nikoshibaブログ

45年間小売業一筋、関西、関東に一時期30店舗近くあった店舗をコロナ禍でやむなく事業閉鎖、現在は流通業コンサルとして、開業支援や、事業承継等のお手伝いをしています。 長年営業できたことに感謝し、ご迷惑をお掛けした方々に懺悔しながら、経験を活かしお役に立てることで、皆様がHappy smileになれるお手伝いができればと思います。感謝

販売POS&受発注アプリ

こんにちはnikoshibaです。

コロナ禍でAIやIoTが一層加速されるのは間違いありません。中小零細企業を運営されている方々の為に、何とかお役に立てないものかと私は考えています。

コロナ禍での外出自粛での購買の落ち込み、購買心理の冷え込み等で、現在は大変な時代ですが、小売業の未来が閉ざされたのではありません。

コロナ禍後にはきっと大きな小売業の発展の波が来ると思います。その波に乗る為にもこの(ABCS=アプリケーション、ビジネスコントロールシステム)をご活用ください。

ABCS=アプリケーション、ビジネスコントロールシステム

中小零細企業経営者に朗報なシステム(ABCS=アプリケーション、ビジネスコントロールシステム)は、販売・在庫・仕入金額が、リアルタイムに掴め、出張先や海外でも経営采配が可能になるので、まさにコロナ禍でのおうち時間で本部、ベンダー様には最適なツールだと思います。

どのようなアプリシステムなのかを、今後はご説明していきたいと思いますがここでは特徴をご説明します。

このABCSの中身を、これから数項目にわたり細かくご説明しますが、ABCSは下記の通りの使用者内容に分かれています。

  • 本部 (管理者、SV、BY、経理=支払い集計)
  • 店舗 (店長、スタッフ)
  • ベンダー(担当者、商品管理者、経理)

このような方々が使用されるシステムなので、今後の項目で本部用、店舗用、ベンダー用とご説明し、そして実際の使用例を事細かくご説明いたしますので、お時間がある時にでも閲覧をお願いします。

ABCS全般ご説明

ショップ数字の見える化は簡単です

ショップシステム「かんたん」で安価に

おうち時間をショップアプリシステムで仕事を効率的に

システムの流れ

商品の受発注がアプリで、こんなのがあると良いですね

商品注文をまだ手書きFAXしてるんですか?

ショップアプリで注文を管理できるんです。

小売店の納品書はペーパーレスになったんです。

お店の効率化、経費削減ができるんです。

これ以後は、次回アップまでお待ちください。

お名前.com

当初から専門店マニュアルショップ販売戦略でご紹介していますが、専門店マニュアルでは、どちらかと言うと初歩的な部分でのご紹介となっていますが、ショップ販売戦略はチェーン店さんなどでもご利用いただける内容となっています。小売業を勉強中の皆さんのお役に少しでも立てれば幸いです。前項を見逃した方は 専門店マニュアルショップ販売戦略をご覧ください。

じゃらんnet
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
贅沢な気分を味わいたい特別な夜に『一休の夜景レストラン特集』
法的効力がある確実なクラウド電子契約
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt
フランチャイズで独立・開業

投稿日:2020年11月16日 更新日:

執筆者: