nikoshibaブログ

45年間小売業一筋、関西、関東に一時期30店舗近くあった店舗をコロナ禍でやむなく事業閉鎖、現在は流通業コンサルとして、開業支援や、事業承継等のお手伝いをしています。 長年営業できたことに感謝し、ご迷惑をお掛けした方々に懺悔しながら、経験を活かしお役に立てることで、皆様がHappy smileになれるお手伝いができればと思います。感謝

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

商品戦略での仕入から販売までのプラン

投稿日:

こんにちはnikoshibaです。

前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。     (専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュアルでは今までのアップ分をご覧になれます)

これまでの専門店マニュアルでご紹介しています。前書きから第4章までは、小売店、専門店の基礎知識が主でしたが、これからの第5章からは戦略的なことや、育成、システム化などについて随時公開をして行きたいと思います。

このnikoshibaブログでは、量販的な部分より、専門店として感性を考えたコンセプトの確立により、店作りから販売まで、商品仕入及び生産から販売までを視野に入れて、競合店に対する優位性を確立する為に考えています。

商品戦略(MD)プランの考え方

まずは、ストアーブランドブランドがない専門店は?の確立から、競合他社との自店ポジショニング専門店のコンセプトの構築方法 を考えた商品ブランドの育成を長期的な視野で考えることが大切です。

そして、競合ブランドに対する優位性を持つにはどのようにするか、販促手段はどうするか、戦略的なマネージメントによる売上計画、顧客満足度を考え、出店計画などから、安定成長の可能な企業にするのはと考えます。

その為には、仕入れにおいても、お取引先との良心的結合が不可欠であると思います。「買ってやるではなく、売っていただく」と言う気持ちで接します。しかし、最終のお客様のことを考えて正当な要求、要望はしなければなりません。このことが一番重要だと思います。

そこで重要なのは、商品部(チエーン店の場合)の業務であるが、目的はコンセプト感性のお客様に対して、ベストな商品をお取引先より選出、または海外でのOEM(メーカーとのコラボレーションによる生産など)生産により、商品を導入し、お客様に夢と楽しさを提供すると言う意志が大事になります。

仕入計画は、それらMDを頭に入れて、店舗、営業部、取引先、競合店、社会情報を基に、棚割りイメージを考えた上で仕入計画を作成する必要があります。

専門店 小売店の商品陳列手法

小売店 専門店の基本陳列はこのように

専門店 小売店はお客様目線が重要なんです。

売れる専門店のレイアウト手法

じゃらんnet

MD仕入計画表(年間計画

年間にわたり三月~翌年二月までの計画を立てる。

導入の時期、営業部の年間計画と販促計画を考え仕入時期及び、PB(プライベートブランド)商品、OEM商品の製造時期を前以って予定して、仕入計画表を作成する。

仕入計画表  (月度計画)

仕入計画表及び近々の上記各情報、月度の営業部の要望、及び販促に基づいての計画を立案する。

上期は二月~三月にPB商品、OEM商品を販売可能にし、定番、準定番の選定を行う。

同じく、下期は八月~九月にPB商品、OEM商品を販売可能にし、定番、準定番の選定を行う。などですが、業種によりファッションなどはもっときめ細かなプランが必要です。理由としては、4シーズンプラス合物が必要になります。

その後、廃番商品(止める商品)がでた場合、差し替え商品をお取引先より、再度選出し商品マスター登録をお願いし、廃番情報と共に各店へ連絡をする。その他の商品(特別価格の商品、開発商品など)毎月の販促計画に基づき二~三ヶ月前より仕入を開始する。

アンテナショップ(実験店)に導入した開発商品の売れ行きが好調な場合は早期に各店への導入をする。その場合は定番に組み込み、定番商品の入れ替えを実施する。などになります。

通常、原則的に買取りですが、委託の必要性がある場合、または、バーゲンが早期に行われる場合、短期のイベントなどを計画し販売する時は、お取引先への委託をお願いできる場合があります。

