nikoshiba(ニコシバ)

シニア、高齢者の方々へスマイルライフな情報を発信しています。「SNS.スマホ.PC」「健康.カラオケ」「観に旅」のこと、そして、専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業の発展のためにノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)です。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

商品値上げラッシュで小売業にはさらなる試練が!しかし大きな希望も

投稿日:

こんにちはnikohisba(ニコシバ)です。

ロシアによるウクライナ侵攻、脱炭素問題、原油価格の高騰、半導体の不足で、スマホ、パソコンを始め、エアコン、冷蔵庫、電車賃、もちろんガソリン価格や、石油で出来ている化学繊維、さらに円安でオイルショックの時に取り合いになったトイレットペーパーなども高騰しています。

●商品値上げ

商品値上げラッシュで小売業にはさらなる試練が!しかし大きな希望も

日米の金利差拡大を背景に円安が進んでいるのと、そして、ロシアのウクライナ侵攻なども相まって、資源価格の高騰に拍車をかけています。更なるインフレで商品価格の値上げは避けて通れない状況になりつつあります。

インフレでの小売価格はこのように↓で掲載していますのでご覧ください。

小売業界は数年前のリーマンショックから、増税前の駆け込みや震災の影響など、年によって業績が大きく上下する経過を見せていましたが、近年になると、多少の振り幅は残るものの、業績全体で落ち着いた結果を出していました。

特にコンビニや・ミニ食品スーパーなど規模の小さい業態では、売上上昇が顕著になり、今後に期待される分野となっていますが、今回のコロナ禍においては厳しいのがコンビニでした。

小売業界での大きな問題として、コストや人件費の問題があります。削減していきたい分野といえますが、実践したことによるデメリットとして、サービス力の低下・品質の低下などがあり、企業のイメージに大きく起因する要素で妥協をしなくてはいけなくなくなります。難しい課題ですが、近年ではこれをクリアする案として、「セルフ化」が検討されている企業もあります。

前回も小売店が変わる!コロナ禍後に大きく変わる小売店、専門店も こちらでご説明しましたが、新しい専門店のあり方として下記のような店舗が少しずつ実験されておるようです。

このように新しい考え方の専門店が次々に考えられています。専門店の基本が分かった上でのアイデアの生み出し大切ですね。

デジタル化専門店
店舗で気に入った商品を、QRコードから覗いてもらうことで、価格、サイズ、素材、特質セールスポイントなどのアピールを入れて、音声でも説明を可能にし、実際の商品を飾り販売する。(ディスプレイーなど画像で見せ、用途なども見せる)店員は置かないでインターネット販売との融合

ダークストア
食料品、日用品などが主品目ですが、お店なのにお客様は入れない倉庫をダークストアとして位置付け、インターネット上のコンビニ。インターネットで注文すると半径4キロ以内で30分以内に配達、配達料が220円かかるのがこれからのキーポイントに。

アメリカでは15分以内に配達、配達無料とされているらしく、今後の展開次第では大きく伸びるかのせいがありますね。

オンライン店舗

オンライン上の仮想空間に設置する店舗のことです。リアル店舗同様に「商品を見て」「説明聞いて」「購入」できるんです。一例としては店舗に店員は置かず、オンライン上での接客をし、商品説明も、レジは自動AIレジで対応とかが可能になるんです。

メタバース 仮想空間店舗

自宅にいて、朝から夜までの好きな時間に仮想空間に入り滞在し買い物をする。今でもオンラインショップ、ECなどのサービスで自宅でいながらのお買い物が増えていますね。

そして、これからは仮想空間で、お友達とショッピングセンターに行き買い物をして、食事を楽しむ、そして、遊ぶ、おしゃべりを楽しむなどができるんです。そんな時代が、もうそこまで来ているんです。

世界が注目するメタバース(仮想社会)とは、小売業はどのように展開すべきか?

●現実社会と仮装空間が目の前に

小売業はどのように対処するのか

こんな中ですが、小売業はどのようにして生き残るのか、大きな課題を課せられている気がします。上記のデジタル化専門店、ダークストア、オンライン店舗も含めて、オムニチャネルなど、ECサイトと実店舗、両者の強みを生かして連携させながら売り上げを増やすオムニチャネル的な視点も欠かせません。

以前、イトーヨーカドの鈴木元社長が提言されていましたが、オムニチャネルというのは、マーケティング用語として使われる「チャネル」に、あらゆるという意味合いを含む「オムニ」という言葉をつなげたマーケティング用語で、つまり、全ての流通経路を統合的に連携させた状態をつくり出し、顧客にアプローチしていく、という戦略なのです。

小売業のMDは、ターゲットに合わせた地域、店作りの内外装、そして商品、販売スタッフ含め、トータルな考え方の中で展開することにより、初めて売上が取れると思っていますが、原点に立ち、上記のような背景を考えて、基本を熟知した上で、デジタル化専門店、ダークストア、オンライン店舗、オムニチャネルなどを意識した店舗作りが必要なのではないでしょうか?

