nikoshiba

専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業の発展のためにノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)。その他、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ スマイルライフ

コロナ禍での過剰な除菌・消毒はやりすぎるとしっぺ返しが

投稿日:2021年3月12日 更新日:

こんにちはnikoshibaです。

コロナ禍の新習慣になったが…過剰な除菌・消毒は病気を招く。と日刊ゲンダイに記事があり、どういう事なのかと気になりますよね。

コロナ禍で、自己防衛や、他の方に、万一の場合を考えて、スーパーやお店の入り口にはアルコール消毒など、さまざまな消毒液が置かれていますね。

最近、たまに考えるのですが、一体、コロナ禍で育った子供たちは将来、どうなるんだろうと、考える時があります。精神的にも、遊びを虐げられて、人としての成長過程の中で影響はないのでしょうか?

コロナ禍での過剰な除菌・消毒はやりすぎるとしっぺ返しが

スーパーやお店を利用するたびにアルコール液で消毒し、自宅に帰ったら除菌スプレーを吹きかけ消毒。薬用ハンドソープで頻繁に手を洗い、うがい薬で口内を殺菌し、ドアノブやテーブルをはじめ室内のあらゆる部分を消毒、新型コロナ禍の新生活では、除菌・消毒の習慣が当たり前になっている。もちろん感染予防は大切なのですが、やりすぎると手痛いしっぺ返しを食らいかねない。との日刊ゲンダイ記事がありました。

注目したいのは、元々、人の体には常在菌がいるのは、ご存知だと思いますが、その中でも腸内細菌は、子供の免疫システムに病原菌の排除や免疫力を高めて病気を防ぐ役割や、逆に行き過ぎた免疫を調整して抑える働きも担っていてくれ病気を防ぐみたいです。

除菌や消毒によって、人の体を守っている細菌も死滅させている可能性が高いらしく、特にお子さんの体に対する影響は大きいのかも知れません。

お子様のいらっしゃるご家庭では心配が絶えませんね。早く、コロナが収束して欲しいものです。

腸内細菌のことは

ヨーグルトって美容効果もあるの?

えーヨーグルトを食べても善玉菌が増えないの?  

【e-soda】で始める炭酸水のある生活

過剰な除菌・消毒は病気を招く

コロナ禍の新習慣になったが…過剰な除菌・消毒は病気を招く (日刊ゲンダイ記事より)
店舗やエレベーターを利用するたびにアルコール液で手指を消毒し、自宅に帰ったら玄関で除菌スプレーを吹きかける。薬用ハンドソープで頻繁に手を洗い、うがい薬で口内を殺菌し、ドアノブやテーブルをはじめ室内のあらゆる場所を次亜塩素酸水を使って拭き掃除……。新型コロナ禍の新生活では、除菌・消毒の習慣が当たり前になっている。もちろん感染予防は大切だが、やりすぎると手痛いしっぺ返しを食らいかねない。

国立感染症研究所のデータによると、今シーズンのインフルエンザの発生状況は、例年の1000分の1ほどに激減していて、このまま流行することなく春を迎える可能性が指摘されている。また、感染性胃腸炎やマイコプラズマ肺炎といったほかの感染症の報告も、ほぼすべてが大幅に減っている。

新型コロナに対する感染対策が一般に広く浸透したことが、ウイルスや細菌によるほかの感染症予防にも有効だというひとつの証しといえる。それだけに、このまま除菌・消毒を徹底する生活習慣が定着する可能性は高い。しかし、そうした新しい生活様式がこれまで以上に進むと、われわれの健康にとって逆効果になりかねない危険がある。東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏(感染免疫学)が言う。


「除菌や消毒によって病気を引き起こす細菌やウイルスへの接触が減っているということは、病気の原因にならないだけでなく、むしろわれわれを守っている細菌も死滅させている可能性が高いといえます。われわれの生活環境には、あらゆる所に無数の細菌が存在していて、そのほとんどが無害です。ヒトに病気を引き起こすような病原菌はごくわずかで、われわれは自分に害のない細菌を取り込んで共存しています。そしてこれらの常在菌の働きのおかげで健康が保たれているのです。行き過ぎた除菌や消毒によってそうした常在菌まで死滅させてしまうと、病気を招く原因になってしまう恐れがあります」

子供の免疫システムに影響する恐れも

われわれの体には、口、鼻、胃、腸、皮膚など全身に常在菌が生息している。常在菌にはそれぞれ役割があり、病原菌の侵入を防いだり、免疫バランスを保ったり、必要な栄養素を作り出している。

中でもヒトの腸内に100兆個も存在している腸内細菌は、病原菌の排除や免疫力を高めて病気を防ぐ役割や、逆に行き過ぎた免疫を調整して抑える働きも担っていて、糖尿病、動脈硬化、がん、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患、うつ病の発症にも大きく関係していることがわかっている。

「生息している腸内細菌の種類が多ければ多いほど免疫システムが鍛えられ、病気やアレルギーが発症しづらくなります。健康維持のためには腸内細菌の種類を増やし、腸内細菌叢のバランスを良好にすることが重要なのです。ヒトの腸内細菌の種類は生後3年間ほどでほぼ決まるといわれ、それまでに体内に取り込んだ細菌がIgA抗体とくっついて定着することがわかっています。

