nikoshiba(ニコシバ)

専門店チェーンを長年経営をしていた経験から小売業の発展のためにノウハウを全て開示中(詳しくは「事業概要」)。その他、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。ご笑覧賜れば幸いです。

nikoshibaブログ 売れる専門店構築

こんなお店には二度と行かない。小売店、専門店は生き残れるのか?(接客とは)

投稿日:2022年1月7日 更新日:

こんにちはnikoshibaです。

コロナ禍の自粛生活もあけて、さぁいよいよという時にオミクロン株が流行りかけて、またかの現実ですが、皆様はいかがなさっていますか?せっかく楽しみにしていたショッピング、飲食も、また一休みのムードですが、ショッピングや飲食に出かけるのは楽しみですよね。

こんなお店には二度と行かない。小売店、専門店は生き残れるのか?(接客とは)

そんな中ですが、お客様をお待ちして切磋琢磨してお店はお迎えをしなければなりません。通販サイトが主流になる中でも、お客様の立場になって、ショッピングを楽しんで喜んでいただけ、お客さまの癒し空間になり、スタッフとの会話で笑顔がいただける。

そして、飲食店での食事を楽しむことが出来て、笑顔が溢れる。そんなお店作りのお役に立てることを願って、今まで勉強したことを全て開示したいと思います。

専門店マニュアルで、今までも、ご案内をしていますが、復習の意味も込めて、さらに掘り下げた内容でご案内したいと思います。この内容はマニュアルそのものですから、それを参考になさって自分流に置き換えビジネスになさると良いと思います。

こんなお店は繁盛しない。コロナ禍での現実がここに

先日、久しぶりに外食をしたのですが、少し、嫌な思いと現実の厳しさを目の当たりにしました。飲食店なのですが、久しぶりに3人集まったので、和食を食べたくて、看板に新鮮な魚の丼メニューや刺身定食があり、2階だったので階段を上がっていきお店に入ったのです。

そしたら、中に小学生の男の子が勉強していて、あれっ良いのかな?と思ったのですが、「いらっしゃいませ」と声があったので、とりあえず、座って席に着くと、中学生くらいの女の子がメニューを持ってきてくれて注文すると、奥でご主人と奥さんが料理を作っている様子。

しかし、子供もですがマスクもしていないでは無いですか、当然、こちらの3人はマスク着用しています。お店は感染対策もしていなくて、ランチョンは汚れているし、今更帰れないしで、どうしようと思いながらも注文して座っていました。

そうするうちに料理を子供が運んできて、お醤油は出ない、奥さんが出てきますか?と、奥さんもマスクをしていなくて話しかけてきます。料理をしているご主人もマスクをしていない様子で、生物なのにコロナ大丈夫かなぁと余計に不安でしたが仕方なく不安ながら食べたのです。

そこでは接客用語もですが、衛生管理もあれっという状態でしたが、コロナ禍で人員削減で仕方ないのかなぁと子供達が一生懸命にお手伝いしている姿を見て可哀想な気持ちと、感染対策、衛生面での不安で、変な気持ちでした。

こんなお店は一度行ったら二度と行かないですよね。なんか気の毒でアドバイスをしたくなりましたが、知らないお店ですので黙って帰りました。

コロナ禍で、多くの飲食店さんや、小売店、専門店がご苦労なさっているので大変だとは思いますが、飲食店では感染対策、衛生面は特にきちんとして欲しいですよね。

今後どのようにして生き残るかを模索している多くのお店は管理面、衛生面、接客などはきちんとして置かないと益々、ダメになると思います。

下記ように、接客とはお客さまへの想い。お客様を「歓迎しています。おもてなししたいです」「感謝の気持ちを表したいです」「また行きたいなぁというお気持ちになっていただきたいです」という気持ちをお伝えできるかどうかだと思います。

上記の飲食店での出来事のように、お客様に「納得がいかない」「不安」「最低だった」「不思議」があってはいけません。

お客さまに信頼され、リピーターが増えるようにしないとお客様は減る一方でお店は成り立ちません。下記の接客マナーを熟知してお店の繁栄に役立てましょう。

接客サービスの意味

<接客サービスの意味>

お客様により便利に、より快適に買い物をしていただくために、小売店が行う業務全てが「サービス」です。心を込めた接客も、的確かつ十分な品揃えも、買いやすい店作りも、ギフト用ラッピングも全てサービスです。