それに加えてメタバースでの仮想空間店舗などにも注視しなければなりません。

 小売業はユニクロやニトリ、良品計画などに代表される大型専門店の時代であり、大手量販店、百貨店ではこれまでの業種による販売から生活雑貨、リビング雑貨、ファッション雑貨そして、セレクトショップに於ける業態の販売へと変化が余儀なくされ、大手量販店、百貨店の各商品部門の活性化に苦慮している中で、これらの事はヒントになるはずで

生き残るためには業種から感性業態の考えへ、店名もコンセプトに合わないなら換える勇気が必要かもしれないですね。

大手量販店の戦略は良品廉価販売に再び路線を切り替えて、ドンキホーテは成功を収めています。本来の考え方に回帰しているのだと思います。

それは、それで正解だといえるでしょう。しかし、別の考え方があっても良いのでは、とも思うのです。感性小売業の考え方は、もう一つの切り口のはずだで、ファッション的な商品に関しては、感性構築に売場作りのMDは必要だと思います。

高齢者が増えた今では、昭和を懐かしむ店舗や、商店街なども面白いし、最近では若い人たちの間で昭和人気が発生したりと色んな感性を持つようになりました。

それに商品の季節感が無くなりつつある。電車に乗って、驚いた事がある。まだ、9月の初めで、残暑と言うのに、ブルゾンを来ている若者がいる半面、女性は重ね着ファッションで、冬でも、ヒートテックなどで薄いものを重ねて着る傾向があります。

モノあまり、買い控えとデフレ経済の中、お客様は、自分の価値観、すなわち、付加価値「こだわり」の発想を持つ人が多くなった。大手、中小専門店においての購買でも、その辺が顕著になってきたことは確かです。

現在の政治経済を考えた時「歴史は繰り返す」と言われますが、オイルショックを契機として「発想の転換」とか「企業経営の再編成」が要請されるようになった。そして、今回のコロナショックで大きく変わらざるを得なくなったと思います。

●ファッションも大きく変わる

このような「消費者の変化」にはいち早く対応していかなければなりません。需要、意欲からはじまり、クレームに至るまで、時代が変わればそれだけ消費者も変化していきます。特に今後はネット世代が本格的に消費を行える歳になり、ネットサービスの強化も必要になっていきます。また、高齢者社会になり、お年寄りに向けたサービスも考えていかなければなりません。

高齢者に向けたネットサービスの強化

今後、ネットサービスは間違いなく強化しいく必要があります。通販市場の業績は年々向上していますし、現在ネットのショッピングサービスを利用している層が、段々と年を取り高齢者の枠の中に入ることも予想されています。

消費者にとっては、どこでも買い物ができるというはありがたく、時間の短縮にも繋がるので、満足度向上に直結した分野となるでしょう。

高齢者に向けたショップサービス

高齢者への配慮も必ずすべきです。時代が進んでいく中、今後より一層店内での買い物もしにくくなることが予想されます。高齢の方に向けた課題としては、

・歩きやすい店内
・見やすい広告
・代行サービス
・健康を意識した商品完備
など、補完していきたいものが多々あるので、方針として取り入れると良いでしょう。

小売店のシステム化で収益アップと経費削減

現在の小売流通業は、深刻な「人手不足」と「最低賃金の引き上げ」の二重苦を抱えています。


2030年時点の小売流通業の人手不足は、最大約60万人と予測され、人手不足が深刻な国内産業トップ3にランクイン。さらに小売業は他業態との競争が激しいため、賃金引上げ分の価格転嫁は難しく、その分利益圧迫という深刻な問題にも発展しています。

しかし、業務を構造的に紐解いていくと、人手不足問題の中には見かけ上の人手不足が多分に起きています。見かけ上の人手不足とは、多くのムダを内包した業務を放置しておきながら、人手が足りないと公言している状態を指します。

人件費削減目的ではなく、システムなどを利用し、効率化により捻出した時間を、価値の高い業務に再分配する、といった人を活かす取り組みが必要となります。

私は10数年前に小売店のシステム化に取り組みました。ずいぶん経費削減ができました。現在ではPOSとの連動なども出来ますが、ここまで進んでいる小売店はまだ少ないと思います。

数年前からITでの伝票などのペーパーレス化などでの経費削減とかを叫ばれていますが、まだ、実現には至ってないようです。お取引先様とのペーパーレス化を図ることで大きな削減ができるにです。

日本ではIT化が進まない理由はどこにあるのでしょうか、上記のような店舗が多くなる今、小売店、専門店さんは早くシステム化を進めないと取り残される気がします。

そして、ここに来てメタバースが台頭してきています。このメタバースの取り組みにもこのようなアプリシステムが不可欠ではないでしょうか?