無菌状態だった母親の胎内から生まれてきた赤ちゃんは、なんでも口に入れてなめ回します。これは、多種多様な細菌を早く体内に取り込んで腸内細菌の種類を増やし、免疫システムを発達させるためだと考えられているのです」(藤田氏)
 新型コロナの感染対策で、これまで以上に除菌や消毒が徹底された新生活が長期間にわたって続くと、身の回りのあらゆる細菌が必要以上に排除されることになる。

そうした環境で育った子供は免疫システムに悪影響が出るリスクがある。たとえばスウェーデンの研究では、「手洗いよりも細菌を減らす効果が高い食洗機を使っている家庭の子供は、アレルギー発症リスクが2倍になる」と報告されている。

「新型コロナなど重症化の危険がある感染症への対策はもちろん必要です。しかし、あらゆる場面で除菌や消毒を徹底するのは逆効果です。日常生活では、過度に除菌するような清掃は必要ありませんし、手洗いは殺菌力の強いハンドソープではなく流水で行い、外出先から戻った時、調理や食事の前だけで十分です。うがい薬も頻繁に使わないほうがいい」
 細菌やウイルスを排除しすぎた環境では、われわれも健康に生きられないのだ。と、参考にしたいですね。

新型コロナウイルスを不活化すると発表!なんとお茶が 

えーヨーグルトを食べても善玉菌が増えないの?    

コロナにかかりにくい?味噌汁効果         

赤いトマトで医者入らず?              

自然から遠ざかるほど、いのちが減っていく

前項のnikoshibaブログでも掲載しましたがコロナ対策は、免疫力を高め感染を恐れない工夫を「自然から遠ざかるほど、いのちが減っていく」――ウイルス学研究者である医師が、那須烏山に移住して見つけた、病気にならないシンプルな法則は、自然に沿って生きること。

「新型コロナウイルス感染症に対しても、身のまわりをどんなに滅菌・減菌しても、どんなに薬を飲んでも防ぐことはできません。むしろ自分自身の免疫力を下げることにしかなりません」と警鐘を鳴らす著者が、提唱するもっとも本質的な解決策――。それは、不自然な日常をあらため、食と暮らしをひとつずつ自然に近づけること。

本間 真二郎(ほんま しんじろう)医師。七合診療所所長。著書より抜粋

このように、自然から遠ざかりつつある現代社会での、子供たちの将来はどうなるのだろうか、と、思いますが、田舎で育った私は幼い頃はよく病気をしていたのです。

ところが、自然の中で、畑や、田圃に入り、土いじりなどをしていた関係かも知れないですが、インフルエンザにも、もちろん今回の新型コロナにもかかっていないといううか、高熱が出るのは稀で、休むような病気は7〜8年に一度しかしないのです。

東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏(感染免疫学)、本間 真二郎(ほんま しんじろう)医師の論文を参考にしたいものですね。

食品添加物不使用の防災あたたか和食セット【エコワン防災オンラインショップ】

今回のコロナ禍で、医療従事者と関連の方々のご苦労に頭が下がります。感謝をしたいです。皆様も感染対策をなさって大変な生活だと思います。これ以上、感染が拡大しないことを祈っています

そして、経済は大変な状況ですが、中小企業、個人企業の方々のヒントになり、業績が回復され、スマイルライフになれますようにお祈り致します。

お問合せは、項目欄の事業概要からお願いします。nikoshibaの事業をご案内していますので、こちらをクリックなさってください。「事業概要







-nikoshibaブログ, スマイルライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

販売POSから受発注を可能にできるABCSアプリの管理方法(本部用20 商品一覧)

こんにちはnikoshibaです。 小売業の大幅な経費削減のためにペーパーレスを進めて見ませんか? テレワークが叫ばれる今、このABCSアプリならチェーン店舗の販売状況や、仕入れ、在庫の確認や、注文か …

LINEは登録したけどお友だちを追加するには?無料?LINEを使用してお孫さんとのやり取りを

こんにちはnikoshibaです。 無料のLINEで電話、LINEチャットメール(LINE上で交互にやい取りができます)のやり取りをし、画像やビデオも送受信できるので、お友達とのやりとりも幅が増え楽し …

売れる専門店は俊敏な動きをしている

こんにちはnikoshibaです。 前項を見逃した方は、このnikoshibaブログの項目(下部)から専門店マニュアルでご案内しています。 売上を上げるために一番重要なことですがどんなに良い商品があっ …

お客様に分からない事を聞かれたらどうします?

こんにちはnikoshibaです。 コロナ禍で、ショッピングも控えられておられる方が多いと思います。早くコロナ禍が収まると良いですね。 さて、お客様へのおもてなしに繋がるかどうか、接客、接遇は大切です …

小売店の販売管理、これはすごい!販売POSから受発注を可能にできるABCSアプリ(本部用15販売管理)

こんにちはnikoshibaです。 今回は販売管理の中での全店販売管理のご案内になります。本部の販売管理画面及び、支払い明細に関しては、説明の都合上、後日掲載とさせていただきます。としていましたが、発 …

amazonアソシエイト

じゃらん