販売管理
  • 2、販売状況確認
  • 3、販売推移確認
  • 4、注文状況確認
  • 5、発注登録
  • 6、発注処理
  • 7、在庫状況確認
  • 8、棚卸し
  • 9、支払い明細発行
  • 10、納品確認
  • 11、返品確認
  • 12、売価変更確認
  • 13、移動履歴
  • 14、伝票印刷
  • 15、アカウント管理
  • 16、商品登録
  • 17、店舗管理
  • 18、ベンダー登録
  • 19、商品一覧
  • 20、従業員管理
  • 21、勤務時間管理
  • 22、本部
  • 小売店の販売POSから受発注をアプリで可能になるんです(本部用 1)

このような項目ですが、長くなりますので、今後、少しずつ掲載していきます。1番から順に、画像を含み、ご説明しますので、よろしくお願い致します。



ABCSアプリとは

ABCSアプリ(アプリケーション、ビジネスコントロールシステム)は、販売・在庫・仕入金額が、リアルタイムに掴め、出張先や海外でも経営采配が可能になるので、まさにコロナ禍でのおうち時間でチェーン本部、ベンダー様には最適なツールだと思います。ベンダーともリンクしていますので、本部や店長は、在宅ワークも可能になります。

このABCSアプリの中身を、これから数項目にわたり細かくご説明しますが、ABCSは下記の通りの使用者内容に分かれています。

  • 本部 (管理者、SV、BY、経理=支払い集計)
  • 店舗 (店長、スタッフ)
  • ベンダー(担当者、商品管理者、経理)

このような方々が使用されるシステムなので、使用者別に、店舗用、ベンダー用、本部用とご説明しています。

実際の使用例を事細かくご説明いたしますが、こちらは今までご説明した部分ですので、お時間がある時にでも閲覧をお願いします。

この図ではPOSレジと書いていますが、実際にはPC(市販)とレジ(安価な)で大丈夫です。

こちらは、今までのABCSアプリの詳細をご覧になれます。

もし、ご興味があれば、お問合せからお願いします。システムエンジニアをご紹介します。このABCSアプリの原型を使用して、ダイレクトに作成依頼するので安価にもなります。

こちらは、本部用のABCSアプリのご説明になりますが、nikoshibaブログでは、時折、スマイルライフになれることを入れながらのご説明になりますのでご了承ください。

新品 ノートパソコン office2019 付き Windows10 Pro オフィス搭載 15.6インチ Wi-Fi WEBカメラ内蔵【到着後レビューでプレゼント】

ABCSアプリが無料で導入可能かも?

導入手法次第では、このABCSアプリが最終無料で使える可能性もあります。詳しくはお問合せから

ABCSアプリ全体像    ビジネスアイデア集(ABCSアプリで販売POS&ペーパーレス)

小売店のシステム化の為に、このABCSアプリを導入すると、店舗レジは現在使用分(買替え時で安価な分に切り替え)で、インターネット経由でパソコン(一般的なPCでOK) が店舗に一台あればABCSアプリを利用できます。あとは、本部でのパソコン、タブレット、スマホでの業務が可能になりますので、本部や店長は、在宅ワークも可能になります。

中小零細企業経営者に朗報なシステム(ABCS=アプリケーション、ビジネスコントロールシステム)は、販売・在庫・仕入金額が、リアルタイムに掴め、出張先や海外でも経営采配が可能になるので、まさにコロナ禍でのおうち時間で本部、ベンダー様には最適なツールだと思います。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

ABCSアプリなどのお問合せは、このHP下記の「お問い合わせ」からお願いします。

nikoshibaの「事業概要」をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。

専門店、小売店を開業したい方は、全体像のショップ販売戦略販売POS&受発注アプリ編で、細部の実践マニュアルは、専門店マニュアル で順を追ってご説明させていただきます。

最大53%OFF!高級レストランをお得に予約!

今回のコロナ禍で、医療従事者と関連の方々のご苦労に頭が下がります。感謝をしたいです。皆様も感染対策をなさって大変な生活だと思います。これ以上、感染が拡大しないことを祈っています

そして、このサイトは小売業や、日頃の健康に関すること、そして、ミニ旅など、スマイルライイフを過ごすためのことなど書いています。

飲食業者さん、旅行業界、小売業など、経済は大変な状況ですが、こちらのサイトが、中小零細企業、個人企業の方々のヒントになり、業績が回復され、スマイルライフになれますようにお祈り致します。









-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

これからの専門店は接客が武器になる

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 コロナ禍後、これからの専門店が生き残るには、接客が武器になり …

ショップ利益はSTPQを意識することで生まれる

こんにちはnikoshibaです。 前回もご案内したSTPQ(Sはスピード、Tはタイミング、Pはプライス、Qはクォンティティー)の続きになります。 販売時期、期間と在庫と仕入の増減把握 STPQを前回 …

小売店チェーンバイジングにはこの資料があれば完璧

こんにちはnikoshibaです。 メーカーさんや問屋さんとのお取引は大変重要です。特に売れ筋を毎年ヒットさせるメーカーさん、問屋さんは研究熱心でトレンド情報も多く持っています。 そして、長年お取引し …

売れる専門店は俊敏な動きをしている

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 売上を上げるために一番重要なことですがどんなに良い商品があっ …

商品MDでの商品棚割りの実践編、(雑貨店、ファッション雑貨店)実例を公開

商品戦略(MD)の中で、まずは、どの様なコンセプトで、お店作りをするのかにより、店舗内外装や、商品イメージを決めます。イメージを決めたら商品の選出になりますが一番肝心なことは売れる商品であるかと言うこ …

amazonアソシエイト

じゃらん