石垣島の自然と共生するオーガニックファーム
やえやまファーム

チェーン店などの場合は、商品仕入と報告ですが、毎月の営業会議に、営業部へ前以って、カテゴリー(商品種)別の売上集計及び、前年対比、カテゴリー別売上構成などの資料を提出し報告する必要があるでしょう。

月別商品、計画商品など仕入、その商品を各店振分注文書にまとめ、集約した合計のファイルを作り提出します。(お取引先様名と商品種及び販売価格、全体数量で合計金額を出しておく。)

その他、PB(プライベートブランド)商品、OEM(メーカーさんへ依頼したオリジナル)商品を導入後にデータ分析し、販売数量を把握した上で、今後の仕入計画の立案と次期商品開発会議などで修正をかけて、今後の仕入れ、販売に生かします。。   

塚田農場「家飲み便」

その他のミーティングの主な内容は仕入戦略に於ける、お取引先様との取組方法と、取引情報収集及び提供、店舗イメージ、レイアウト・棚割と並べ方の提案、今後の新商品の企画開発提案等の内容で行い、今後の仕入計画に役立てると良いでしょう。

コンセプトはもちろん、各方面からの情報の収集と商品会議の中での提案を考慮の上、商品のデザインを考え海外でのOEM生産の計画をし生産依頼をしたりとなります。

この業務の中では、情報収集による分析が必要となります。今では私やスタッフとシステムエンジニアで考えたアプリで、POS(販売時点処理)から補充発注業務、さらに分析とできるようになりました。これがスマホやタブレット、PCで操作が可能なのです。詳しくは後々の項でご紹介します。

iPhone8がめっちゃ安い!iPhone販売専門【ハピネスネット】

今後はこのアプリを利用し、流通倉庫(ロジスティック機能)の利用による小口配送で多品種少量、翌日納品を可能にすることにより、チャンスロスの削減と在庫高削減を図ることができると思います。

さらに、PB商品、OEM商品及び継続可能商品の自動発注化を目指すことにより、売れ筋商品を早期確保に繋がり売上の拡大が図れるでしょう。

さらに海外とのパイプを深め、OEMが基準となりますが、製造販売小売店の基礎の育成と原価率の削減を図り、販売価格のよりリーズナブルな商品化を目指し、顧客満足と、利益を確保し、感性小売業の確立を目指すことは今後の小売業のヒントになると思います。

このコロナ禍の中で、ビジネスのあり方自体が変わりつつありますが、ECでの通販は必要不可欠な時代になると思います。そんな中でも、やはり実専門店の役割はお客様の夢や楽しさを醸し出す。なくてはならない用途だと思います。

実専門店があり、信用を高めた上での通販サイトの構築が不可欠でしょう。

フードマスターも驚く味!馬刺しはココで

次回に続きます。

このnikoshibaブログの、カテゴリー「売れる専門店構築」で順次公開したいと思います。

専門店、小売店を開業したい方は、ぜひ専門店マニュアルをご利用くださいませ。

お問合せは、項目欄の事業概要からお願いします。nikoshibaの事業をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。「事業概要

累計1,600,000個突破!神戸バニラフロマージュ

6年間を支える丈夫なつくり【土屋鞄のランドセル】

                       

-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

売れる専門店は販売技術がある

こんにちはnikoshibaです。 専門店、小売店の一般的な販売技術であるが、どうすれば、お店へ足を運んでもらえるか、 その為には、販売促進が必要不可欠で、販促によってお客様が来店された場合、より多く …

感性専門店の販売手法とは

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 販売方法・仕入発注の構築 ここでは売上をアップするための販売 …

専門店の接客用語はこんな感じ

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 接客対応の心構え 販売という仕事は、単に商品と代金を交換する …

新規お取引先で売れる専門店は決まる

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。     (専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門 …

60歳からブログに挑戦

nikoshibaブログ 笑顔になれるといいね😊 笑顔に「ありがとう」 60歳からスマイルライフになれる様に自粛生活 nikoshibaブログ にトライしてます。 みんなが笑顔になれると「いいね」 楽 …