nikoshibaブログ

45年間小売業一筋、関西、関東に一時期30店舗近くあった店舗をコロナ禍でやむなく事業閉鎖、現在は流通業コンサルとして、開業支援や、事業承継等のお手伝いをしています。 長年営業できたことに感謝し、ご迷惑をお掛けした方々に懺悔しながら、経験を活かしお役に立てることで、皆様がHappy smileになれるお手伝いができればと思います。感謝

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

ショップ利益はSTPQを意識することで生まれる

投稿日:

こんにちはnikoshibaです。

前回もご案内したSTPQ(Sはスピード、Tはタイミング、Pはプライス、Qはクォンティティー)の続きになります。

販売時期、期間と在庫と仕入の増減把握

STPQを前回の説明で大体ご理解いただけたと思いますが、今回はSTPQの考え方からの仕入、在庫、販売、資金などの関連をご説明します。

雑貨店やファッション店、インテリア雑貨店、小売店全般において、七月・十二月はボーナス時期で購買が増えます。

特に十二月は、ギフトチャンスが多いので商品在庫は売上を上げる為には仕掛ける在庫を持つ必要があります。

中でも、ABC分析のA商品は、目安として十二月は1.5倍前後の在庫が必要となります。七月は少し多目の在庫1.2倍前後。

ホワイトデー・マザーズデーなどのギフトチャンスに関しては、A商品及びギフト対応商品は1.5倍前後の在庫が必要となるでしょう。

季節商品に関しては、今までに述べた部分、及び七から八月、そして十二月から二月に掛けての見切り金額を頭に入れ発注数を決めなければなりません。

チェーン店の場合は、見切りに関してはBY(バイヤー)が各店の見切りを指示(全店共通で見切るものに限る)、担当SV(スーパーバイザー)は各店へ見切価格の指示、及び過多商品の指示を出す場合が多くありますが、優秀な店長なら任せて良いと思います。

その他、店の過多商品は店間移動することで見切りを減らしたり、チャンスロスをなくしたりできるので、BYやSVに相談したりすると効率的だと思います。

売り出し商品の発注

売り出し商品・スポット商品(お試し)・常備特価商品を導入した場合、補充発注の出来る商品に関しては単品(発注)管理をします。

※アプリシステムを利用できる場合は全てにおいて管理検索可能です。後日ご案内しますがご興味のある方は「事業概要」からお問い合わせください。

その中で、ABC分析のA商品を見つけたら、店長及びチーフが担当スーパーバイザーに相談したり、自己判断で何日間のイベントかで日数と売れた商品数とでの仕入れ数量把握をし、直ぐに発注すると良いでしょう。この場合も80%及び85%目安での数量で良いと思います。

但し、土日やキーテナントのビックイベントの場合、担当スーパーバイザーは、プラスアルファを考え、さらに、売筋特価商品の確保、及び長期販売する商品に関してはバイヤーに相談して数量を押え置くことが重要だと思います。

発注日と発注締め日との関り

発注締め日と支払との関係、例えば、商品の支払いが月末締め切りで翌月末支払いの場合

通常発注の場合は良いのですが、月末近くの発注には注意が必要です。何故なら資金との兼ね合いが発生します。現在は金利が安価なのであまり気にかけることはないのですが、金利が高い場合は特に気にかける必要があります。資金を有効活用する意味でも下記を注意してください。

1日に入れた商品は、支払日まで約60日間販売猶予があることになりますが、15日に入れた商品は約45日間の猶予で、月末ぎりぎりの30~31日に入れた商品はの場合は支払いまで30〜31日間しか販売猶予がないということになります。

従って月末近くの発注は、この点を考慮に入れ、毎月22日~25日には必ず発注準備体制をとることにしましょう。

一般的に毎月26日からが給料日明けで少し忙しく、最近は高齢化が進み年金支払日隔月の15日の翌日からとかが忙しくなる傾向がありますね。

なので、その間に通常はもちろんですが、単品(発注)管理をし注文書を書き上げ発注し、着日の目安は、翌月1〜3日位の間の着日指定すると良いでしょう。

このようにして発注をすると、販売猶予が約60〜61日間となり、一番長く販売期間がとれるということになります。つまり、この時期の単品(発注)管理から、発注まで一連の仕事はSTPQを意識することで会社の利益にも繋がるのです。

販売に集中する時期、時間に、発注などの作業をするのではなく、暇な日・時間を利用することで効率的な業務運営が可能になります。

STPQを常に意識することで効率的な売上げ、不良在庫が防げ、尚且つ会社へも資金の効率的活用で利益をもたらせることが出来ます。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

次回に続きます。

前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 (専門店のノウハウを全て公開しています。こちらの専門店マニュアルショップ販売戦略では今までのアップ分をご覧になれます)

このnikoshibaブログの、カテゴリー「売れる専門店構築」でも順次公開しています。

専門店、小売店を開業したい方は、ぜひ第1専門店マニュアル

第2ショップ販売戦略をご利用くださいませ。

お問合せは、項目欄の事業概要からお願いします。nikoshibaの事業をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。「事業概要

贅沢な気分を味わいたい特別な夜に『一休の夜景レストラン特集』
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
フランチャイズで独立・開業
6年間を支える丈夫なつくり【土屋鞄のランドセル】

-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

60歳でサーバーをレンタル

こんにちはnikoshibaです。 先日から素人なりにトライをしていますが、楽しみながら一緒に 作成しましょう。(難しい言葉は分からないので、 このブログを立ち上げた経験から、わかり易い言葉で、ご説明 …

専門店の接客用語はこんな感じ

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 接客対応の心構え 販売という仕事は、単に商品と代金を交換する …

商品注文をまだ手書きFAXしてるんですか?

こんにちはnikoshibaです。 小売業に置いてのコスト削減や効率化のために、現在のビジネスに必須のシステム化が必要になると思います。このアプリシステムでコロナ禍のおうち時間での活躍は間違いがないで …

専門店小売店の作り方マニュアル

こんにちはnikoshibaです。前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 新型コロナの影響で多くの小売店が今後どのようにして生き残るかを …

感性雑貨ショップは売上構築をこうする

こんにちはnikoshibaです。 今回は雑貨店の場合での、感性販売の構築の仕方をご説明します。 単純には量販小売店と感性専門店では品揃えの考え方が真反対だと考えると良いです。 通常の量販店、小売店、 …