  1. お客様への満足の提供

私たちのサービスで一番大切なことは、お客様に満足を感じて頂くことです。全ての業務の前提に、このことがなければなりません。

  1. お客様目線の重要性

サービスを生かす心は、ただひとつ「お客様の目線に立って考え行動する」事です。

自分が、お客様だったらとの第三者発想が重要なのです。

目先の商売で一喜一憂せず、お客様を裏切らない正しい仕事をすることが、サービスの原点です。

  1. サービスは価格の一部

サービスに必要な経費は全て、商品の価格に含まれています。充実したサービスは商品の重要な一部です。このサービスでこそお客様から報酬をいただけるのです。

<接客応対の心構え>

  1. おもてなしの心でお客様と接する

販売という仕事は、商品と代金の単なる交換ではなく、商品にサービスという付加価値を添えて提供し、その代償としてお客様から代金を支払って頂きます。

私たちが販売活動を通じて得る利益は、サービスに対しお客様が満足料として払って下さる代金からもたらされるのです。

お客様に大きな満足を感じて頂くためには、販売員として「おもてなしの心」と、販売の知識・技術・態度が必要です。

  1. お店の代表として自覚をもつ

販売する側の私たちからすれば、毎日お客様と接する機会があるため、どうしてもたくさんのお客様の中の1人と考えがちです。

しかし、お客様側からすると、お店の中で接している人間はその販売員1人だけです。つまりお客様に とっては、自分に接している販売員がそのお店を代表する人であり、その会社の代表です。

1人の販売員の応対が、お店全体、会社全体の評価につながります。「私1人ぐらい」という安易な気持ちは絶対に禁物です。

自分がお店の代表者であるという自覚を持って、お客様に親切かつ丁寧に誠意を込めて接しなければなりません。

接客7大用語

接客の用語ですが、7大用語、8大用語と言われていますが、お店の業種により少し内容を変えておられますが、ほぼ同じだと思います。

今では、スーパーなどで「いらっしゃいませ」の後に「おはようございます」と続けて言われていますが、私は30年前よりお客様との距離感を縮めるために、まずは日常のご挨拶からということで「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」から入ると良い指導をしていました。

  • おはようございます。いらっしゃいませ (あなたの笑顔でお客様からの笑顔が頂ける)     

(こんにちは、こんばんは)・・・親しみの心(一般では挨拶から入るのが常識)

  • 少々お待ち下さいませ。 ・・・恐縮の心
  • お待たせ致しました。
  • 申し訳ございません。
  • 恐れ入ります。                    ・・・謙虚な心
  • かしこまりました。   ・・・積極的な心(責任ある態度)
  • ありがとうございます。 ・・・感謝の心

以上のような、気持ち、心を込めての接客が必要だと思います。

接客・接遇、印象について

<第一印象の重要性>

  1. なぜ第一印象が大切なのか?

お客様に第一印象で、良い印象を持ってもらうか、悪い印象をもたれてしまうのか、の違いは非常に大きな意味を持ちます。

自らが、お客様の目線で、どの様な感じが一番良いのかを考えてみることです。

接客サービスがうまくいくかどうかは、そのほとんどが第一印象の良し悪しにかかっていると言って過言ではないほど重要な意味を持っています。

  1. 第一印象は何で決まるか?

接客サービスの場合、お客様は販売スタッフを、どういう部分に注目して、第一印象を決められているのでしょうか。

ある資料によると以下のようなデータがあるらしいです。

  1. 第一印象を良くする為には

お客様に好ましい第一印象を持ってもらうために、少なくとも次のような事を心がけるようにしましょう。

お店の印象、大切ですよね。どんなに良いお店を作っても、働くスタッフの印象が悪ければ、それでお客様は離れてしまうのです。気をつけましょう。

<お客様に対する役割>

お客様と頻繁に接し、お客様のご希望や、ご意見をお聞きする事は、店に勤務して頂く、私たちスタッフだけが経験できることです。

それでは、私たちにはどんな役割があるのでしよう。

  1. 正しい商品を提供する役割

お客様に安心して、お店がお勧めする商品を正しい形(不良品ではない)で提供するということ。

  1. 必要な在庫を維持する役割

  過剰・過小にならない適正在庫を維持し、お客様の要望にできる範囲内で機動的に対処できるようにするということ。 

  1. 商品情報・流行情報・生活情報提供の役割

  販売員は商品・流行・消費生活をめぐる十分な知識と最新情報を身に付け、それをわかりやすくお客様に説明できるということ。

  1. 買い物の「場」を提供する役割

  お客様がお買い物にお越しになる際に気持ちが良い、フレッシュな店作りをすること。

(店内清掃・商品整理)

