nikoshibaブログ

45年間小売業一筋、関西、関東に一時期30店舗近くあった店舗をコロナ禍でやむなく事業閉鎖、現在は流通業コンサルとして、開業支援や、事業承継等のお手伝いをしています。 長年営業できたことに感謝し、ご迷惑をお掛けした方々に懺悔しながら、経験を活かしお役に立てることで、皆様がHappy smileになれるお手伝いができればと思います。感謝

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

売れる専門店の仕入れ手法とは

投稿日:2020年9月8日 更新日:

こんにちはnikoshibaです。

前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。

小売店で販売量を予測し、商品仕入れをするためには単品管理(単品商品の売れ数を掴む)が重要になります。

昔は値札を管理し、売れるたびに半券を保管して統計を出していましたが、最近はレジ(POSレジ)で販売時点処理を行えるようになりました。下記の原理が分かると、今後の商品仕入れ予測、販売予測に役に立ちますので、必ず、小売店などの流通業を目指す人はこのABC分析を熟知しましょう。

ソニーネットワークコミュニケーションズMANOMA

これからは商品仕入れはAI化され、瞬時に判断されるようになりますが、基本がわからなければ意味を成しませんね。では、ここでは簡単に説明をしましょう。下記図を見ながら、読み進めてください。

この図はABC分析を表したものです。ABC分析とは簡単に言うと商品アイテム数が10アイテム仮にあったとします。その売れ方は約2アイテムの商品が約7~80%の売上を占めるという考え方で、それをAで表します。データー実験によりこの考え方が認識されました。図が見にくいと思いますのでイメージで考えてください。

月額980円・高速SSD【JETBOYレンタルサーバー】

商品仕入れ、この場合は追加発注になりますが、単品管理により一週間程度の販売数をつかみABC分析をします。

図のように、ある期間の販売データにより、このような結果になることが一般的に予想されます。

Aゾーンの商品を一日も早くつかむ。

何日で何個の商品が売れたかで、入荷後の売上を予測し発注します。

販売商品のシーズン性、イベントなどの事情を考慮すると、デッドストック(不良在庫)には間違ってもならないから安心して注文できるのです。

Bゾーンの商品は

同じく数量をつかみ、この商品は、そこそこ売れる商品なので最低の注文数量で発注をして様子を見ることでAに変わるか、Cへ落ちるかの判断が必要です。

Cゾーンの商品は

間違っても追加の注文はしない。この商品は入れ替えが必要の為、データにより商品台帳から、早期に処分し、新しい商品への入れ替えが必要です。

これらのABC分析を繰り返すことにより、常にAの商品は継続して数量確保を行うと共に、A・B・Cが徐々に移行することもあるので、それに注意をしていると、Aの商品が、Bに、さらにCへと変化する。Bの商品がAに変化したりすると、この商品は今後の売れ筋につながり、多めの在庫を確保することで、売り上げ増が見込めます。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

商品仕入れにおいて、商品の補充発注はこのABC分析を活用することで売り上げ増、在庫削減につながりますので、常に、在庫数、販売数、仕入れ数を意識する必要がります。これをデーター化するのが発注管理になります。

発注管理をしていると、商品の一番売れる時期から、段々売れなくなる時期が分かる。その一番の、売れる時期から、少し売れなくなってきたなと思う時期に、その商品の注文を止めることで不良在庫を防ぐことができるのです。

このような事から、商品仕入れにおいて、特に追加発注の場合は発注管理による単品管理の重要性が分かると思います。

次回に続きます。

このnikoshibaブログの、カテゴリー「売れる専門店構築」専門店マニュアルで順次公開したいと思います。

お問合せは、項目欄の事業概要からお願いします。

じゃらんnet

6年間を支える丈夫なつくり【土屋鞄のランドセル】

『あなたと共に旅をする。』熟練の職人が生み出す革製品専門ブランド【TRACUS(トラッカス)】

-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

売上が悪いショップはこれだ

こんにちはnikoshibaです。 コロナ禍の中でどうしても集客が悪く悩んでいる専門店、小売店も多いですよね。 今、Go to eat .Go to travelなどで政府主催のキャンペーン、そして地 …

小売店の販売POSから受発注をアプリでできるんです(店舗用②)

こんにちはnikoshibaです。 小売店のシステム化の為に、このABCSアプリを導入すると、店舗レジは現在使用分(買替え時で安価な分に切り替え)で、インターネット経由でパソコン(一般的なPCでOK) …

ショップ数字の見える化は簡単です

こんにちはnikoshibaです。 専門店、小売店などのマニュアル、一部の販売戦略などをこれまで記載して来ましたが、これらのショップが生き残るには、今後を考えたシステム化が必要となります。 今回のコロ …

小売店の売上管理はこのSPC資料でPDCAをします

こんにちはnikoshibaです。 小売業の皆様、コロナ禍での毎日の営業お疲れ様です。特に飲食店、旅行業関連の皆様のご苦労は大変なことと思います。 今回のコロナ禍で、一挙にAI化が進みそうな感じですね …

Go To トラベル利用してみた

こんにちはnikoshibaです。 Go To トラベルキャンペーンは、条件が細かく記載されて複雑に見えるので、どのように利用(使える)できるのかなぁと利用者の立場でリサーチしてみました。 このnik …

amazonアソシエイト

じゃらん