nikoshiba

専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業の発展のためにノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)。その他、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

売り上げアップをSTPQで確保する

投稿日:

こんにちはnikoshibaです。

ビイネス全てのことにおいて繋がると思います。STPQですが、(Sはスピード、Tはタイミング、Pはプライス、Qはクォンティティー)

このことが一番重要なポイントとなり、必ず理解し、熟知することで売上増が見込まれます。

ここでは専門店、小売店などの説明になりますので、商品の仕入れについては、どんなに発注数量が合っていても、スピードが遅くて、タイミングがずれると、不良在庫になるので、単品(発注)管理を行った後、すぐに発注するように心がけましょう。

今のようなコロナ禍においては、コロナ禍が落ち着くタイミングでは、お客様がショッピングも我慢していた分だけ大きな売上が見込めるかもしれませんね。そのタイミングを見逃さないように今から準備をしましょう。

アパレル業界のお仕事ならアパレル業界特化のパルドへ

STPQとは

Sはスピード

何事においても情報化の時代にはスピードは大切ですが、ここでは売上げアップの為の商品発注について説明しますが、発注が遅れるとチャンスロスになるし、遅れたことにより売れるべき商品が売れなかったなら、それは不良在庫になるのです。

逆に、このことを熟知することで売上アップに繋がるのです。

Tはタイミング

季節により催事がありますが、例えば母の日、母の日の前二ヶ月前に入れるか、一ヶ月前に入れるかで、このタイミングにより売り上げにかなりの差が出てきます。

PはプライスとQはクォンティティー

価格と数量の関連ですが、価格が3000円なら20個入れるとします。しかし、この価格が2000円としたら50個の仕入れが必要かもしれません。

機能性を考えた手作りランドセル【ランドセルの岐阜横山鞄】

このように仕入れや販売のタイミング、そして販売期間、価格によって数量が増減します。なので、このことは売上アップのための商品仕入れにおいて一番重要なのです。

(注意すること)

・忙しい日に商品をいれない。(土・日・祝日を避けて着日指定する。)

・月曜日指定着の商品を、運送屋さんが土日に持ってこられた場合は、月曜日に持って来て頂くように交渉する。

・万一忙しい時間に荷物が入ったら、邪魔にならない所に置いておき暇な時間を見て値付けや商品出しをする。

これらの事は、些細な事だと思われがちだが、重要なポイントです。

以上の事から分かる様に、忙しい時間帯を避けて、単品(発注)管理をし、すぐに発注をします。

忙しい曜日を避けて同じく発注する。納品日は必ず土・日の前日及び前々日・売り出し日の前日、及び前々日に指定する。メーカー各社の納期日程を考えて発注することも必要です。

納期が遅い場合があれば、至急お取引先様へ連絡します。

毎月度、毎週の発注のタイミングを計る事で売上に繋がります。

シーズンインにおける発注では、特にABC分析のA商品を発注しスピード重視で確保するようにします。

タイミングとして、上期の三月に導入した商品だと、六月下旬くらいまでの数量を見込み、五月下旬より在庫調整に入る。

下期の九月に導入した商品の場合は、十一月下旬くらいまでの数量を見込んで、十二月十日位から各店在庫調整に入る。

何度も言いますが、商品発注に関しては、追いかけ過ぎるとロスになり(見切り対象商品になる)減らしすぎるとチャンスロスを引き起こすので数量出しは慎重に。

このように慎重にSTPQを考えて商品発注や、販売を心がけましょう。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

次回に続きます。

前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 (専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュアルショップ販売戦略では今までのアップ分をご覧になれます)

このnikoshibaブログの、カテゴリー「売れる専門店構築」でも順次公開しています。

専門店、小売店を開業したい方は、ぜひ第1専門店マニュアル

第2ショップ販売戦略をご利用くださいませ。

お問合せは、項目欄の事業概要からお願いします。nikoshibaの事業をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。「事業概要

贅沢な気分を味わいたい特別な夜に『一休の夜景レストラン特集』
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
フランチャイズで独立・開業
6年間を支える丈夫なつくり【土屋鞄のランドセル】

-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

新型コロナの増殖を100%阻害する身近な物質を発見

こんにちはnikoshibaです。 いつも、小売店のマニュアルを中心に投稿していますnikoshibaブログをご覧いただき有難うございます。時折、健康や暮らしでスマイルになれる情報を投稿していますが、 …

デジタル社会への遅れと、デジタル庁の意図することとは

こんにちはnikoshibaです。 政府がデジタル庁を9月1日に発足しました。新型コロナウイルス禍で浮き彫りとなったデジタル化の遅れを挽回するための策ですが、当面の課題は全国でのシステム統一をクリアす …

高齢者の為のスマホ・PC教室(無料)日本のデジタル化の遅れをどのように

こんにちはnikoshibaです。 新型コロナウイルス感染症により、「人と接触を避ける」オンラインでのサービスの利用拡大が求められています。しかし、高齢者はスマホやPCなどのデジタル活用に不安のある方 …

小売店のアプリは販売POSから受発注システムまでがあると便利(運用の流れと仕組み)

こんにちはnikoshibaです。 ABCS=アプリケーション、ビジネスコントロールシステム、即ち、ABCSアプリが完成した背景をご説明しますと、現在、POSレジの活用で高額な費用をかけて販売管理をな …

売れる専門店の仕入れ手法とは

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 小売店で販売量を予測し、商品仕入れをするためには単品管理(単 …

amazonアソシエイト

じゃらん