nikoshibaブログ

45年間小売業一筋、関西、関東に一時期30店舗近くあった店舗をコロナ禍でやむなく事業閉鎖、現在は流通業コンサルとして、開業支援や、事業承継等のお手伝いをしています。 長年営業できたことに感謝し、ご迷惑をお掛けした方々に懺悔しながら、経験を活かしお役に立てることで、皆様がHappy smileになれるお手伝いができればと思います。感謝

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

売れる専門店のレイアウト手法

投稿日:

こんにちはnikoshibaです。

前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。(専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュアルでは今までのアップ分をご覧になれます)

レイアウトのまとめ方

ここでは専門店の基本的なレイアウトの考え方をご説明します。この基本を元にレイアウトをアレンジし、商品にあったレイアウトを完成させてください。

①まず、基本レイアウトで大切なことは、レジ位置を決めて、主通路を考えます。

②全体でのポイントは客導線の流れを考え、山・谷(高低)の繰り返しで、空間を取り、見やすさの確保をして構成します。

③その次に、商品カテゴリー別、商品シリーズ別、感性別で構成し、テーマを考えてまとめます。

④後は、サブ通路を考えて、全体に流れを良くし、死に場所(行きにくい場所)がないか等をチェックして完成させるのです。

初回購入者限定キャンペーン実施中【mamaru-ママル-】

 レイアウトによって今後の売上げが、左右すると言っても過言ではないので、特に時間をかけて考えるべきで、何度もキャドなどでレイアウトパターンを考え、スタッフの皆さんの意見を聞きながら、確定するレイアウトを決めます。

(注意すること)

主通路は必ず一定の幅を確保する(商品は置かない)

お店の売場の通路を確保すること。

お客様の導線が明確に設定されているか?

まとまりがあり、整理された売場かどうかは客導線のとり方は?

そして導線の幅によってお客様の流れが決まるので、満遍なく店内を回遊していただけるようにします。

正面に立って1.5人以上がすれ違うことのできる通路幅、すなわち、床の空き面積が広い程選びやすく、買いやすい売場(お店)になります。

基本の通路幅は前述の通りですが、主通路はお客様が入りやすいように商品は置かない。必ず基本通路幅を確保しお客様を店内の奥まで誘導できるようにします。

サブ通路も確保しお客様に回遊して頂き、店内での滞留時間を長くし購買へと繋げるのです。

客だまりスペースの確保

客だまりスペースとは、お店の前面に位置し、お客様が店内に入りやすいように誘導するスペースと考えてください。

図の客だまりスペース(奥行き45~60センチ必要)には、商品を置かない。

 客だまり後ろの陳列の高さは90センチ位までの低い什器が望ましいです。(ハンガー什器を使用する場合もできるだけ低くします)

什器の前面には商品は置かないように注意をしましょう。(足元のカゴ置きは除く)

この客だまりスペースに商品を置くと、お客様の主通路へ視界がさえぎられ、入りにくくなり店内へと誘導できません。

お客様が店内へ入りにくいイメージを与えてしまうので、店内への自然な誘導が出来なくなり、店内商品の売上げに大きく影響するので、神経を尖らせ常に客だまりのスペースを確保する意識を全員に説明し維持するようにしましょう。

特にこだわりの感性マーチャンダイジングでは店全体を意識して、什器から、商品、スタッフまでもが店のイメージを醸し出すように考える事が必要になります。

安くできるのには理由がある!初回100円で始める「エラスチン」

カラーコントロール

商品のディスプレイと同様にレイアウトに必要な基本テクニックは、全体の「空間コーディネート」(空間スペースが多ければ多いほどゆったりと高級感が出ます)と「カラーコントロール」です。

「空間コーディネート」で全体をコントロールし、「カラーコーディネート」で見え方や印象をコントロールします。

レイアウトや、一般的に言われるVP(後の項で説明します)などのディスプレーの目的の第一は『入店意欲を促進する』ことにあります。

前項とも重複しますが参考にしてください。

このようにカラーを統一することで見え方が全く違ってきます。

次回に続きます。

このnikoshibaブログの、カテゴリー「売れる専門店構築」専門店マニュアルで順次公開したいと思います。

専門店、小売店を開業したい方は、ぜひ専門店マニュアルをご利用くださいませ。

お問合せは、項目欄の事業概要からお願いします。nikoshibaの事業をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。「事業概要

フランチャイズかんたん資料請求

じゃらんnet

6年間を支える丈夫なつくり【土屋鞄のランドセル】

-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

売れる専門店の仕入れ手法とは

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 小売店で販売量を予測し、商品仕入れをするためには単品管理(単 …

売れるショップは行動計画がある

前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。     (専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュアルでは今までのアップ分をご …

専門店のテレワークはシステム導入での経費削減が不可欠

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 丁度、現在の経済環境と同じような時期である。さて、この時代、 …

恐ろしいシステムトラブル

こんにちは nikoshibaです。東京証券取引所で10月1日に緊急事態が発生しました。相場情報の配信に障害が発生し株式全銘柄の売買を終日停止しましたね。 2日には大丈夫になったみたいですが、2005 …

専門店チェーンにはマニュアルがある

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。専門店、本部・店舗の販売マニュアルの作成運営管理や、接客、教育 …