メタバース 詳しくは

ABCS=アプリケーション、ビジネスコントロールシステム

中小零細企業経営者に朗報なシステム(ABCS=アプリケーション、ビジネスコントロールシステム)は、販売・在庫・仕入金額が、リアルタイムに掴め、出張先や海外でも経営采配が可能になるので、まさにコロナ禍でのおうち時間で本部、ベンダー様には最適なツールだと思います。

コロナ禍後にはきっと大きな小売業の発展の波が来ると思います。その波に乗る為にもこの(ABCS=アプリケーション、ビジネスコントロールシステム)をご活用ください。

このABCSの中身を、これから数項目にわたり細かくご説明しますが、ABCSは下記の通りの使用者内容に分かれています。

  • 本部 (管理者、SV、BY、経理=支払い集計)
  • 店舗 (店長、スタッフ)
  • ベンダー(担当者、商品管理者、経理)

このような方々が使用されるシステムなので、今後の項目で本部用、店舗用、ベンダー用とご説明し、そして実際の使用例を事細かくご説明いたしますので、お時間がある時にでも閲覧をお願いします。

今からでも遅くない。小売業アナログからデジタル化への転換、経費の大幅削減が可能に

事業のご案内

現在は、専門店チェーンを45年間、長年にわたり経営をしていた実績を生かして、小売業コンサルとして、開業支援や、小売店の運営などのご相談を賜っています。

当時開発した販売POS&受発注のシステム(ぺーパーレスでの受発注システム)、ABSCアプリなどもご案内できますし、経験からホームページの作成なども専門店ならではのアドバイスや、SEさんなどのご紹介もいたします。

その他、経営難の会社さんの社長に寄り添っての、お悩み相談、アドバイス等、失敗の経験からのお手伝いをしています。事業承継や、M&Aのお手伝いも可能です。お気軽にご相談くださいませ。

開業支援、専門店効率化

◉専門店の運営のお手伝い

初めての小売店、専門店運営をお考えの方に親切にアドバイスをいたします。

詳しくは  専門店マニュアル

◉専門店を開業したい方ショッピングセンターへお店を出したい方

店舗開発から、店舗内装のご相談、仕入れ先開発など、開業支援のコンサル・POS販売管理・ペーパーレスでの受発注システムなどのご案内を致します。

詳しくは  ショップ販売戦略

◉テレワークでのシステム化、ペーパーレスで大幅な削減をしたい方

 詳しくは 販売POS&受発注アプリ ABCSアプリ(アプリケーション・ビジネス・コントロール・システム)

ホームページ作成・AI、顧客管理アプリなどの制作もご相談ください。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!



事業承継、M&A

◉経営上のお悩み相談、事業承継、M&Aなどのご相談も賜ります。

45年間続けていた事業をコロナ禍で閉鎖した経験から、経営者の皆様の立場での悩み相談、事業承継などお気軽にご相談ください。

どうしても、ご継続を断念なさる場合も、ひょっとして継続を模索できるのではの可能性も含めて、経験からのご相談、アドバイスを賜ります。

nikoshibaブログ に戻る

お気軽にお問い合わせください。
2〜3日中にご連絡をさせていただきます。
お問い合わせは無料です。

お問い合わせは こちら nikoshibaブログ の『お問合せ』から







-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ビジネスを生き甲斐にシニアが「アナログ」「デジタル」マーケットに参入?

こんにちはnikoshiba(ニコシバ)です。 現役を引退した多くのシニアの方が悩んでいる。それは、何故なのか、社会から切り離された孤独感や、何かをしたいのに何もできない。することが見つからないという …

専門店コンセプトの構築とMD戦略でのマーケティングとターゲットの決め方

こんにちはnikoshibaです。 ここでは、以前のおさらいになりますが専門店の作り方、MD(マーチャンダイジング)などについてのお話になります。ストアブランドなどの構築において、近年の小売店ではコン …

ショップ感性とはなんだろう

こんにちはnikoshibaです。 今までの項でなぜ感性が必要なのかをご説明して来ましたが、実際にはショップ感性とはどのような事なんでしょう。 今こそ感性、機能性販売感性発想MDの必要性感性小売店の構 …

コロナ禍で小売業、卸業の実態はどのようになってるのだろうか?

コロナ禍で激変した小売業販売ですが、経済産業省の統計によりますと、2020年、全体では4年ぶりの減少ですが、業種・業態毎に明暗が大きく分かれました。 コロナ禍で小売業、卸業の実態はどのようになってるの …

専門店の接客用語はこんな感じ

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 接客対応の心構え 販売という仕事は、単に商品と代金を交換する …

amazonアソシエイト

じゃらん