  1. 買い物の「楽しさ」(買い物環境)を提供する役割

  店舗・内装・陳列器具等の物的環境条件、接客等の人的環境条件を整備し、お客様の買い物をより楽しくより充実したものにするための環境にする努力をすること。

これだけの多くのお客様に対する役割があります。それがスタッフの皆様の給与の糧になる事を忘れてはなりません。それがサービス、おもてなしとなって繁栄の基になるのです。

今回のコロナ禍で、医療従事者と関連の方々のご苦労に頭が下がります。感謝をしたいです。皆様も感染対策をなさって大変な生活だと思います。これ以上、感染が拡大しないことを祈っています。

そして、中小企業、個人企業の方々のヒントになり、業績が回復され、スマイルライフになれますようにお祈り致します。

事業のご案内 nikoshiba(ニコシバ)

現在は、専門店チェーンを45年間にわたり経営をしていた実績を生かして、小売業コンサルとして、開業支援や、小売店のノウハウ、システム運営他、M&A事業承継などのご相談を賜っています。

当時開発した販売POS&受発注のシステム(ぺーパーレスでの受発注システム)、ABSCアプリなどもご案内できますし、経験からホームページの作成なども専門店ならではのアドバイスや、SEさんなどのご紹介もいたします。

その他、高齢者、初心者の方のスマホやPCのこと、健康や日常生活で少しでもお役に立てるといいなとの思いも含めアップしています。ご笑覧賜れば幸いです。

開業支援、専門店効率化

◉専門店の運営のお手伝い

初めての小売店、専門店運営をお考えの方に親切にアドバイスをいたします。

詳しくは  専門店マニュアル

◉専門店を開業したい方ショッピングセンターへお店を出したい方

店舗開発から、店舗内装のご相談、仕入れ先開発など、開業支援のコンサル・POS販売管理・ペーパーレスでの受発注システムなどのご案内を致します。

詳しくは  ショップ販売戦略

◉テレワークでのシステム化、ペーパーレスで大幅な削減をしたい方

 詳しくは 販売POS&受発注アプリ ABCSアプリ(アプリケーション・ビジネス・コントロール・システム)

ホームページ作成・AI、顧客管理アプリなどの制作もご相談ください。

事業承継、M&A

◉経営上のお悩み相談、事業承継、M&Aなどのご相談も賜ります。

経営者の皆様の立場での悩み相談、事業承継などお気軽にご相談ください。

経営難の会社さんの社長に寄り添っての、お悩み相談、アドバイス等、失敗の経験からのお手伝いをしています。事業承継や、M&Aのご紹介も㊙️で可能です。お気軽にご相談くださいませ。

どうしても、ご継続を断念なさる場合も、ひょっとして継続を模索できるのではの可能性も含めて、経験からのご相談、アドバイスを賜ります。

nikoshibaブログ に戻る

お気軽にお問い合わせください。
2〜3日中にご連絡をさせていただきます。
お問い合わせは無料です。

ABCSアプリ、小売店、その他のご質問などは、このHPの「お問い合わせ」からお願いします。


-nikoshibaブログ, 売れる専門店構築
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

売り上げアップをSTPQで確保する

こんにちはnikoshibaです。 ビイネス全てのことにおいて繋がると思います。STPQですが、(Sはスピード、Tはタイミング、Pはプライス、Qはクォンティティー) このことが一番重要なポイントとなり …

コロナ対策は、免疫力を高め感染を恐れない工夫を

こんにちはnikoshibaです。 新型コロナのワクチン接種が始まりましたが、また、新種のウィルスが多く発生しているとか、このままでは堂々巡りのような気がします。新型コロナのようなパンデミックを繰り返 …

新規事業は困難な中から始まる

こんにちはnikoshibaです。 このコロナ禍の中で、ビジネスにおいても、社会生活においても、 世界中が困難な生活を余儀なくされていますが、 こんな厳しい中でも、オンラインでの仕事や、コミニュケーシ …

小売店の店長の役割と目標達成のための業務はどのように

こんにちはnikoshibaです。 ここでは小売店の中でも、雑貨店やファッション店、その他の物販店チェーン店の店長や、チーフさんの業務内容などをご説明したいと思います。 小売店の店長の役割と目標達成の …

感性雑貨ショップは売上構築をこうする

こんにちはnikoshibaです。 今回は雑貨店の場合での、感性販売の構築の仕方をご説明します。 単純には量販小売店と感性専門店では品揃えの考え方が真反対だと考えると良いです。 通常の量販店、小売店、 …

amazonアソシエイト

じゃらん