nikoshibaブログ

専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業の発展のためにノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)。その他、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

小売店のアプリは販売POSから受発注システムまでがあると便利(運用の流れと仕組み)

投稿日:2021年3月25日 更新日:

こんにちはnikoshibaです。

ABCS=アプリケーション、ビジネスコントロールシステム、即ち、ABCSアプリが完成した背景をご説明しますと、現在、POSレジの活用で高額な費用をかけて販売管理をなさっているところが大半だと思います。しかし、このABCSアプリは「かんたんに誰でも使える」「安価で」「経費削減」「効率化」「売り上げアップ」がキーワードだったんです。

小売店のアプリは販売POSから受発注システムまでがあると便利(運用の流れと仕組み)

このABCSアプリの中身を、これから数項目にわたり細かくご説明しますが、ABCSは下記の通りの使用者内容に分かれています。どのようなアプリシステムなのかを、今後はご説明していきたいと思いますが、この販売POS&受発注アプリで大枠をフローチャートでご説明します。

小売チェーン店での運用フロー比較

上半分がABCSアプリを導入前の店舗、ベンダー、本部の流れと仕組みです。下半分はABCSアプリ導入後の流れと仕組みになります。

あなたの店は、未だ、FAXでの注文ですか?

商品仕入れにおいて、

1、ベンダーさんへ、FAX注文をします。

2、その商品をお店に搬入し、店は受領します。

3、店舗はチェーン統一伝票などで、ベンダーさんへ受領書、チェーン本部へ納品書を送付します。

4、納品書から請求書に基づき支払いをします。

データ活用

5、販売データーは、店舗からの売上を元に本部で集計、

6、商品データは手書きの単品管理

7、仕入データーは事務作業で入力します。

8、そのデータから販売管理データなどを作成

この様な流れと仕組みだと思います。

ABCSアプリなら「かんたん」

店舗レジは現在使用分(買替え時で安価な分に切り替え)で、インターネット経由でパソコン(一般的なPCでOK)が店舗に一台あればABCSアプリを利用できます。

あとは、本部でのパソコン、タブレット、スマホでの業務が可能になりますので、本部や店長は、在宅ワークも可能になります。

ABCSアプリの運用の流れ

1、ベンダーが商品登録をします。(バーコードの依頼)登録情報を元に全てが可能になります。

2、商品の注文をアプリでします。(IT通販の買い物システムと同じ)

3、商品を納品、アプリで納品確認をすると自動的に本部、ベンダー様はインターネット経由で確認

4、在庫登録が自動的に

5、仕入登録が自動的に

6、パソコンでの販売商品のバーコードスキャンで店舗、本部で販売商品がタイムリーに閲覧

7、自動的に在庫数を減らし、販売登録されます。

8、レジ締めが終わると現金、クレジットなど売上明細の登録をします。

9、上記で仕入れ、販売、在庫、販売データを活用し、販売管理データの閲覧が可能になります。

上記の流れにより、売上、仕入、在庫、粗利益率、高、の確認ができます。

日計、週計、月計、年計、仕入れでのベンダー別、店舗別合計が都度確認可能、その他、在庫、粗利益の確認、商品単品の販売状況、販売推移などなど、それらを瞬時に販売時点で確認することが出来ます。

もちろん、ベンダー様への支払決定の為に、納品書の確認、請求書との突き合わせなどの作業は大変な人件費がかかりますよね、その支払額なども自動計算になります。(全て、ベンダーが納品した商品を店舗で受領と同時に自動的に支払いへ回されますので人為的なミスがない限り間違いはありません)

ABCSアプリは無料になるかも?

大幅な経費削減、効率化は間違いがないですよね。実際にはこのABCアプリのシステム導入にあたっては、ある方法を使えば限りなく無料になるんです。お問い合わせの方にそーっとお教えします。

販売POS&受発注アプリ では、大枠な流れや仕組みを説明しています。

  • 本部 (管理者、SV、BY、経理=支払い集計)
  • 店舗 (店長、スタッフ)
  • ベンダー(担当者、商品管理者、経理)

このような方々が使用されるシステムなので、今後の項目で本部用、店舗用、ベンダー用とご説明し、そして実際の使用例を事細かくご説明いたしますので、お時間がある時にでも閲覧をお願いします。

今後は細部に渡ってのご説明を順次したいと思いますので、よろしければお付き合いください。

実際にはベンダーさんから、店舗部分、本部との流れですが、説明は店舗部分、ベンダー、そして、本部の運用部部をご説明していきます。

大枠だけでも早く知りたい方は販売POS&受発注アプリ をご確認ください。

上記、中小零細企業経営者に朗報なシステム(ABCS=アプリケーション、ビジネスコントロールシステム)は、販売・在庫・仕入金額が、リアルタイムに掴め、出張先や海外でも経営采配が可能になるので、まさにコロナ禍でのおうち時間で本部、ベンダー様には最適なツールだと思います。

ビジネスアイデア集(ABCSアプリで販売POS&ペーパーレス)

システムなどのお問合せは、このHP下記の「お問い合わせ」からお願いします。

nikoshibaの「事業概要」をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。

専門店、小売店を開業したい方は、全体像のショップ販売戦略販売POS&受発注アプリ編で、細部の実践マニュアルは、専門店マニュアル で順を追ってご説明させていただきます。

最大53%OFF!高級レストランをお得に予約!

今回のコロナ禍で、医療従事者と関連の方々のご苦労に頭が下がります。感謝をしたいです。皆様も感染対策をなさって大変な生活だと思います。これ以上、感染が拡大しないことを祈っています

そして、経済は大変な状況ですが、中小企業、個人企業の方々のヒントになり、業績が回復され、スマイルライフになれますようにお祈り致します。

スギ薬局の冷凍宅配サービス「スギサポdeli」









-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

専門店は内外装・商品を同時に考える

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から「専門店マニュアル」専門店マニュアルでご案内しています。 前項ではコンセプトの重要性、ブランドの構 …

竹内結子さんの悲報を聞いて

こんにちはnikoshibaです。竹内結子さんの訃報に接し、悲しみにくれています。ご冥福をお祈りいたします。 三浦春馬さんに続いて、、、 竹内結子さん、三浦春馬さんのファンの一人として残念でなりません …

小売店の販売POSから受発注をアプリで可能になるんです(ベンダー用①)

こんにちはnikoshibaです。 このABCSアプリは、小売店のシステム化の為に最適なんです。店舗レジは現在使用分で、パソコン(一般的なPCでOK)が店舗に一台あればABCSアプリを利用できます。本 …

悩んでるあなた。温かいパンを明日も食べたいと思う気持ちに、コロナ禍に負けないで前向きに生きよう

こんにちはnikoshibaです。 東京から北海道の月浦に移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェ“マーニ”を始めた水縞尚(大泉洋)と、りえ(原田知世)の夫婦。尚がパンを焼き、りえが、それに合うコーヒ …

小売店の店長の役割と目標達成のための業務はどのように

こんにちはnikoshibaです。 ここでは小売店の中でも、雑貨店やファッション店、その他の物販店チェーン店の店長や、チーフさんの業務内容などをご説明したいと思います。 小売店の店長の役割と目標達成の …

amazonアソシエイト

じゃらん