nikoshibaブログ

45年間小売業一筋、関西、関東で30店舗(一時)近くあった店舗をコロナ禍でやむなく閉鎖、現在は流通業コンサルとして、開業支援や、事業承継等のお手伝いをしています。 長年営業できたことに感謝し、ご迷惑をお掛けした方々に懺悔しながら、経験を活かしお役に立てることで、皆様がHappy smileになれるお手伝いができればと思います。感謝

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

専門店どのようなお店を展開するの(商品MD)

投稿日:2020年8月31日 更新日:

こんにちはnikoshibaです。前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。

いよいよ専門店を作るための専門店マニュアルに入りたいと思いますが、多くのページに渡りますので、暇な時間に時折覗いてくださって、カテゴリー欄の売れる専門店、専門店マニュアルをクリックしてご覧になってください。

では、先ず、専門店と言っても幅広いですよね。

なので、自身で趣味嗜好と実益を兼ね備えた専門店が一番だと思います。好きでないとお客様へは伝わらないと思います。そのためにはこの売れる専門店、専門店マニュアルを熟知しましょう。

今後の項目は専門店としての、ファッションや雑貨店を意識してアップして行きますが、その他の業種さんにも必ず参考になると思います。

飲食店の方にも参考になる部分がこの専門店マニュアルには多くあると思いますので、自分なりの発想をプラスされて、小売業の基本と考えて一緒に専門店マニュアルを勉強なさってはいかがでしょうか?

どのようなお店を作るのか?商品MDの仕組み

 店舗規模と営業収益の予算化と試算

 どのようなお店をビジネス展開するか 

大きな目で先ず考えると

イ、廉価販売、大量消費の時代はたくさんのものを作り、粗利益を落として、安くで販売(但し在庫が多く必要なため資金が必要)    

ロ、粗利益率重視による高粗利率を目指すと、その事により在庫を少なくできるので、資金回転が良くなり資金に余裕がでます。


現在のビジネスでの成功モデルはユニクロに代表されるカテゴリーキラー(大型専門店)でイを、主軸にしているが、昔とは違いコダワリ発送をプラスされています。現在では祖利益確保のために製造直売し、素材、デザインなどに加え、機能性商品などで付加価値が高い商品戦略で、このような戦略でグローバルな企業に成長しました。

これからの専門店が生き残り成長するためには、今では一部の商品はメーカーさんとのタイアップ(OEM)により、海外でのオリジナル生産で、高粗利益を目指す。そして、他社、他店との差別化を図れる戦略商品が必要になります。

どのような商品で展開したいか、どのようなお店に、店舗規模をどのくらいの坪数が良いのか、どのような地域への展開を図るかを考えた店舗展開。

そして、出店地域は関西及び関東に、まずは集中し成功事例を作り、その後に全国展開を考えるなど、もし、チェーンメリットを出すにはこのような考えが必要となります。それから、いかに、商品の考えに遭った内装を意識した店づくりを考える必要があります。

今後の専門店の場合は、専門店マニュアルを勉強するのはもちろんですが、ECサイト、システム化や、AIの活用なども必要不可欠な時代になりつつあります。

『日常』から『非日常』へ。革製品専門ブランド【TRACUS(トラッカス)】

コロナ禍の今、苦難の道のりですが、物販の専門店、飲食の専門店なども業種によって、アイデア次第ではより大きな利益を獲れる時代になって行きそうな気がします。

オリーブジュース100%オイル【キヨエ】

おうち時間が多くなり、美容健康関連ではコロナ禍でも、髪は自然と伸びるし散髪は不可欠ですよね、カフェやリラクゼーションなどの少しの癒し時間を楽しみたい人へとか、ファッションでもおうち時間が多くなりリラックスウェアーやワンマイルウェアが人気になったり、

Mashu Kashu ~私らしくなじむ服~ jolie clothesへ

室内空間より、人が少ない外空間での過ごし方が多くなりそうなので、キャンプ用品などが人気があったりで、これからのビジネスモデルが大きく変わって行きますよね。

飲食でもお取り寄せや、テイクアウトでの販売が多くなり、今回も政府がGo to キャンペーンに続き、Go to eatと銘打って、Go to eatの割引での利用推進をする計画を見てもそうだと思います。

Go to eatなども背景に入れて考えると今後のビジネス構築にも役立つのではと思います。

結論としては、オーナーさんがその専門店ビジネスを愛され、これからの時代にあった専門店ビジネスは、お客様が求められ、喜んでいただけるMD計画を組み、尚且つ収益が上げれる専門店ビジネスに特化して考えるべきだと思います。

次回に続きます。

このnikoshibaブログの、カテゴリー「売れる専門店構築」専門店マニュアルで順次公開したいと思います。

お問合せは、項目欄の事業概要からお願いします。

「カメラのキタムラ」フォトブック

オーセンティックヴィンテージとクラシックデザインをコンセプト【FOSSIL】

両サイドのシリコンキャッチャーで横流れ防止【ふわっとマシュマロブラ】

-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

60歳からブログに挑戦

nikoshibaブログ 笑顔になれるといいね😊 笑顔に「ありがとう」 60歳からスマイルライフになれる様に自粛生活 nikoshibaブログ にトライしてます。 みんなが笑顔になれると「いいね」 楽 …

小売店 専門店の基本陳列はこのように

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。(専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュア …

専門店采配はリーダー次第で変わる

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。(専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュア …

小売店の開店時の商品搬入効率化はこれ

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。(専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュア …

これからの専門店は接客が武器になる

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 コロナ禍後、これからの専門店が生き残るには、接客が武器になり …